菊池2018さんの映画レビュー・感想・評価

菊池2018

菊池2018

三日坊主にならぬよう(追記:なった)

映画(113)
ドラマ(0)

リンダ リンダ リンダ(2005年製作の映画)

5.0

A rustling sound in the corridor, somewhere in my heart.

By making it a song, can I keep the memory
>>続きを読む

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

3.5

アニメーション自体は丁寧で音楽も良いので劇場で観るに相応しいクオリティではあるけど、ちょっと筋に問題ありなのが惜しい。

劇場版 天元突破 グレンラガン 紅蓮篇(2008年製作の映画)

4.0

初見。総集編は3部作で作るべきだったのでは?と思うほど大胆にダイジェストで飛ばしたりもしてたけど、勢いに持ってかれた。熱い。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.0

上手い話だとは思うが画の雰囲気や音楽(引用曲ではなく劇伴)が好みでない

心と体と(2017年製作の映画)

4.0

最優秀主演雄鹿賞&雌鹿賞

ちゃんとした感想は直ぐには纏まらない

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編 始まりの物語(2012年製作の映画)

3.5

久々に鑑賞。
テレビシリーズというフォーマットで観てこそな作品ではあるので、そもそも総集編を作るのには向いていないが、それでも前編は雰囲気も壊れずテンポも良く仕上がっている。

フミコの告白(2009年製作の映画)

4.0

スクリーンで観たい。『ペンギン・ハイウェイ』で併映して。

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.5

やっと虚淵玄っぽくなってきた。

1本の映画としては構成が歪すぎて決して上等とは言えないけど、前作よりは全然好き。

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

4.0

劇場用作品としては明らかに自身の最高傑作である『リズと青い鳥』を観た後の眼で、改めて山田尚子監督の初監督映画を。

河童 kappa(2006年製作の映画)

3.0

特に録音と編集が酷いんだけど、概ね全部酷い。なのに憎めないのは何故か。

パルス(2006年製作の映画)

4.0

思いの外『回路』っぽさが残ってて良い。特に中盤。

ハリウッドリメイクというより、『回路』で起きた世界規模の事件をアメリカの視点で描いたスピンオフとして観られた。若干設定は変わってるけれど。

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2015年製作の映画)

4.5

事件らしい事件がないどころか起承転結の「起」だけで2時間みたいな映画。テンションは全然違うけど『リンダリンダリンダ』とかを観てる時のような多幸感。観ていて永遠に続いて欲しいと思っちゃうけど、そうは行か>>続きを読む

>|