Rさんの映画レビュー・感想・評価

R

R

映画(269)
ドラマ(18)
  • List view
  • Grid view

聖☆おにいさん(2018年製作の映画)

2.7

なんか世界観が面白かった。

マンガもアニメも知らずに観たけど全然楽しめる。

予告もエンディングロールもないので映画というかYouTube観ている感覚。

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.2

原作に忠実で、実写版よりも良い!!


最後は悲しいし残酷な終わり方ではあるけれど、病人も健康な人も1日の価値は同じであるということや自分の選択で人生が流れていることを教えてくれる。


"生きる"と
>>続きを読む

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.4

新しいホラーの誕生。
日常の音をここまで恐怖に変えられるのはすごい。
ほとんど会話がない中でキャストの表情がキーになるわけだけど、演技力によって引き込まれる。ジワジワくる恐怖感。

2時間ずっと息もで
>>続きを読む

食べる女(2018年製作の映画)

3.6


ゲスい話だと思っていたけど全然違って、心温まるストーリーと台詞ひとつひとつがすーっと心に染みわたって来てすごい癒される作品でした。
主に恋愛に焦点を当てたものだけれど、恋愛だけじゃなくて、明日も生き
>>続きを読む

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

3.2



Everyone has their own destiny, not even one make the choice to follow it. Now I’m lucky I did.
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.6


なんかこの素朴なタイムスリップがすごいいいなぁ。
0時の鐘くらいしか飛び越える要素はないし、探偵も一緒にタイムスリップしちゃったり、色々と雑だけど、それがまた夢の中のようにも感じさせていい。

現状
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

2.6

え、大泉洋かっこいい。と思うよ絶対。

有村架純の半ゾキュンが割と謎だけど、
割とぐろくてキモいけど、
後味は悪くないのでゾンビ系とか苦手でなければ普通に楽しめると思う。

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.0

何も考えずとも観れてスッキリできる

ドウェイン・ジョンソンがとにかくかっこいい。

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.5

泣かせにきてるって分かってるしだいたいの内容も分かってるけど、久々にめっちゃ泣いた。

結婚もいいもんだなぁって思う。

ONCE ダブリンの街角で(2006年製作の映画)

3.4

ハンドカメラで撮ったようなカメラワークが逆に良い味を出している。

"作り話"を観ているのじゃなくてちゃんと存在する2人のある数週間を観ている感覚がする。


運命の恋とか一生に一度の恋じゃなくて、あ
>>続きを読む

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

最初は生きるために始めた犯罪。
でもすぐにみんなが肩書きや地位でしか人を判断してくれないと分かる。
嘘で固めた人生なんて、本当に信頼できる人には出会えなくてみんな上辺で、どんどん深みにはまって抜け出せ
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

2.7

将棋のルールを知らないので勝負シーンはつまらなかったが、ずっと1つの目標に向かって頑張る姿や、それを陰で応援する人たち、歴史を変える瞬間を見守る人たち、それらは見ていて気持ちが良かった。

藤原竜也が
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.2

Amazing!!!!!


音楽とはこうあるべきだなと思う。
お金のためじゃなくて、常識なんかにとらわれなくて、ただただ歌う。
楽しいって気持ちや誰かに寄り添いたい気持ちを歌に乗せて伝えていく。
>>続きを読む

今日、キミに会えたら(2011年製作の映画)

2.7

不法滞在って想像以上に重い罪になるんだってことが分かる。

つくづく、恋すると正常に物事を考えられなくなるのだなって分かる。それでもそんな2人がすごく羨ましい。そんな風に法律なんかクソくらえって思える
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

なるほど、面白い!!

最初はん?と感じるシーンが多いが、その答え合わせのようにもう一度映画が上映されるのが爽快。


普通、どんなに面白くてもなんとなく声に出して笑うのは控えるのに、
上映中に思わず
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.4

今までにない狂気的な作品。


完璧な人などいない。
誰にでも欠点やコンプレックスがあって、それこそが個性で、自分には何もないと思ってても誰かにとっては羨ましかったり…
だから望みすぎたり、無い物ねだ
>>続きを読む

アントマン(2015年製作の映画)

3.3

他のヒーローものより街の破壊が最小限なところが見ててよかった

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.2

最高!!!
前作がめちゃめちゃ好きだったけど、今回はキャストも増えてるしすごい楽しかった

高崎グラフィティ。(2018年製作の映画)

3.6

キャストを全然知らないから、全く先入観なく観れる。作品やキャストの演技がそのままスーッと入ってくる。


私もそうだけど、進路やこれからについて考えなくてはいけない帰路に立った時、ここから抜け出したい
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

2.0

魔女の宅急便と天空の城ラプュタを足して2で割った感じ?

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

3.2


人を愛するってなんなんだろう。
顔が同じだから恋が始まったというのが周りからしたら突っかかる点であったのだろうけれど、よく考えたらイケメンがタイプ〜とかと同じような感覚なのだろうと思う。みんなそれぞ
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

4.3

あんな昔に作られた作品なのに、内容が濃くて綿密な構成で驚き!

お母さん、惚れやすすぎ!笑

アントキノイノチ(2011年製作の映画)

3.0

みんな、それぞれいろんなこと抱えながら必死に生きてる。死んでからもそれは残る。

重いけど、誰かの死をそこで終わらせないというのはなんだかすごい仕事だなぁと思った。

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

2.9


2人の雰囲気がすごく好き。
この後どうなっちゃうのか気になる。

>|