れいさんの映画レビュー・感想・評価

れい

れい

映画(78)
ドラマ(0)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.7

前回の話を見てハードルを高めに設定したけど難なく超えられた
ハリーポッターもう一度全部見返そうかなと思うくらいにだんだんハリーポッター本編とも繋がりが出てきた

次回も期待

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

3.7

方位磁針

心に余裕を与えてくれる映画
切羽詰まってる時にみると息がつけると思う
「なにもしない」がベストのものになるのか〜よし頑張ろうって思える

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.6

3人

伏線の張り方と回収の仕方が好きだった
結末が予想できず、終始前のめりで見てた

ホラー味感じるところもあったけど面白かった

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

3.6

おねがいしまぁぁぁぁぁす!!!!

やっぱりこれ見なきゃ夏始まらないよね
毎年見ちゃう

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.4

宝箱みたいな映画だった、大切なことも愛も友達も家族も人生の教えも全部詰まってる

僕はもう一度も過去に戻らない
今日が最後の日だと思って過ごす

あと曲が良い

万引き家族(2018年製作の映画)

4.2

これだけ無言のシーンに感情が揺れる映画はないと思った。
見えないモノでしか繋がってないその関係だけど素敵な家族だった。

最後の祥太のバスのシーンは泣いた

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.3

フェローだった人たちをはじめとして白石先生とかも含め一人ひとりの成長を感じました
素敵素敵やっぱり大好きだわこのドラマ
もう一回ドラマ見返そう!

こんなに泣くと思わなかった…

セッション(2014年製作の映画)

4.2

音楽やっていたことある人はだいぶ面白いと思う。気が緩むというか映画の中で心が和らぐのは演奏シーンのみ。過剰な表現が多い映画だったけど、バランスが取れてた。
授業で鑑賞して、そのあとのディスカッションが
>>続きを読む

藁の楯(2013年製作の映画)

3.2

藤原竜也がクッッッッッズだった
演者陣の演技力の高さが圧巻

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.7

愛おしい
一人であの手この手でたたかう子供がたくましい!!!!
クリスマスにはやっぱりこれ

図書館戦争(2013年製作の映画)

3.3

さすが野木亜紀子って感じの面白さ!
とりあえず田中圭が見たくて見たけど堂上教官に心打たれた…
即時に続編見ます!

シンデレラ(2015年製作の映画)

3.8

女の子の夢が詰まってる憧れの物語
結末はだれもが知っている話だけどやっぱり見惚れちゃうし、見入っちゃう
定期的に見たくなっちゃう

海の上のピアニスト(1999年製作の映画)

3.8

孤独を中心に描かれるけど暖かみを感じられる映画
友人って、信頼できる人って、自分の話を聞いてくれる人って大切で素敵だなって思った

シックス・センス(1999年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

自分が推測してしまった説とピッタリ合っちゃった…
さらにもうすでに死んでいるってところからどんでん返しあるのかな?????って思ってたらそのまま終わる
なにも考えずに見ればよかった…
結論知らなかった
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

4.8

はじめ1時間くらいぽかーんと何もわからないまま見てたけど、キャッチフレーズの"切なすぎるハッピーエンド"の意味が見終わってから納得。
切なすぎる。人にオススメしたい映画トップファイブに入る。
DVDに
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.3

描写が生々しくて途中目を閉じてしまうところもあった。徐々に慣れてくるとカメラワークと役者陣に圧倒された。エンドロールがすごくあっという間に感じて感動とかではないけど余韻がすごく長かった。

とりあえず
>>続きを読む

ラプラスの魔女(2018年製作の映画)

2.5

自分の中のハードル上げすぎたかな。
数ある東野圭吾作品でなんでこれを映画化したんだろーって思った。
でもキャストとキャラは結構合ってた!

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.8

ガンダムとかシャイニングとか小ネタ(?)が凝ってて面白かった。
3Dで見たら酔いそうなので2Dをお勧めします、そのくらい映像が完成度高いってことです!
結構長かったけどちゃんとまとまっててよかった
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.2

アニメだからってなめてかかったら驚いた。学ぶことも多かった映画

>|