アカエリヒレアシシギさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • アカエリヒレアシシギさんの鑑賞したドラマ
アカエリヒレアシシギ

アカエリヒレアシシギ

食って寝て、ときどき映画…

映画(139)
ドラマ(20)

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン シーズン2(2019年製作のドラマ)

4.0

トムクランシー原作の同作、Amazon制作第2シリーズ

前シリーズの中東から舞台は南米ベネズエラへ。
帝国主義の独裁国家が腐敗していく様から革命前の国全体を巻き込んだ混乱までを鮮明に描く。
前作の敵
>>続きを読む

0

トム・クランシー/CIA分析官 ジャック・ライアン シーズン1(2018年製作のドラマ)

4.0

トムクランシー原作の同作を見事に現代版に進化させた作品。
一話完結型のストーリーが定形化した日本のテレビドラマシーンにとって、今となっては懐かしくかつ目新しさもある全話完結型。
全話を通して、ただのア
>>続きを読む

0

トレース~科捜研の男~(2019年製作のドラマ)

3.0

SUITSからトレースへのバトン
月9=ズブズブの恋愛もの という固定概念を完全に脱却してのはフジテレビの未来にとって良い判断なのでは。

音楽は「鍵のかかった部屋」「失恋ショコラティエ」のKen A
>>続きを読む

0

スキャンダル専門弁護士 QUEEN(2019年製作のドラマ)

3.0

弁護士・医療ものも二番煎じ感をスキャンダル専門というところで回避。

ぜひ「ブラックスキャンダル」(讀賣テレビ)のフローライト芸能事務所の顧問に。。

0

逃げるは恥だが役に立つ(2016年製作のドラマ)

4.0


平均視聴率:14.8%
一話:10.2%、最終話:20.8%

ギャラクシー賞、日本民間放送連盟最優秀賞など栄誉ある賞を総なめに。

作詞作曲 星野源の「恋」、MIKIKO振付の恋ダンスが大きな話題
>>続きを読む

0

グッドワイフ(2019年製作のドラマ)

2.5

2009年から7年間アメリカで放送されたドラマ『The Good Wife』が原作。

演出は「Nのために」「アンナチュラル」「映画:コーヒーが冷めないうちに」の塚原あゆ子。

弁護士・医療はどれも二
>>続きを読む

0

3年A組ー今から皆さんは、人質ですー(2019年製作のドラマ)

3.0

続きが気になる…
次回が見たい…となる作品
原作ではなくオリジナルストーリー

一話完結ではないため、全話見ることが前提となる。

時間帯的にも大衆向けではないが、生徒役が豪華なこともありコアなファン
>>続きを読む

0

BG~身辺警護人~(2018年製作のドラマ)

3.5

木村拓哉✖️テレビ朝日の相性がどうなんだろうか。

ストーリーも特別記憶に残るものがないが、出演陣のアクション等には脱帽。
「誤差なし」のリアルタイム配信はできないのかな。

0

リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~(2018年製作のドラマ)

3.5

ドクターXとどっちがいいか、という問題ではないような。

趣味を全面に押し出したドラマ作りはお得意様。ただ司法モノもわかりやすいが故にやり尽くされた感がどうしてもでてしまう。

0

ブラックペアン(2018年製作のドラマ)

3.0

二宮くんのためのドラマといってもいいほど当たり役。趣里も良し。

ただ、どうしても医療モノのやり尽くされた感は拭えない。
医者のキャラを変える以外やり方はないのかな。

0

チア☆ダン(2018年製作のドラマ)

3.0

映画→ドラマのパターン

学園ものとは少し違い、生徒が主体。
ただ、キャスティングに各方面からの圧力を感じるような、ないような。
みなが爪痕を残したい気持ちはわかるけど。

キャスティングの意図とは。

0

コード・ブルー -もう一つの日常- ディレクターズ・カット版(2018年製作のドラマ)

3.5

新鮮さには欠けるが、映画ありきで制作されたと聞くと納得。

視聴者が直接お金を払うように、行動させるように、仕向けたドラマは今後流行るのでは。

すべて脚本家のせいにするのは間違い。

0

サバイバル・ウェディング(2018年製作のドラマ)

3.5

プラダを着た悪魔かなと思ったが、最終的には全く違う展開に。
伊勢谷友介のキャラクターが良し。

1ドラマに話題なるキャスティングが1人でもできれば。
しかし狙ってやるのは禁物。

0

グッド・ドクター(2018年製作のドラマ)

3.5

泣けるドラマシリーズ

フジテレビドラマ復活の狼煙となれば。
山崎賢人の演技には正直びっくり。

0

ブラックスキャンダル(2018年製作のドラマ)

3.5

キャスティング、セリフところどころに今年の時事ネタをかませでいて、悪意が垣間見える。

あの時間にリアルタイムで見るべきドラマ。
やらなきゃ意味ないよ。

0

99.9-刑事専門弁護士-SEASONII(2018年製作のドラマ)

3.0

榮倉奈々から木村文乃へのチェンジは賛否あるとはいえ、話題に。
みなが楽しそうに演技しているのが感じられた。

0

大恋愛~僕を忘れる君と(2018年製作のドラマ)

3.0

泣けるドラマシリーズ

番組最後
「若年性アルツハイマー病の症状や進行のスピードは多種多様です。このドラマは、医療監修をうけて制作されたフィクションであり、登場する人物・団体は全て架空です。」
という
>>続きを読む

0

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)

5.0

脚本 演出 キャスティング 主題歌
全てが大当たり
2018年個人的No. 1ドラマ

0