Rimさんの映画レビュー・感想・評価

Rim

Rim

映画(72)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

離れたところに子供がいる父親として感情移入した。ストーリーも絵の美しさも音楽もすべてが素晴らしい良作。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

楽しめたが、フィルマークスで4.2の評価になるほどか?
女性3人のキャラはとても良い。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.1

まさに荒野。
寂しい気持ちを共感しながらも、主人公と一緒になって観てる側も前に進むぞって気持ちになる映画。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

終始リズムに乗り続けてるハイセンスな映画。
後半は展開がまったく読めず、カーチェイスのごとく振り回されたすごい映画。

ライフ(2017年製作の映画)

3.9

宇宙が舞台のエイリアン。
ラストシーンでニヤッとしてしまった。

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.1

テーマソングが流れるシーンで泣いた。
1人のおばあちゃんの生き様によって2人の女子高生のこれからを変えた良作。

菊次郎の夏を観た時に感じたものと似たものを感じた。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.9

不思議な雰囲気が常に漂いながらも、ラストはとても考えさせられた。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.9

話を知っていても楽しめる。
ミュージカル映画。
野獣の表情がいい。

T2 トレインスポッティング(2017年製作の映画)

4.0

前作を観直してから観た方が楽しめる。
それでもスタイリッシュな良作。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.3

アカデミー作品賞のため鑑賞。
自分には合わなかった。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.9

絵が綺麗、
音楽が綺麗、
ストーリーが綺麗。
これぞ映画。

映画史に残る傑作を観た。

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

4.1

松坂桃李がカッコよすぎる。
菅田将暉は良い俳優すぎる。
良い映画を観た。
帰ったらGReeeeNを聴く。

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.9

前半部分はこの映画のメインのための状況説明。やることはひとつだけ。ただそれがとても複雑。決断に色々な人が絡むところはとてもリアル。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.1

こだわりの強いおじさん、寂しいけどなんだかんだで周りに支えられている。
おじさんが笑った時、こっちまで嬉しくなった。

殺人の追憶(2003年製作の映画)

4.0

韓国ノワール、すごい。
主人公から出ているやさしさが好きだ。

スモーク(1995年製作の映画)

3.9

タバコ屋を中心に色々な人の内面を描いたドラマ。
不思議な魅力がある。
終わった後にタバコを吸った。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.2

正直あまり期待していなかったが、おもしろかった。。。
続編が公開されたら観る。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

アニメでなければ表現できない映画。
内容は明るくないのに常に温かみのある映画。
今の時代に必要な映画。

すれ違いのダイアリーズ(2014年製作の映画)

4.4

田端の日本一小さな映画館で鑑賞。
心の温まる良い映画。
主役もヒロインもかわいい。

PK(2014年製作の映画)

4.4

世界の常識とされるものに疑問を投げかけ、本当の幸せを考えさせる。
長時間だがそれを感じさせない良作。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.7

複雑の感情を見事に映画で表現した傑作。
絶妙な人間関係。

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

3.9

オリジナリティある展開方法な気がした。トムハンクスカッコ良かった。
副操縦士もなかなか。
結論も良かった。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

ゴジラを甘くみてた。もしも日本にゴジラが来たら、という感じでとても良い映画を観た。

怒り(2016年製作の映画)

4.5

長時間を感じさせない、どっぷり入り込める映画。どんどん展開していくわけでもないのに不思議とずっと観ていたかった。

>|