REIAkさんの映画レビュー・感想・評価

REIAk

REIAk

過去に観た映画の記録
これから観たい映画の記録

映画(1212)
ドラマ(38)

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

お金に魅せられた8人のちょっと特殊な才能を持ってる女たちが、女子会みたいなノリでスタイリッシュに強盗する感じが楽しい!
賢く万引きする方法を学んだ気がする...笑
上手な完全犯罪を考えるのはなんだか楽
>>続きを読む

我が家のおバカで愛しいアニキ(2011年製作の映画)

3.6

なかなか好き。
こんなお兄ちゃんも良いかもしれない。
全然頼り甲斐ないけど。笑

人生、ブラボー!(2011年製作の映画)

4.0

最初から最後までテンポが良いし、なかなかに面白いから気付いたら見終わってた。
ダメな男なんだけど良い奴なんだよね。
DNA上で子供と言うだけなのに全員大切に思えてきちゃうあの人柄、応援したくなっちゃう
>>続きを読む

アイリス・アプフェル!94歳のニューヨーカー(2014年製作の映画)

3.7

名言がたくさん!
働く女性、ファッションやインテリアが大好きな女性、クリエイティブな事を仕事にしたい女性はきっと好きだと思う!

AMY エイミー(2015年製作の映画)

4.0

このドキュメンタリーを作るにあたり携わった彼女の親しい人たちから、後悔の念を感じる。

誰しもが持ってる厨二病な部分を芸術的な歌詞として表現できたのは、ただ拗らせてるわけではなくリアルに何かが崩壊して
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

-

この作品の男性人気の低さ。
これが現実かな。

せめて近しい人達とだけでも、互いにリスペクトし合えたらいいよね。

ダイ・ハード/ラスト・デイ(2012年製作の映画)

3.0

ダイハードシリーズ大好きだけど、これはイマイチだったかなぁ...

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

2.8

差別や過度なヒエラルキーの存在、お金のない人には死ねと言わんばかりに救済の手立てがない現実、貧困層が地獄絵図と化しても富裕層は我関せず毎朝出社していく。
これらを “世の中をマンションに見立てた“ ”
>>続きを読む

ファミリーズ・シークレット 秘密を抱えた家族(2009年製作の映画)

3.5

コメディタッチなシーンもありつつ、なんだかんだ家族の絆を描いたヒューマンドラマ。
エズラ推しな私はなかなか楽しめた。

異色な存在感を放っている〜とか、実力派としての頭角を見せ始めた〜なんて、エズラが
>>続きを読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

4.0

ほんとにほんとに素敵なお母さまで、優しい気持ちになれたしなんだか切なくて涙が出てくるお話だった。
ファンキーなお母様の元、彼は健やかにファンキーに育ったのだなぁ。

オトンのこといくつになっても好きだ
>>続きを読む

後妻業の女(2016年製作の映画)

3.7

私はこの映画好き!笑

ユーモアたっぷり軽快なテンポで世の中の悪と孤独を描いてるところがなんだか良い。
シリアスに描くとどこまでもしんどい話になっちゃうからこそ、気楽に観せながら現生の問題に向き合うっ
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.3

最後、結局どっちだったのかな。
悪いことをした人間への復讐劇は見ててスカっとするけど、関係ない善人まで巻き込まれると一気にムナクソ感情へと変化する。
だから最後がどっちだったによってこちら側の気分も変
>>続きを読む

フランス組曲(2015年製作の映画)

3.5

実際にドイツ兵少将と愛人関係であったことが有名なガブリエル・シャネルがいたように、同じく恋に落ちた人たちはいたと思う。
シャネルと少将がオマージュされているようにも感じるお話。

一番気になるのは、著
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

可愛い魔法動物の活躍が少なくてちょっと残念だったけど、早くもファンタスティックビーストの主題となるストーリーが動き出した感じ。

ダンブルドアとグリンデルバルトの過去や事の経緯が少しづつ見えてきた。
>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

2.0

意味不明な感じで終わってしまった。
原作を知らない人は、これ、理解できたのかな??

元々原作も世界観が独特で理解できない事も多々あったけど、最後まで読むとストーリーの全貌を把握できる。
作者が漫画で
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.0

誰かを信じて馬鹿を見るなんて経験、誰でもあるんじゃないかな。
誰だって疑わずに人を信じて生きたいけど、想像以上に自分勝手な人や悪い人が多い世の中で、そう生きられない現実と言うのかな、大切じゃない人から
>>続きを読む

ある公爵夫人の生涯(2008年製作の映画)

3.5

この時代を生きた女性は忍耐の一生だったんじゃないかな...
結果として子供にも恵まれて裕福な生活を送れていたし不幸ではなかったんだろうけど、それにしても居た堪れない。
苛々するなんてレベルではなく、性
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.6

起承転結があると言えばあるし、ないと言えばない、そんな構成とストーリーだったけど、終始目が離せなかった。
観るのもそんなに乗り気じゃなかったんだけどな...シャロンの可哀想で優しい人柄に惹かれて、いつ
>>続きを読む

>|