Rocketさんの映画レビュー・感想・評価

Rocket

Rocket

子供の頃から観た映画を思い返して登録しました。中にはほとんど内容を覚えていない物も。邦画は本当に面白そうな物しか観ません。アニメはほぼジブリか少しのディズニー映画だけ。
アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされる映画がいつも気になります。
マーベル・シネマティック・ユニバース作品は必ず観ています。

映画(774)
ドラマ(81)
  • List view
  • Grid view

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

4.0

最初の3作で失敗した部分を丁寧に構築し直して作り上げたような感じの作品。
一番見応えがあった気がします。

ただ、若いチャールズとエリックの顔があまりに違いすぎて…
かっこよくてこれはこれでいいんです
>>続きを読む

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

2.7

まるで響いてこないのはなぜだろう。
ちょっとでも日本文化絡んでくると萎えます。

ストーリー的にはエヴァのような。
それでもこの監督なら面白いに違いないと思い観続けたのですが気がついたらあと残り数十分
>>続きを読む

ファンタスティック・フォー [超能力ユニット](2005年製作の映画)

2.5

ファンタスティックフォーって軽めなコメディなんですね(笑)
話の部類としては、marvelで言えばスパイダーマン寄りかな?

クリスがMCUでキャップ役を射止める事が出来て本当に良かった…

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.5

ウルヴァリンシリーズこれだけ観てなかったので観てみました。
ヒュージャックマンは親日家かと思ってたんですが、やっぱり日本をこんなふうにしか認識できてないのかなと思うと残念。

ウルヴァリンが途端にB級
>>続きを読む

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

3.7

最初から最後まで一貫してシュール。
クラシック音楽の入れ方も斬新で、セリフよりも音楽がストーリーを牽引している。

この映画に理屈など存在しない。
観客に考える隙など与えず、
「そんなことがあるわけな
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ざっとあらすじを読んでからの鑑賞。

この映画での戦場となったハクソー・リッジ(ノコギリ崖)が沖縄にあるとも知らずに観た。

後半のひたすら続く悲惨な戦闘シーン。早く終わってほしい!と願いたくなる。こ
>>続きを読む

ノア 約束の舟(2014年製作の映画)

3.5

どこまで忠実に再現したのか、詳しくないのでわかりませんが、
ノアの箱船については誰でもなんとなく知っている。
ファンタジー物…と解釈して観てみましたが全てを現代の人間界にあてはめるとなかなか奥深く、ノ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

なぜ、エズラミラーについてのレビューがこんなに少ないのかな…
彼がこれからどんな演技を魅せてくれるのか、それが一番楽しみ。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

3.9

80年代に子供だった私にとって、大ヒット映画とその音楽はずーっと記憶に残っています。

それらの制作過程を覗き見ることのできる本作は、貴重な作品。
近所のTSUTAYAに在庫がなかったけど、アマゾンで
>>続きを読む

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.0

若い頃のジェイク・ギレンホールが新鮮。

全体的にゆっくりとストーリーが進んで行くので、よりリアル感があります。
もっと若い頃に観ていたら、父親の心情が全く理解出来なかっただろうな。
子供を持った今だ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.5

全体的にストーリーも役者たちの演技も荒削りな感じですが、それもまた一つの良さかもしれない。

アイルランドが舞台の映画はいつも登場人物が現状に不満を抱いていて、どんよりとした空と共にハッピーなイメージ
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.4

音楽を楽しむための映画ですから、深く考えてはいけない。

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.9

このエピソードがニュースになってたのも覚えていました。
エンディングで本人映像が出ますが、やはりそこで一番グッときます。

映画タイトルの意味は知らなかったので、へーーっ!となりました。

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ちょっと退屈だったかな。

結構な損傷した船で、88年もよくもったなぁ…

ジムが目覚めなかったら、そしてジムがオーロラを起こさなかったら、船は大破し乗客全員死んでいたのでジムが犯した過ちはチャラ、と
>>続きを読む

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

4.0

これは、なかなか深いです。

サイコパスではあるけれど…。
実際に子供を産んだ経験がある女性、母からの愛情を受けてこなかった男性、子育てに不安を抱えている親…
観る側の立場によって捉え方が違うかもしれ
>>続きを読む

ボヴァリー夫人(2014年製作の映画)

2.8

エズラの美しさのみ。
ストーリーにはまったく魅力がありません。
ボヴァリー夫人、純真無垢な女性かと思いきや、ただの世間知らずなわがままお嬢さんでした…

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.1

エズラ・ミラーの魅力にやられます。
もっと早くこの俳優を認識するべきだった…
知らないでジャスティスリーグでフラッシュ姿の彼を観てました。
たぶん、このウォールフラワーに出ていた頃が一番魅力的だったん
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.7

吹き替えで観たので演技力に関してはよくわかりませんでしたが、よくまとまったお話でした。
ただ、始めからこの3人がどうなるのか知った上での鑑賞なので、ストーリー展開のドキドキさはあまりありません。

>|