RH2017さんの映画レビュー・感想・評価

RH2017

RH2017

映画(182)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

エンド・オブ・ステイツ(2019年製作の映画)

4.3

傑作。間違いない。
難しいことは何も考えず、ただただ物語に没頭できる爽快アクションの娯楽超大作という感じ(笑)

ドローンは新しいアクションの形を見せてくれたし、病院の崩落とか銃撃戦はもちろん見たこと
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.4

飽きずに見られるが、こじんまりまとまった作品という印象。
リストラされた男がひょんなことからある人物を電車内で探すことになるが、実はそれは何だか詳細はわからないけど重大な事件の目撃者で……みたいな話。
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.5

辛口評価が多いみたいだけど、決して悪くない作品だと思った。
とにかく金のかかったド派手なアクションで、これぞハリウッドの超大作という満足感を味わえた。
シュワルツェネッガーやリンダ・ハミルトンが過去の
>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.3

沢尻エリカが逮捕されてから見ると、色々と考えさせられる作品。
演技で上げていた悲鳴が、最近(や今後の将来)の実生活でも同じだったのではと思うと、とても気の毒。
本当の芸能界がこんな感じなのか知らないけ
>>続きを読む

ブラッド・スローン(2016年製作の映画)

3.1

淡々としててタイプの映画ではなかった。
ストーリーはまあシンプルだけど、見せ方がやや複雑。
最初の方は緊張感あったけど、途中からなんかドキュメンタリーとか再現ドラマを見させられてる気分になった。
役者
>>続きを読む

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

4.0

面白かった。
色々ツッこむのは野暮ってもんよ、という手の作品(笑)
アクションとロマンスをくっつけ、そこに世界中の美しい風景を合わせることで、憧れの眼差しで見られる作品に仕上げている。
映画はこうでな
>>続きを読む

デストロイヤー(1998年製作の映画)

3.5

ツッコミどころは満載だけど、古き良き時代のB級アクション映画。
自分がプロレスファンだからホーガンが主演というだけで大抵のことが許せてしまう。
相棒は昔のポール・サイモンみたいで愛嬌あるし、娘はかわい
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.9

長かったわりに、え、ここで終わり?という感じだった。
スラムの貧しい青年がラッパーとして成功するシンデレラストーリーだけど、スラムのわりに普通に大学に行ってたりして、もう少し脚色した方が良いんじゃない
>>続きを読む

ザ・コンサルタント(2016年製作の映画)

3.8

正直わからないところがいくつかあったので、普段からお世話になってるネタバレサイトで確認。
株価が上がるってそういうわけか。
字幕だけではわからんな。英語ができれば問題ないんだろうなぁ。

話の筋はなか
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.6

クチコミがすごい良いので期待しすぎたというのが正直なところ。
全編ほぼ出ずっぱりのホアキン・フェニックスの演技、オシャレさ抜群の映像は、賞賛に値するものの、だからといって作品が面白いかどうかと聞かれれ
>>続きを読む

命ある限り(2012年製作の映画)

3.2

なんとか三時間見たけど、面白いわけではなかった。というか、この映画を好きという人とは仲良くなれないなぁと思う。そんな作品。笑

とにかくアキラというキャラクターがバカ過ぎて虫酸が走り、恋のライバルに思
>>続きを読む

ウォー・オブ・ザ・デッド(2006年製作の映画)

2.0

まず、リトアニアがなんとかと書いてある感想は同タイトルの別映画です。
こちらは、人間を奴隷にしているゾンビと戦う戦士たちの話で、物語はジャングルとへんぴな村みたいなところで撮影されていますね。
まあ、
>>続きを読む

アナコンダ3(2008年製作の映画)

2.2

1はそれなりの作品だったのに、3まで来ると、こうも駄作になるんだな。
女の身勝手さにイライラが募る。
そして、低予算らしくヘビの迫力がなかなかにひどい。
デビッド・ハッセルホフはナイトライダー時代の面
>>続きを読む

ダークマン(1990年製作の映画)

3.7

今の映画と比べると圧倒的にチープな特撮を含めて、個人的にかなり好きな作品。
特にヘリコプターのシーンは最高。
もう少しヒーローキャラクターとしてのダークマンのビジュアルをカッコよくして欲しかったけど、
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.1

色々と中途半端な作品で入り込めなかった。
一番は、結局のところ、あの悪役の科学者どら息子の行動原理がよくわからないところに尽きる。あそこまでして、何でスーパーマンとバットマンを戦わせたかったのだろう?
>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

2.3

点数はこんなものかな。
正直、退屈。
最後のまとめ方はまあ綺麗だけど、中盤のダルさは半端ない。
ブラッド・ピットが刑務所に押し入った理由が明かされるまで約二時間。いやぁ、もうちょいスピーディーにできた
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.8

テレビで放送していたので、久々に観賞(多分3度目)。
ヒース・レジャー版ジョーカーの怖さは言うまでもなく、日本語版で見ても全く緊張感が薄れていない。
やっぱりクリストファー・ノーラン監督、そして音楽の
>>続きを読む

ザ・リング(2002年製作の映画)

3.0

日本版の映画は見ていない。小説は読んだ気がするが記憶がない。
そのせいかラストの意味がよく分からなくて、ネットで解説を読んで納得した。なるほど、恐怖をどんどん広げていくということか、と。

肝心の内容
>>続きを読む

ペイバック(1999年製作の映画)

3.4

なかなか面白かった。
なんというか、シナリオ学校の生徒が校内で最優秀作品賞(それも学校始まって以来の歴代最優秀。笑)を獲った脚本を映像化したみたいな作品。
ハードボイルドの雰囲気はいいし、ストーリーは
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.0

悪い意味で期待を裏切られる作品。
本格的なミステリーを期待した人をがっかりさせる。
シックスセンスの功績は認めつつ、この手の作品を世に送り出してしまうきっかけを作ったことは罪ともいえる(笑)
エリック
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.9

久々に淡々としてるシーンでも一切眠くならない映画だった。
強烈なメッセージを隠すことなく主人公の少年に言わせた勇気に、監督の覚悟を見た気がする。
最近は日本でも実の子に対する凄惨な事件が多くて、他人事
>>続きを読む

ウラニャ(2006年製作の映画)

3.0

素朴なギリシャ映画。
物語うんぬんよりも、まずすごく風景がいい。古き良き時代の田舎という感じ。
カフェや映画館が村に一つだけあって、そこが村人たち皆の憩いの場というのもいい。
童貞を捨てたい子ども達5
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

3.3

うーん。
それなりに楽しかったけど、色々ともやもやが残ったな。
アメリカのドラマの特徴な気もするけど、やたらと子どもがうるさいのも鼻につく。
しいていえば、黒人のなんでも凍らせられるスーパーヒーローが
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

3.5

個人的にはシリーズで一番微妙かな。
もちろん、面白いし良くできてると思うけど、3とか次元が違うくらいの傑作だからな。

一番の共感ポイントは、おじいさんのおもちゃの気持ちかな。
シリーズものだからとい
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.7

なかなか良い。
あとになるほど良くなるという稀有なシリーズだと思う。
普通は一作目が最高傑作で、あとは落ちていくという感じが多いけどね。
その理由を考えてみると、改心(?)前のバズのキャラクターに私自
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.7

もう大傑作としか言えない。
この脚本を書いた人はすごすぎるよ。
ハラハラ、ドキドキ、笑いに、涙、すべて詰め込んだ上で、あらゆる伏線を回収して、これ以上ないくらい綺麗な着地をさせてる。

おもちゃたちは
>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.2

3には及ばないものの傑作。
これで本当に終わりですと思わせるようなラストは結構悲しかったな。
今回は、バイク乗りや、仲良しぬいぐるみコンビの新キャラがすごく良かったけど、そのぶん従来からのおもちゃたち
>>続きを読む

いびつ(2013年製作の映画)

1.9

いやいや、なかなかすごい作品でした。
低評価してる人のコメントはすべてその通りだけど、個人的にはどこか「ちょっと良かった」という感想も残った。
演技下手と書いてる人も多いけど、そんな言うほどでもないん
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.0

高評価の理由が分からない暇つぶし作品。
眠くならなかったので三点つけたけど、内容は何もないと言っても過言ではない。
原作はゲームなのかな。
これを本で読まされたら相当きついだろうな。

突如、巨大な迷
>>続きを読む

アサシン(1993年製作の映画)

1.4

久しぶりに途中で見るのを止めた映画。
その意味では、もっと低い点数をつけるべきなんだろうけど、そのときの気分とか体調とか考慮して、この点数になった。
自分的にもっと点数の低い映画はあるんだけど、きっと
>>続きを読む

コラテラル・ダメージ(2001年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

3分の2くらいまで微妙だったけど、終わってみれば、なかなか良かった。黒幕がわかってからはむしろ感情移入できたのかな。
血の繋がっていない息子は捨てて、実の娘のための復讐に走るという部分に、母の強い怒り
>>続きを読む

エネミー・ライン3 激戦コロンビア(2008年製作の映画)

3.3

ジャンル分けすると、B級映画なんだろうけど、面白いと思う。
ストーリーに無理がないし、最後のひねりも想定通りながらそれなりの満足感を覚えた。
低予算は人の少なさでよくわかるけど、場所がコロンビアってい
>>続きを読む

ファイヤーウォール(2006年製作の映画)

3.1

なぜか理由はわからないけど、観終わった後、物足りなさを感じる。
基本的にオフィスと自宅だけで展開する話で、犯人がやろうとしてることの壮大さのわりに、小さくまとまっているように思うのかも。
まだジジイす
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.5

ツッコミどころも多いけど、普通に面白いと思った。
なんか90年代のハリウッド映画みたい。
安心して何も考えずに見られる。
でも、できれば大画面で見たかったなと思わせる迫力の映像。
ドウェイン・ジョンソ
>>続きを読む

ラスト・ボーイスカウト(1991年製作の映画)

3.2

時代を感じさせるハリウッドのアクション映画。
飽きさせないストーリーでベタな展開は安心してみられる。
ヒロインだと思ったハル・ベリーがあっさり消えたのには驚いたな。

殺す気ならもっと簡単に殺せただろ
>>続きを読む

私の奴隷になりなさい(2012年製作の映画)

3.0

映画としては最悪評価のレベルだけど、とにかく壇蜜のプロ根性に圧倒された。
ストーリーは高校生の妄想レベル、役者の演技は学芸会より少し上くらいのレベル。
記憶に残るのは板尾の怪しい演技と壇蜜の体当たりの
>>続きを読む

>|