ラウぺさんの映画レビュー・感想・評価

ラウぺ

ラウぺ

ブックセラーズ(2019年製作の映画)

3.9

世界最大規模を誇るニューヨークブックフェア。そこに集まる人々と本の関わりについてのドキュメンタリー。

ここで扱われる「ブックセラー」とは単なる書籍のバイヤーというより、希少本の蒐集家であったり、それ
>>続きを読む

キンキーブーツ(2018年製作の映画)

4.3

父の死を契機に靴工場を継ぐことになったチャーリー。別の道に進むつもりで婚約者も居たが、不本意ながら社長に就いてみると、工場は返品の山で倒産寸前の状態だった。憂さ晴らしに呑んで帰る途中でチンピラに絡まれ>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.0

ロンドンで一人暮らしのアンソニーは娘のアンからヘルパーを雇うようにしつこく勧められていた。最近もヘルパーさんを追い出したばかり。アンは新しい彼氏とパリに住むのでこれからは毎日アンソニーのところに来るこ>>続きを読む

戦場のメリークリスマス 4K 修復版(1983年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

大島渚の作品が2023年に国立アーカイブに収録されることになり、最後の大規模公開とのこと。
最初の劇場公開以来の劇場鑑賞。

83年というと、たぶん高校2年生のとき。
まったく相容れない文化と政治体制
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.0

英国で大麻の栽培・販売で一大帝国を築いたミッキー(マシュー・マコノヒー)は引退を考え始める。ユダヤ人の大富豪マシュー(ジェレミー・ストロング)に4億ポンドで事業を売ろうとしていたが、それを嗅ぎつけた私>>続きを読む

生きろ 島田叡 戦中最後の沖縄県知事(2021年製作の映画)

3.8

昭和20年1月、大阪府内政部長だった島田叡は沖縄県知事就任の打診を受け受諾。1月31日に沖縄に赴任し、戦中最後の沖縄県知事となる。沖縄での最期の日々を関係者の証言などで綴るドキュメンタリー。

島田叡
>>続きを読む

きまじめ楽隊のぼんやり戦争(2020年製作の映画)

4.3

太平洋戦争頃っぽい日本のようなところ。川を挟んで朝9時から夕方5時まで原因も定かでない戦争を30年も続けている二つの町、津平町と太原町。津平町に住む露木は毎朝「基地」まで出勤して対岸に銃を撃ち、夕方に>>続きを読む

水を抱く女(2020年製作の映画)

3.9

ベルリンの都市開発の歴史を展示する博物館で学芸員として働くウンディーネは博物館の隣のカフェでヨハネスから別れ話を切り出される。付き合った男に裏切られるとその男を殺さなければならないウンディーネはなんと>>続きを読む

JUNK HEAD(2017年製作の映画)

4.0

環境破壊により地下に活路を目指した人類は地下開発のために人口生命体マリガンを創造。自我に目覚めたマリガンは地下を支配し、人類と戦争を始めた。それから1600年後、新種のウィルスにより絶滅の危機に瀕した>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.9

2016年の正月、榛原華子(門脇麦)は開業医をしている家族の新年の会食に遅れて到着する。一緒に来るはずだった婚約者と婚約を解消してきたと聞いて驚く家族。東京で何不自由なく暮らしてきた華子は結婚こそが幸>>続きを読む

フィールズ・グッド・マン(2020年製作の映画)

3.9

グラフィックアーティストで漫画家のマット・フューリーは2005年、自らの大学生活の体験を元に”Boy's Club”のシリーズを描き始めた。その中のカエルのキャラクター「ペペ」は「feels good>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

4.1

1980年代の前半、カリフォルニアからアーカンソーに移住してきた韓国人のイー一家。韓国を出てから10年、アメリカンドリームを実現したい父のジェイコブはこの地で50エーカーの農地を耕し韓国野菜の農場とし>>続きを読む

Mank/マンク(2020年製作の映画)

4.0

1940年、事故で足を骨折したハーマン・マンキーウィッツ(Herman Jacob Mankiewicz 劇中ではマンクウィッツとの発音)は、オーソン・ウェルズの新作映画の脚本を書くためにプロデューサ>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

4.2

映画史上最高の1本として世評名高い本作ですが、これまで観たことがなく、間近に迫った『Mank/マンク』の地元での公開を前に、予習として鑑賞。

映画の内容に触れる前に、まず作品がとっくにパブリックドメ
>>続きを読む

ラスト・フル・メジャー 知られざる英雄の真実(2019年製作の映画)

3.8

1999年、アメリカ空軍省のスコット・ハフマンは退役軍人のトム・タリーの訪問を受ける。ベトナム戦争で戦死したウィリアム・ピッツェンバーガーの空軍十字章から名誉勲章へのアップグレード却下の再調査を依頼す>>続きを読む

世界で一番しあわせな食堂(2019年製作の映画)

3.8

フィンランド北部の小さな村ポホヤンヨキ(Pohjanjoki たぶん架空の村)に中国人の料理人チェンが息子とともに人探しにやって来る。フォントロンという人物がこの村に居るらしい。食堂のオーナーのシルカ>>続きを読む

DAU. ナターシャ(2020年製作の映画)

3.8

どこから話を始めればよいか、正直悩む映画。
そもそもこの映画はDAUプロジェクトと呼ばれる壮大な計画の一環として行われた映画製作のうちの一作。
予備知識なく本作だけ観てもプロジェクトの全体像はおろか、
>>続きを読む

ノマドランド(2020年製作の映画)

4.1

企業城下町だったネバダ州エンパイア。USジプサムは2011年1月31日エンパイアの採掘場を閉鎖し、町は郵便番号(ZIPコード)も抹消され、住民は退去を余儀なくされる。夫がUSジプサムの社員だったファー>>続きを読む

痛くない死に方(2019年製作の映画)

3.9

医師で作家の長尾和弘の著作「痛くない死に方」「痛い在宅医」を原作とするドラマ。
在宅医の河田(柄本佑)の体験を通して理想的な在宅医療や終末期の緩和ケアのありようを模索していく。

ドラマで採り上げられ
>>続きを読む

アウトポスト(2020年製作の映画)

3.9

2009年、アフガニスタン北東部の山岳地帯にあるキーティング前哨基地。そこは“便所”と呼ばれ忌み嫌われる、四方を山に囲まれた谷底にある脆弱な拠点だった。毎日のように散発的なタリバンの攻撃に遭い、ガイド>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.0

25年以上の長きに亘り、終わるようで終わらない『エヴァ』の物語も本作でようやく本当の完結。

TVシリーズをはじめて見たのは、TV放映ではなく録画したビデオ。
地元では確か放映していなくて、会社の同僚
>>続きを読む

シカゴ7裁判(2020年製作の映画)

4.5

1968年8月、シカゴで民主党大会が開かれるのに合わせてベトナム戦争に反対する組織のメンバーはデモを計画。結果的にデモ隊は警官と衝突し、多数の負傷者を出す事態となった。その5か月後、デモの主導者は共謀>>続きを読む

ヤクザと家族 The Family(2021年製作の映画)

4.2

グレた青年がヤクザになり、組のなかで重要な地位を占めるも、時代の変化に翻弄される一代記。
年代を1999年-2005年-2019年の3つに焦点を当て、生きる場を失っていくヤクザの悲哀を描く。

父を失
>>続きを読む

ガンズ・アキンボ(2019年製作の映画)

3.7

ゲーム会社のプログラマー、マイルズは仕事中にサボっているところを上司に見咎められ、殺し合いを中継してアクセスを稼ぐ闇サイト「スキズム」にクソリプを繰り返すことで憂さ晴らし。IPアドレスから住所がバレて>>続きを読む

わたしの叔父さん(2019年製作の映画)

3.9

デンマークの農村で叔父さんと暮らすクリス。朝起きると足の不自由な叔父さんに服を着せて朝食を摂る。牛の世話をして農機具の整備。クリスは獣医になるべく勉強もしていたが、今は叔父さんの農家を手伝うことに専念>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.2

殺人を犯し13年の刑期を終えて旭川刑務所を出所した三上正夫。東京の弁護士を身元引受人として小さなアパートで独り暮らしを始める。孤児院を脱走して以来、刑務所の中で人生の大半を過ごした三上は「今度ばかりは>>続きを読む

どん底作家の人生に幸あれ!(2019年製作の映画)

3.8

ディケンズの自伝的小説「デイヴィッド・カッパーフィールド」を元にした映画化。
作家となったデイヴィッドは聴衆の前で自作の自伝を披露する。自分が生まれたときから今日に至るまでの波乱万丈の日々をさまざまな
>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

3.9

ある日、ゴレンが目を覚ますと目の前にトリマガシと名乗る男が「ここは48階層だ。幸運にも良い階層だ」という。トリマガシ(日本語の公式ホームページやそのほかの情報ではトリマカシとなっていますが、本編での発>>続きを読む

Swallow/スワロウ(2019年製作の映画)

3.6

実業家の息子に嫁いだハンターは旦那の重役就任が決まり、ニューヨーク郊外の豪邸で何不自由ない生活を送っていた。しかし、夫は口先では愛と感謝を語るものの、ハンターのことを顧みようとしない。良い主婦であろう>>続きを読む

バッファロー’66(1998年製作の映画)

3.7

今回のリバイバル上映で初鑑賞。
なんかこう、おしゃれ映画の代名詞のごとく扱われて、紹介文などを見てもそこのところをやたら強調する空気に、どことなく漂う(ように見える)スノッブさが気になって、ちょっと敬
>>続きを読む

ウォーデン 消えた死刑囚(2019年製作の映画)

3.8

イスラム革命前のイラン。移転の最終段階の刑務所で移送されたはずの囚人が一人行方不明になる。所長はこの後の栄転も決まり、こっそりガッツポーズをするなどしていたが、囚人が消えたとなると自身の栄転も危うい。>>続きを読む

ジャスト 6.5 闘いの証(2019年製作の映画)

3.9

イラン警察の麻薬撲滅チームのマサドは売人を捕まえて元締めの所在を吐かせるべく、麻薬常習者の一斉検挙や家宅捜索などを精力的に進めていく。苦労の甲斐あって元締めのナセル・ハグサドを追い詰める。ようやく収監>>続きを読む

羊飼いと風船(2019年製作の映画)

3.9

現代のチベットで羊飼いをして暮らす一家。息子が親の枕の下から“細長い風船”を見つけ、膨らませて遊んでいるところに父が遭遇、子供たちを叱る。爺ちゃんはそれが風船とは違うということが理解できない。父は町に>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.0

1996年、京王線の終電を逃したことで偶然知り合った麦と絹は、趣味や生活観に相通じるものがあることを知り、やがて付き合うようになる。大学を卒業してフリーターとなった二人は同棲を始める。イラストレーター>>続きを読む

ウルフウォーカー(2020年製作の映画)

4.2

1650年、アイルランドの町キルケニーにイングランドから護国卿の家来としてやってきたハンターのビルとその娘のロビン。ロビンは町の外に出ることは護国卿から禁じられていたが、父の狼狩りの手伝いをしたくてこ>>続きを読む

ネクスト・ドリーム/ふたりで叶える夢(2020年製作の映画)

3.8

伝説的歌姫グレースのアシスタントを務めるマギーはグレースの下で働くことに喜びを感じつつも、いつかはプロデューサーになりたいと思っている。グレースは何年も新しいアルバムを発表しておらず、マギーはグレース>>続きを読む

>|