シュワルツネガ男mark2さんの映画レビュー・感想・評価

シュワルツネガ男mark2

シュワルツネガ男mark2

前のアカウント「シュワルツネガ男」に訳あってログイン出来なくなってしまったので新しいアカウントです。やっちまった。
2018年、650本目標
記録開始は2017年4月〜

映画(364)
ドラマ(0)

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

4.0

ジョン・ワッツまじでいい監督よな。
ラストのパトカーライトの使い方がホンマにすごい。
スパイダーマンホームカミングでもまさに少年が恐ろしい、しかし歴然とした現実、大人に出会い認知してしまった表現として
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ツイッターの駄文より

「女神の見えざる手」
これは凄すぎる。
主人公のリズは勝利への義務のみを負ったロビイスト。
彼女にとっての勝利は「銃規制法案を通すこと」。
まさに今のアメリカが背負う問題。
>>続きを読む

蠱毒 ミートボールマシン(2017年製作の映画)

3.5

ナンセンスな名珍作がまた一つ。
鉄男ほどのインフレは起こらないけど、ビジュアルやノリはそのスピリッツがあった様に思う。

悪趣味な描写の連続でもう頭がクラクラします。
個人的にはショーパブ天獄で変異し
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ひたむきな原作に対してひたむきな姿勢で答えた映画化だと思います。
そりゃ原作のエピソードの密度に対して早足な進行だけれど、芯は外していない。

かるた部の推進力となる綾瀬千早を演じる広瀬すずの千早感た
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

〜ツイッターの駄文より〜

「海街diary」
最の高でございます。
綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの実在感アリアリのスター映画。
長澤まさみの「あー!ビール飲みてぇ」でもう陥落した。

海街
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

5.0

ちょっと待って。
ヤバイって。
これ凄すぎるって!!

マーベルが緻密に、そして大胆に積み上げて来たものを満を持してぶつけて来た。

物語とかに感動というより、この作品をリアルタイム世代で見れたという
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.5

〜ツイッターでの益体も無い感想〜

「007 スカイフォール」
最高!
実は007シリーズに手をつけてなかったのでとりあえずスカイフォールとスペクターから見てそこから遡ろうという自分企画やったけど既に
>>続きを読む

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的邦画トップクラス映画。
友達にとっての自分、自分にとっての友達。
学生時代はふんわりと仲が良かったような気がするけど、今はあまり思い出さないような人っているよね。

例え自分にとって疎遠な相手で
>>続きを読む

ピクサー・ショート・フィルム Vol.2(2013年製作の映画)

4.5

ピクサー怖い(ライムスター宇多丸師匠の真似)。
映像に表すものがあまりにも豊かでクオリティーにクラクラするようなピクサー作品をぎゅっと詰め込み濃縮したような短編集。
個人的に一番すごかったのは「Day
>>続きを読む

ミスミソウ(2017年製作の映画)

4.0

圧巻の白。鮮烈な赤。
とにかく「色」が印象的な一作でした。
そして役者陣のフレッシュさには目をみはるものがありました。
山田杏奈が美しい!!
表情が豊かで色んな生の感情を見せてくれる。目が強い。

>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

3.0

スカヨハがエロかった。
やべぇ、他の事があんまり出てこない。

SF的なディテールはさすが超大バジェット映画という圧巻のものだったけれど、やっぱり杜撰さはよく見えてくる脚本。

攻殻機動隊の実写化とし
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

ゲスで下品で非倫理的。
なのにとても上品な師弟継承作品。
こういう映画が大好きなんだ俺は。

人気キャスターと有力な次期首相とのスキャンダルを向かいのビルからスナイピングよろしく激写するシーンは本当に
>>続きを読む

>|