Rity3さんの映画レビュー・感想・評価

Rity3

Rity3

映画(252)
ドラマ(38)

スワロウテイル(1996年製作の映画)

2.6

大昔に見て、久々にふらーっと立ち寄った。
リアリティがない分入り込みやすいし、全員フリーキーだから心地よい。
一回めは感傷的な時代に見たからすごく衝撃的で憧れもしたけど、大人になった今、あんな弱くて強
>>続きを読む

アス(2019年製作の映画)

2.9

期待しすぎた。ジョーダンピール独特の古風なホラーのオマージュ感は裏切らない。
オチがイマイチ。Getoutそうだけど、オチがそれなの????って最後少し困惑。。。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

お父さんが死んだ意味。。。
もう少し構成違ったらな。。

ビジランテ(2017年製作の映画)

2.7

消化不良。
もう少しまとまってたらすごくいいと思う。
悪い人の上に世界が成り立ってるんだな…

湿地(2006年製作の映画)

3.7

終始重い雰囲気でエフェクトが湿地w
叙々にこうゆう感じかな?って想像つくけどじんわり裏切ってくれる。じわり系のミステリー。
アイスランドの名前が聞き慣れないから登場人物の把握が大変。

ねこあつめの家(2016年製作の映画)

3.6

期待しないで見てただけあって思わずほっこり😄
立ち止まる時間も必要。
振り返るのも大事な時間。
何かのきっかけで人はまた歩き出す。

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

2.0

なーんにも考えなくていい。
キャストが豪華で笑っちゃう。

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

2.8

岩井ワールド炸裂。
すごく胸打たれる言葉もあり、coccoの繊細な表情に終始惹きつけられる。
自己解釈してくださいなところが多くて見る人によって感じ方や答えが大きく違うであろう。
こんなときだからこそ
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.3

ちょっと前に鑑賞。アカデミー前でよかった。今や満席らしいですね。
突っ込みどころはあるけどいろんな意味で面白い。
生活背景と設定が比例していて見ていて、すっと府に落ちる。

名探偵ピカチュウ(2019年製作の映画)

4.1

機内鑑賞。
ピカチュウが可愛い!それに尽きる!
以外とたくましくてびっくりした。思ったよりしっかりしたストーリーで飽きなかった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

誰でもジョーカーになる可能性はある。
妙なリアリズムが絶望感に拍車をかけて何も救われなかった。無条件に心が打ちひしがれる。

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.6

キャストの演技が情熱的すぎて本当にその時代を覗き込んだような感覚に陥った。
演出はミカさんが作るミカワールドの情景とセリフがリンクしていてゾクゾクした。
それぞれの恋が重くて苦しくて楽しくて…恋じゃ無
>>続きを読む

ワールド・オブ・ライズ(2008年製作の映画)

3.0

前情報あまり入れずに見たから期待とか予想とかしないですんなり見れた。
話のテンポがいいから変に中だるみしなくていいのと、個人的にはラブストーリー入ってたところで救われた。
ゴリゴリのテロ映画だと重かっ
>>続きを読む

RED/レッド(2010年製作の映画)

3.1

ジイさん達強いなw笑えてドッカーン系!
絵ヅラがどのシーンも豪華俳優陣で最高!アメリカの色んな町でドンチャカしてるとこもワクワクする!ストレス発散映画w

ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年製作の映画)

3.0

規模の大きい題材の割りにラストの戦い方の原始さwいいと思う!
何を感じるとかじゃなくて、ただこの時間楽しい!
笑ってはらはらしてドッカーン😊

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.0

機内鑑賞。
やっと見れた。ここまで救われることのない話だからこそラスト車に乗り込んだときは、この後どうなる?って二つに一つしか無い、自らが思うどちらかのハッピーエンドを捧げたくなる。どっちが救われるか
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

3.6

ミカさん、美しすぎる最高に無駄な演出に何度ドキドキさせられたか。見た後に残るものはなんにも無くて、ただ117分貴方の生きる世界を覗き見させていただきました。Diva vodka こんな味かな。。

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

2.4

えーー途中までよかったのに。。。。って感じの最後。ラスト5分いりません。
千葉くんと成田くんのお芝居に星!!です。とりあえず次回作も楽しみです!

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

2回目。
トップは純粋で美しくミドルは狂気的でラストは切ないまさに香水のような映画。
愛とは?人とは?とかそんな難しいことじゃなくて単純に純粋な欲望。
ただそれだけ。

アラジン(2019年製作の映画)

3.9

ガイリッチーファンタジー大丈夫か?って思ってたけど大丈夫だった🙆‍♀️文句なしで一週間頑張れるくらいハッピーになった。結構アニメーションに忠実だったところとCGでパワフルすぎるジャファーの変身にはびっ>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

2.5

機内にて鑑賞。ストーリー展開は飽きないがミステリーとしては種明かしがイマイチ。
ブレイク好きな方には久々のグイグイセレーナを彷彿させるブレイクが見れます。

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

3.0

機内にて時間調整で見た。久々に見たけど昔見たときに胸にあったモヤモヤがなにも無かった。
大人になるって寂しい。青い感受性は失うんだな。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.0

作りこまれていた感満載!こーゆーのはもっと裏のところが知りたいって思ってしまうから、一つの作り物としてよし!
応援会とかでみたら面白いのかなwやっぱり

>|