Qちゃんさんの映画レビュー・感想・評価

Qちゃん

Qちゃん

映画は、古今東西なんでも観ます🎥
ミューズは若尾文子💕
《アイコンも若尾さん💓》

4.5点以上は傑作!…だと思います😊

なお、レビュー記載されていらっしゃる方のみフォローさせていただきます。ご了承ください。

ベストテンは2018年日本初公開映画のものです。

(※)過去鑑賞の「記録のみ」はボチボチと埋めていく予定です。

〈2018年5月、リスタート〉

映画(3747)
ドラマ(3)

迫り来る嵐(2017年製作の映画)

3.0

中国版サスペンス映画って、どんな作品かな?…と思って映画館で観たが、微妙な作品だった。

ただ、出演女優2人は綺麗だった!

1997年に中国で起きた女性連続殺人事件を追う男。だが、この男、警察当局の
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

4.8

「決して、ひとりでは見ないでください」というキャッチフレーズ
で有名な映画。
近日『サスペリア(リメイク版)公開』なので、オリジナル版を観たら、ホント面白かった!

しかも主演女優が(あの数十回は観た
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.0

不思議な造形で構築された世界を描いたルネ・ラルー監督の不思議な映画。

人間よりはるかに巨大で全身真っ青の皮膚、赤い眼のドラーク人が支配する世界で、人間はペットのような存在、そんな惑星を舞台にした物語
>>続きを読む

かたつむり(1966年製作の映画)

2.5

『ファンタスティック・プラネット』のDVDに収録されていた短編アニメーション。
独特の世界を描いたフランス映画。

おじいさんが畑で育てている野菜が水では伸びず、涙をかけると伸びる。そうして伸びた野菜
>>続きを読む

密告(1943年製作の映画)

4.0

アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督の疑念渦巻く映画。
ある町の住人たちあてに「カラス」と名乗る人物から匿名の手紙が届く。
内容は、ジェルマン医師を誹謗中傷するものが多い。
この手紙の内容を信じたり、疑
>>続きを読む

ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013年製作の映画)

4.0

いや~、凄いものを観てしまった~😱!!
映画タイトルから「酔っぱらいの物語なんだろうな…」と思っていたが、観てみたら「これがビックリ驚きの凄い展開を見せる快作」だった!

「1晩に5人で12軒のハシゴ
>>続きを読む

純潔革命(1953年製作の映画)

3.0

「最近日本映画を観ていないなぁ~」と思って観たのが、川島雄三監督のこの作品。
タイトルが『純潔革命』で1953年の映画なので、「女性の純潔とは…を巡る物語かな?」と思いながら観てみたら、まさにその通り
>>続きを読む

汚れた顔の天使(1938年製作の映画)

5.0

この映画、クライマックスで泣かされまくる傑作!
出演者がジェームズ・キャグニー、パット・オブライエン、ハンフリー・ボガート(映画の表記順)なので、てっきりギャング映画かと思って観たら、確かにワル(悪人
>>続きを読む

桜桃の味(1997年製作の映画)

5.0

ようやく観たアッバス・キアロスタミ監督作品。これまで、この監督の映画は殆どが映画館で観るか、VHSレンタルか、DVD購入するしかなかったが、ようやく「リマスター版DVDレンタル」開始。本日観たこの映画>>続きを読む

十字砲火(1947年製作の映画)

4.0

エドワード・ドミトリク監督がユダヤ人殺人事件を扱ったサスペンス映画🎥
内容的にデリケートな問題も含まれていたためか、日本初公開は1986年とのこと。
冒頭の殺人シーンは犯人を判らせないように「影だけの
>>続きを読む

青い戦慄(1946年製作の映画)

3.8

原題は『ブルー・ダリア』(青いダリア)であるが、『青い戦慄』という邦題はノワール的でナイスの気がする。
ヴェロニカ・レイクとアラン・ラッドが主演であるが、この二人、先日観た『拳銃貸します』でも共演。相
>>続きを読む

暗黒街(1927年製作の映画)

4.8

ジョセフ・フォン・スタンバーグ監督による犯罪🔫&メロドラマ💕の感動的な傑作!
スタンバーグ監督作品の中でも『嘆きの天使』、『モロッコ』、『間諜X27』などを超えるほど素晴らしい…と思わせられる作品であ
>>続きを読む

拳銃貸します(1942年製作の映画)

4.3

この映画『拳銃貸します』……タイトルだけで、もう面白そうな予感(笑)
観てみたら、本当に面白かった!
ある殺し屋が殺人を請け負ったものの雇い主から罠に嵌められて、警察に追われる立場になったことから、そ
>>続きを読む

拾った女(1953年製作の映画)

4.8

電車の中で、ある男が、女のバッグから財布をスリしたことから、謎の男達や警官から追われるハメになり、そして財布をすられた女は「運び屋」だったが……

中盤までは味方と敵が入り混じる展開に、観ているこちら
>>続きを読む

クリード 炎の宿敵(2018年製作の映画)

4.5

クリード・シリーズ第2作目。
前作『クリード~チャンプを継ぐ男』の続編、いや~、盛り上がった!

クリード1作目もクオリティ高かったが、このクリード2作目も見せどころ盛りだくさんの面白い映画だった。
>>続きを読む

危険な場所で(1951年製作の映画)

3.0

監督ニコラス・レイ、音楽バーナード・ハーマンの映像と音楽が美しい殺人課の刑事を描いたドラマ。

ニューヨーク市警の殺人課刑事ロバート・ライアンは、強引でやり過ぎる捜査方法が続く。上司に注意されても相変
>>続きを読む

その男を逃すな(1951年製作の映画)

3.5

小悪党が成り行きで警官殺しをして、ある一家の各人を人質扱いにしてその部屋に立てこもり、猜疑心に苛まれる姿を描いたチョット変わった映画だった。

ジョン・ガーフィールドは悪い仲間に誘われて大金を奪って逃
>>続きを読む

天使の顔(1953年製作の映画)

4.5

オットー・プレミンジャー監督のノワール映画の傑作!
ジーン・シモンズ&ロバート・ミッチャム共演。

物語は実際に起こった事件をベースにしているらしいが、救急車の運転手ロバート・ミッチャムが出動してガス
>>続きを読む

群衆(1941年製作の映画)

4.5

フランク・キャプラ監督、ゲイリー・クーパーとバーバラ・スタンウィック共演の「政治なんかよりも善が勝つ!」というメッセージが伝わって来る佳作。

突然クビにされた女性記者アン(バーバラ・スタンウィック)
>>続きを読む

クリード チャンプを継ぐ男(2015年製作の映画)

4.5

『クリード 炎の友情』公開間近なので準備のため鑑賞。
『ロッキー』~『ロッキー5』&『ロッキー・ザ・ファイナル』の6本順番に観た。(ロッキー1~3は久しぶり)
このクリード第一作、なかなかクオリティ高
>>続きを読む

ロッキー・ザ・ファイナル(2006年製作の映画)

3.0

フィラデルフィアに行って、あの階段で、ロッキーの真似をした頃が懐かしい。
そんな思いが甦るロッキーシリーズ6作目であった。

映画としては、「ここまで来ると、もはやマンネリの域」であるが、「ロッキー・
>>続きを読む

月蒼くして(1953年製作の映画)

4.5

シネマヴェーラ渋谷で鑑賞。
建築家と女優志願女性の恋愛を描いたオットー・プレミンジャー監督の上質なコメディ映画。

エンパイアステートビルの展望台に上ろうかどうしようかしている女性パティ(マギー・マク
>>続きを読む

モルグ街の殺人(1932年製作の映画)

2.5

シネマヴェーラ渋谷で鑑賞。

原作エドガー・アラン・ポーのハリウッド怪奇映画。
ロバート・フローレー監督作品。

ゴリラの血を人間に注射する実験を繰り返しては、若い女性を次々と殺してしまうミラクル博士
>>続きを読む

暗殺のオペラ(1970年製作の映画)

4.0

全編が極彩色で輝く絵画のように美しいベルナルド・ベルトルッチ監督作品。
父の死の謎をさぐるためにある町を訪れた若者が、そこで意外な事実を知るまでを描いた映画。

イタリア郊外の小さな町タラという駅に、
>>続きを読む

熱き夜の疼き/クラッシュ・バイ・ナイト(1951年製作の映画)

3.0

シネマヴェーラ渋谷で鑑賞。
この映画を観始めて驚いたのは、フリッツ・ラング監督作品にマリリン・モンローが出演していた!
…ということ。

マリリン・モンローは相変わらず色気たっぷりで、若い男から「たわ
>>続きを読む

誰が為に鐘は鳴る(1943年製作の映画)

5.0

元日から映画を観て、感動してオイオイ泣いてしまった(笑)
観たのは、2時間45分の映画『誰が為に鐘は鳴る~ワールド・プレミア上映版』。
学生時代に初めて観たバージョンは2時間10分だったので、それより
>>続きを読む

アラビアのロレンス/完全版(1988年製作の映画)

5.0

大晦日に、3時間48分の[完全版]を鑑賞。
『アラビアのロレンス~オリジナル版』は、学生時代にリバイバル上映の大スクリーンで何度も観ていたが完全版は初見。
完全版は、デヴィッド・リーン監督自らが再編集
>>続きを読む

ロッキー5/最後のドラマ(1990年製作の映画)

2.0

前作『ロッキー4』のおさらい(ソ連での試合)から始まり、今作は少しはまともな物語になってきたか……と思っていたら、ボクシングではなく路上のケンカがクライマックスというのは何なのか?
監督をロッキー第一
>>続きを読む

ドル(1938年製作の映画)

3.0

スウェーデン時代の若いイングリッド・バーグマンが輝く映画。

物語は、何組かのカップルが居るが、ある男が昔のトランプ賭博癖が出て大負けするが、それを夫の会社の株売却で補ってあげるバーグマン。
だが、そ
>>続きを読む

宇宙大怪獣ドゴラ(1964年製作の映画)

2.5

この映画、タイトルに「宇宙大怪獣」と掲げているのだから、もっと怪獣特撮を見せて欲しかった気がする。
東宝特撮の怪獣映画を観ているのか、ダイヤ強盗物語を見ているのか、判らなくなった。
中途半端な出来が残
>>続きを読む

ロッキー4/炎の友情(1985年製作の映画)

1.5

ロッキー・シリーズの第4作目。
ロッキー1~3は公開時に観ていたが、この作品からなんとなく観ていなかったので観てみた。そしたら、「トンデモ作品」であり、内容が無くて……(^^;

ロッキー(シルベスタ
>>続きを読む

堕ちた天使(1945年製作の映画)

4.0

オットー・プレミンジャー監督作品、DVD化されているが高価なので映画館(シネマヴェーラ渋谷)にて鑑賞。
ある詐欺師がウェイトレスに惚れるのだが、愛と金の欲に眼がくらんで右往左往しているうちに、映画タイ
>>続きを読む

その女を殺せ(1952年製作の映画)

5.0

こうした大傑作を観ると「今までの自分の映画生活では、傑作を見逃してばかりいるのではないか?」と思ってしまう。「恐らく、この映画の面白さ・凄さを超える映画を作るのは困難なのではないか?」と思わせられるリ>>続きを読む

女が愛して憎むとき(1963年製作の映画)

4.3

若尾文子主演の未見作品なのでDVD購入して鑑賞。(若尾さん出演作122本目の鑑賞)
いや~、いきなりオープニング・タイトルから若尾文子を綺麗に撮った映像のオンパレードで、「このショット、いつまでも観て
>>続きを読む

Wの悲劇(1984年製作の映画)

5.0

今晩は、この映画『Wの悲劇』を久しぶりに観て、感動しまくりです!
この「薬師丸ひろ子の処女喪失シーンから始まる衝撃的な作品!」は、何度観ても素晴らしい!
薬師丸ひろ子が、少女から大人の女性に変わってい
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

2.3

この作品、SNSで何もかもを晒して生きるのは如何なものか?という事を言いたいと思えるのだが、映画の流れや終結などを見ると、そうした主旨が明確に提示されていない気がして、何か中途半端なドラマを見せられた>>続きを読む

>|