西口怜央人さんの映画レビュー・感想・評価

西口怜央人

西口怜央人

映画(25)
ドラマ(0)

劇場版 SPEC 天(2012年製作の映画)

3.0

ドラマの方がネタ要素が多くて面白かった。サトリがいないSPECはつまらぬ。続編も観るがあまり期待はしない。以上。

君は月夜に光り輝く(2019年製作の映画)

4.4

月川監督の作品はやっぱり好きだ。映像がめちゃくちゃ綺麗。不治の病で病院から出られない女の子が、クラスメイトの男の子に自分のやりたいことを代行してもらうお話。今田美桜ちゃんのリコちゃんがかわいすぎてかわ>>続きを読む

愛がなんだ(2018年製作の映画)

3.9

『依存』というものはとても厄介なように見えるが、実はそうでもない。周りから見れば「大丈夫か?」と心配になるけど、当人にとっては『依存』は生きてるってことを実感できるもの。誰かに尽くしたいと思うことで自>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

4.2

待望の映画第2弾。前回はダー子とジェシーのロマンスを一つのテーマとしていたが、今回は家族のつながりというのがテーマになっていた。前回のロマンス編の方がネタバラシされた時の騙された感が強いが、今回は感動>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

『キングダム』の次に長澤まさみさんの美を感じられる作品。福田監督、恋愛映画もできるのか。しっかり恋愛要素が中心にあって、そのまわりを福田監督といえばのコメディ要素で固めてる。だから全然飽きない。個人的>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.6

30年間の3月だけを描いた映画。新しい作り。脚本が『同期のサクラ』の遊川和彦さんなだけあって、明るいシーンからシリアスなシーンへの変化具合がうまく描かれている。ちゃんと東日本大震災も物語に出てきて現実>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.7

音楽映画は本当に大好き。この映画はミュージックビデオを観てるような感覚。画の綺麗さ、音楽、ストーリー性、どれもピッタリ合ってる。染谷君のラップ、ちょっと下手感が出てて逆にいい。橋本愛さん、永野芽郁ちゃ>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

4.4

ハズレ映画の多い三池崇史監督のアタリ映画。まずこのタイトルに騙された人がほとんどじゃないだろうか。僕もその一人。恋愛要素ほぼほぼゼロ。ただの極道映画。生首、血しぶき飛び交う極道映画。恋愛映画やと勘違い>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

4.0

きました福田組!ドラマも全部観ました。佐藤二郎さんとムロツヨシさんで120点満点です。劇場が笑いで溢れるのが、福田組のいいところ。特にムロさんの木を叩くシーンはめちゃくちゃウケてた。柳楽優弥君のイカれ>>続きを読む

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.4

今までにないジャンルの作品。もちろんドラマからファンです。とにかく視聴者を騙しにかかってくる。作り方が観てる人を飽きさせないようにしっかり工夫されてる。そこに長澤まさみさんの超絶的なかわいさ、ついつい>>続きを読む

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

4.0

むちゃくちゃな世界観。それが最高に楽しい。吉岡里帆ちゃんの歌もいいし、美術も魅力的だし、小峠さんのモヒカンも最高。阿部サダヲさんは阿部サダヲさんだった。三木聡監督だからこその世界観。これは誰にも真似す>>続きを読む

屍人荘の殺人(2019年製作の映画)

3.2

ラスト1分までは面白かった。オチがとにかく最悪。普通に「なにそれ?」って感じ。想像を遥かに超えてきた急展開は良かった。あと浜辺美波ちゃんがとにかくかわいい。評価3.2の内、浜辺美波ちゃんのかわいさで3>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.7

僕が俳優を目指すきっかけになった作品。ドラマは全シーズン2周した。映画は4回観た。一番の感動シーンはまっけんと山谷花純ちゃんの結婚式のところ。もう少しで結ばれたのに、また病院に運ばれる。ただただやるせ>>続きを読む

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

4.9

今年上半期No.1映画。まずイケメンしか出てこない。イケメンが音楽するってだけで最高。北村匠海君とまっけんの声が聴いてて最高に気持ちいい。体入れ替わった時の匠海君の芝居の切り替えがうますぎる。話も全然>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

3.8

多くは語る必要がない映画。ジブリで一番好きな作品。小さい頃何回も観て、絵本も持ってた。初のスクリーンでの鑑賞。小さい頃カオナシがトラウマだった。久しぶりに観たけどやっぱり少し怖い。でも銭婆の家でケーキ>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

4.1

ただただ胸糞悪い。それぐらい仕上がりのいい映画。長澤まさみさんのバイオレンスな役は初めて観たけど、さすがお見事でした。最悪な母親だけど、芯の強いところが感じ取れる芝居。個人的には仲野大賀くんのラブホの>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.4

菅田将暉君と小松菜奈ちゃんのエモい恋愛映画だなと思いながら観てたけど、ラストでびっくりした。サスペンスドラマか。上白石萌音ちゃんの芝居がいい味だしてて、、うん、、ラストはサスペンスドラマでした。菅田将>>続きを読む

バクマン。(2015年製作の映画)

4.5

原作を読まずに鑑賞。原作を知らないから余計なことを考えず、純粋に作品を楽しめた。染谷将太君の新妻エイジ、なんだあれ、、。やばすぎる。セリフの間、存在感、なによりオーラが凄すぎて、、。やっぱり僕の憧れの>>続きを読む

見えない目撃者(2019年製作の映画)

4.7

吉岡里帆さんの芝居がすごい。盲目の役なんだけど、本当に自然で違和感を全く感じさせない芝居。犯人に追いかけられる地下鉄のシーンは、ホラー映画を観ているようなスリルを味わえる。殺害シーンなど少しグロテスク>>続きを読む

バットマン(1989年製作の映画)

3.4

ジャック・ニコルソンのジョーカーにただただ圧倒された。原作を忠実に再現してるだけあって、彼が一番ジョーカーだった。ホアキン・フェニックスとは違う王道の悪。痺れた。クレイジーでイカれた芝居は大好き。ジョ>>続きを読む

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

5.0

僕が一番好きな映画。GReeeeN誕生秘話を描いた青春映画。5回観てるからセリフとかシーンもほとんど覚えてる。好きなことをしたいけど、うまくいかない。いろんな葛藤、障害がでてくる。でも自分を信じ、突き>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.6

この映画のすごい所を簡単に3つ。
①長澤まさみさんの美
これはもう圧倒的な美。ただただ美しい。戦闘シーンまでも美しい。山の民の王としての威厳も充分に感じられる芝居。さすがとしか言いようがない。
②大沢
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

2.8

みんなキャラが濃い。その分内容が薄い。話が転々としすぎて理解が追いつかないことがある。でも笑える所は笑えるし、松岡茉優ちゃんのひねくれた役はハマってた。妄想では誰にでも会えるし何でもできるけど、その分>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.8

中村倫也君の代表作と言ってもいいぐらい、魅力全開の作品。曜日ごとに入れ替わって一つの身体をシェアしている。この設定がまず面白い。誰かと入れ替わるのではなくて、一人で7つの人格が入れ替わる。全部中村倫也>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.5

映画館で観た時は言葉が出なかった。なんかいろいろなものがぐちゃぐちゃになっていくような感じ。2回目でもその感じはあった。自分がもしアーサーだったらどうしたのかと考える。何が正解で何が間違いなのかもわか>>続きを読む