しょうさんの映画レビュー・感想・評価

しょう

しょう

咲 Saki(2016年製作の映画)

3.4

見覚えのある人しかいない作品でした

主にアイドルや若手女優のアベンジャーズみたいなキャスト

知ってる人は大喜びだよな!と言わんばかりのキャスティングで笑った

内容はまぁ麻雀なのでそこそこ楽しんだ
>>続きを読む

名も無き世界のエンドロール(2021年製作の映画)

2.9

つまらない

展開も読めるし年齢設定に違和感ありあり

30代が高校生に混ざってるとよく1人だけ異常に老けてることがわかる

山田杏奈と並んだらそりゃぁねと言わざるを得ない

全然スッキリもしないし、
>>続きを読む

小さな恋のうた(2019年製作の映画)

3.0

凄い!なにこれ!凄い!!

圧倒的に平成初期中期に取り残された作品だ

演出に展開にセリフに何もかも古臭い

2019年の作品とはさらさら思えないのなんなんだ

令和元年にこれはキツいキツすぎる

>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.2

すっかりレビューするのを忘れてた

映画は何がアクションがあったり展開がある方へとカメラは向くが、本作はそうではない普通やなんともない日常をフューチャーしている

それは一見つまらないように聞こえるが
>>続きを読む

クライ・マッチョ(2021年製作の映画)

4.0

イーストウッドの重鎮さを改めて確信

全体的にこれといって大きなことは起こらないけど、ずっと見てられるずっと浸れる最高のロードムービーに仕上がっていた

優しさと愛でいっぱいすぎて溺れそうだったので当
>>続きを読む

レイジング・ファイア(2021年製作の映画)

4.1

最高だ、最高だな!
これを見たかった!!!

とにかく絵がかっこよくなるように撮られててそこだけでも楽しいのに、キャラクターのビジュもロケーションも武器も全部いい!!

ニコラス・ツェーから学ぶ手榴弾
>>続きを読む

ハウス・オブ・グッチ(2021年製作の映画)

3.8

配役が最高だぁ

アルパチーノに期待しててよかったあのキャラクターは良すぎた!!

なんだろうこのスコセッシ感

でもローテンポで一つ一つのシーンをしっかり描くクズの会話劇

スピード感はないものの深
>>続きを読む

花に嵐(2015年製作の映画)

3.8

面白い!

タイトルの入りが最高だな

モキュメンタリーはあまり好きではないがこれは好きなほうだし最後まで集中して見れた

下からの画角が多かったので、いろんな人の鼻のお穴が丸見え

編集も独特で展開
>>続きを読む

青の帰り道(2018年製作の映画)

2.5

え?

ストーリーはありがちで面白くないしセリフは臭くて役者の演技が酷い

良いのはカメラだけ

いや、ほんとに演技が酷い

青春の押し付けだし暗いストーリーなのにどこかキラキラしてて入り込めない
>>続きを読む

エッシャー通りの赤いポスト(2020年製作の映画)

4.4

全身が震え上がった

こんな大傑作映画見れたことに感謝

序盤から園子温感がものすごく合わない人は合わないかもだが、そんなのもう慣れっこな自分はキタキタキタ!!とその独特な雰囲気に心が躍った

と思う
>>続きを読む

彼女が好きなものは(2021年製作の映画)

4.0

年が明けてギリギリみることができたが、これもまた本当に素晴らしい作品だった

みんな理解をしてあげているようで「みんな他人事」

この言葉を聞いて自分が恥ずかしくなった

セリフや言葉も心にたくさん刺
>>続きを読む

ある夜、彼女は明け方を想う(2022年製作の映画)

3.8

良い

「明け方の若者たち」アナザーストーリーとしてヒロインの過去と本編での裏の行動、そして本編のその後が描かれる本作

彼女の苦悩やズレかけている愛、そして思い出

これが明け方の若者たちでさりげな
>>続きを読む

明け方の若者たち(2021年製作の映画)

3.6

これは!これは!!面白くないけど別にいい

「花束みたいな恋をした」×「猿楽町で会いましょう」

完全にこの2つをミックスさせたキラキラ暴力映画!!!

全体的にセリフがいちいちクサいし恋愛の理想や良
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

詳細な感想を書くと膨大になるのでいつか。

簡単に言ってしまえば面白かった

でも思うことはいろいろあるので感情を整理するのに時間がかかりそう

スパイダーマンを好きであることを改めて認識させてくれた
>>続きを読む

ソワレ(2020年製作の映画)

4.0

ひらいてを見たので芋生悠さんの演技を見たくて鑑賞

おい!よくもこんな良すぎる作品今まで教えてくれなかったかな!

邦画にはまだまだ傑作があるな

とある事件により逃亡する2人の男女翔太(村上虹郎)と
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

3.7

「ひらいて」を見たので久しぶりに山田杏奈主演「ミスミソウ」を

ブサッ!

ザクッッッ!

プッシャァァァアアアア!!!!

祭りだ!胸糞復讐祭りだ!!!

血!暴力!裏切り!殴!切!刺!撃!轢!
>>続きを読む

お嬢ちゃん(2018年製作の映画)

4.1

130分真正面からの演技を感じられた

主人公みのりはなんでも正直に生きる人間

自分的には共感しちゃう部分も多かったけど一般的には思想が激しいように見えるのかなと

主人公だけではなくて主人公が関わ
>>続きを読む

ひらいて(2021年製作の映画)

4.2

これこれこれ!

学生のドロドロ恋愛映画の最高峰じゃないか?

やっぱり普通じゃない人間性と腹黒い関係では押見修造の漫画が1番にピンとくるが、まさに本作はその押見修造作品と通ずるものがあった

特にそ
>>続きを読む

DEATH DAYS(2021年製作の映画)

4.0

リアルじゃないけどリアルっぽい

本作もとても長久監督らしい作品だった

演出がずっと楽しいので飽きないし、セリフがいちいち良い

死についてとてもポップに軽く描きながらしっかりと意味を持たせて考えさ
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.1

最高。このノリっていうか雰囲気っていうか作りっていうか

かなり好みだし最初から最後まで釘付けになって見ちゃった

チャプターごとでの演出の仕方がかなり個性的だし挑戦的でまずそこから面白かったし、それ
>>続きを読む

フロッグ(2019年製作の映画)

3.7

カメ止め見たいな作りだけど圧倒的にこっちの方が面白い

天地の差ですね

ネタバレなしで見てください

真面目なことを言うと悪い事を言いそうなので何も考えずに楽しみたい人はこのまま見てください

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

4.0

いい!めちゃいい!!

これは優しすぎる青春に心を浄化されるカウンセリング映画だ!

序盤も序盤で女子生徒が「彼氏に1ヶ月記念でネックレスもらった!」と言っていたので、これから先バレンタイン、誕生日、
>>続きを読む

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.0

凄い作品

ドゥニ・ヴィルヌーヴはやっぱり愛と罪が混じり合った作品をもっと作った方がいい

なんでSFに行ってしまったんだ...なんでDUNEを作ったんだ...

本作について書こうと思えば永遠に描け
>>続きを読む

藍に響け(2021年製作の映画)

3.2

女子高生✖️和太鼓

映画に見慣れてる人は演技や展開に不自然さを感じるかも

自分的にはよくわからない無理矢理展開や演出が少しきつかった

漫画原作であるからかもだけど、それにしても実写的なセリフにし
>>続きを読む

ニューヨーク・ストーリー(1989年製作の映画)

3.7

スコセッシ、コッポラ、アレン3人の監督が織りなす3つのオムニバス恋愛映画

スコセッシ目当てなので1話の感想だけ

【第1話「ライフ・レッスン」】

これはスコセッシらしい構図だけども内容としてはとて
>>続きを読む

明日に処刑を…(1972年製作の映画)

4.1

マーティン・スコセッシ長編2作目

ほぼ忘れてたので中学生ぶりに視聴

楽しいて!!!最高だって!!

そう!あの血!!

本作の前に撮られた短編「ザ・ビッグ・シェイブ」から引き継がれる真っ赤な血液の
>>続きを読む

フォロウィング(1998年製作の映画)

3.8

クリストファー・ノーラン監督処女作

やはり最初から時間がテーマなんだなと

本作を見て最初に思いつくのがタランティーノの「パルプ・フィクション」

時間の作り方構成が似てる

ガイリッチーの「ロック
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

3.8

銭湯、映画、本

何故かずっと心地がよかった

主演の松本穂香さんは繊細な動きと表情で圧倒的な存在感を放っており、今後注目していきたい

本作ではとある問題から主人公と街と人を繋げてていくのだが、それ
>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.5

ドントルックアップと状況が同じだからどうするのかと思ったけどうーん...

本作には新しさがないのが致命的

大規模でお金もかかってるけどだからそうだよねとしか思えない

せっかくエンタメ性も高いのに
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.0

ドラン作品は初めてです

ADHDの息子とその母の真正面からの愛

あまり自分の身近にいない人たちだったので新鮮だった

互いに辛いことがあり、互いが互いを傷つけてしまうこの繊細な心理描写が上手く描か
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

3.5

消化不良

人間階級は下のものは上を羨む

しかし上も下も関係なくそれぞれがその立場であるが故の悩みを持っている

その中で階級の違うもの同士が互いに触発されて考え方、生き方を変えると言うものであるが
>>続きを読む

見知らぬ乗客(1951年製作の映画)

3.8

とても見やすい

土台がしっかりしてて飽きないのはやっぱりヒッチコックだなと

ヒッチコック入門としていいかも

ラストまでとても楽しかった

子供はわかってあげない(2020年製作の映画)

3.9

最初見る映画間違ったかと思った

だってね...あんなの混乱するって!!

そんなことは置いといて率直に良かった!

夏を感じられる作品だなと

汗に小麦色の肌、海にかき氷

あんな生活送ってみたいな
>>続きを読む

>|