ぱいじさんの映画レビュー・感想・評価

ぱいじ

ぱいじ

  • List view
  • Grid view

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

バトル&バトル&バトル!…ということで、邦題はあながち悪くないかも知れない。

ドラマ性はまあほぼなし。ハルクがいい感じに頭悪くて面白かった。全体的に暗い感じはなく終始明るいノリなのがgood.ソーシ
>>続きを読む

マイ・フェア・レディ(1964年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

後半、結局つまらんラブロマンスに帰着するんか〜い!前半は面白かったんだけどなあ。フレディがかませってのがどうしても納得いかない。あとオヤジあそこまでフィーチャーする必要ない。てか、ヒギンズを好きになる>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.3

カメラワークやスピード感がアメリに似ている。ユーモラスなブラックコメディ。最小限の説明で予測不能なところへどんどん進むので、途中から結局何をしたいのかややあやふやになった。

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

面白くないよ!笑

尺の使い方と描き方に絶対的な問題がある。たぶんこれはDCの原作を知っている人用の進め方。陰謀が発覚するまでが長すぎる。後半でようやく焦ってキャラの内面を掘り下げたわけだが、形式上済
>>続きを読む

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016年製作の映画)

3.5

2作目でヒーローの和解と終結を描き、一応形にできたことは評価に値する。MCUで言えば、いきなりシビルウォーとアベンジャーズを1本に凝縮した感じ。

難点を挙げると、尺の都合上仕方なかったのかもしれない
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

これはひどい。
評価できるのは旧三部作でローガンの心に暗い影を残したジーンの幻影が今も彼を苦しめている生々しさを描いた点と、ラストに生爪で決着をつけた点のみ。
それ以外はツッコミどころが多すぎて。プロ
>>続きを読む

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

1.8

すごい野暮なレビューします。
カオスすぎてめちゃめちゃ疲れた。ひたすら無意味なエピソードが積み重なって行く。
同じプロットなら、オズの魔法使いの方が文脈が意識されていて断然見やすかった。まあ、20の男
>>続きを読む

シンデレラ(1950年製作の映画)

3.0

60年以上前にあんなよく動くアニメ作るというのはすごい。まさに“animated”(生気を与えられた)という感じがする。

王子が本当にただのアイコンとしてしか機能していないのが意外だった。

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

5.0

めちゃ良い。今までのシリーズを見てきた人にとっては、各キャラの過去が語られるので新鮮な感覚。旧3部作は多くの設定を語らずに終わったので、原作を知らない私にとって本作でようやく知らないことが一気に開けた>>続きを読む

メトロポリス(1926年製作の映画)

4.4

SF✖️階級闘争✖️聖書=メトロポリス。これだけですごいと分かる。

レビューとしてどうかとは思うが、素晴らしい点は散々他でも挙げられており、本当にその通りなので、割愛。

1つだけ難点を言えば、支
>>続きを読む

チェブラーシカ(1969年製作の映画)

4.5

文脈があるのかないのかよく分からない、ほのぼの哀愁人形アニメ。音楽が良い。

しかしなんなんだこの愛らしさと切なさの同居は。純粋な弱者、チェブラーシカ。

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

5.0

完璧。
旧三部作で謎のままだったウルヴァリンの出自を矛盾なく描き切った傑作。彼の宿命とも言うべき孤独感が雰囲気と物語によりしっかり表現されている。旧三部作に登場したキャラや新キャラをふんだんに使い、格
>>続きを読む

めまい(1958年製作の映画)

3.8

ヒッチコック最高傑作にあげる人が多いのも納得の、巧妙な展開としっとりしたラブロマンスがねっとりと融合した作品。ただ、冗長に過ぎる。ラストは唐突すぎて笑ってしまった。あと、元婚約者のあの画家をもっと本筋>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.0

ミュージカルものながらくどくなかったのはよかった。まあ、子供が見るものとしてはいい作品だと思う。フルカラーになるシーンは、時代を考えたら相当すごい。

追記
南の魔女っていた?

アンダーグラウンド(1995年製作の映画)

3.0

途中までプロットが掴めなかった。
wikipediaに「音楽が凄すぎてまともに評価できなかった」というようなことが書いてあるが、まさにそう。まず音楽と絵面が大きすぎるインパクトを残してしまい、話に集中
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

またまた疾走感があり、かつ練られた脚本。ミュータント抗体薬の存在とそれを巡る社会の描き方が、非常に考えさせられるものになっている。ミスティークやローグの無力化やジーンの設定は、前2作までのそれをダイナ>>続きを読む

ハロルドとモード/少年は虹を渡る(1971年製作の映画)

2.8

ハロルドの人生観や過去をもっと描いてほしかった。ラストは騙された。

(1963年製作の映画)

2.6

前半のメロドラマが死ぬほど退屈。後半は噂にたがわぬシュールっぷり。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

かなり練られたいい脚本。等身大のピーターの成長譚を軸にしつつも、随所でアベンジャーズのキャラや世界観が絡んでくるのがgood(特に、「弱い人間にスーツを着る資格がない」からの瓦礫脱出の流れは、アイアン>>続きを読む

U・ボート(1981年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

本格派であることには間違いないが、いかんせん長すぎるわな。ラストは、まるでミストのよう

抵抗(レジスタンス)-死刑囚の手記より-(1956年製作の映画)

3.9

地味ながら、リアルで手に汗握る脱獄モノ。好み。
最後の電線のくだりだけよく分かんなかった

國民の創生(1915年製作の映画)

-

あくまで、私の個人的な考えである。

歴史をどの視点から描くかという選択自体に倫理・道徳的な評価を下すべきではない。したがって本作で奴隷解放直後の混迷を黒人の側ではなく白人の側から描いたこと自体は問題
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

マンティスがドラックスに触れるシーンで思わず涙ぐんだ。よくこれだけ各キャラの出自や人間関係を軸にした物語を作れたものだと感心。前作では感じなかった、本物の家族のようなガーディアンズ。いつまでも幸せでい>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

これはいい映画。
最後まで見た時、邦題の本当の意味が分かる。愛おしい時間って、何でもうまくいってる幸せな時間のことに限定しているんじゃなくて、どんな時間も愛おしいってことなんだね。
それにしても何なん
>>続きを読む

X-MEN2(2003年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

前作から大幅にパワーアップ。少々複雑で面白いく、かつしっかりした脚本。多彩なキャラ。そして、冒頭のナイトクローラーを始めとするスタイリッシュなアクション。かなり面白かった。

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

4.2

良く作り込まれた脚本。ザック・スナイダーということで、アクションもかなりの迫力。シリアスに寄せすぎではあるけど。オリジンとしてはものすごく良くできた作品。

バルカン超特急(1938年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

序盤の登場人物紹介がやや冗長に感じたが、そこが丁寧であった故に、キャラをすぐ識別できたのがgood。そして、そのキャラそれぞれに嘘をつく理由があって面白い。何より、消えるはずのない女性が消えたというテ>>続きを読む

ローラーガールズ・ダイアリー(2009年製作の映画)

2.8

女の子ってメガネとって化粧したら30倍かわいくなるんやなー

って思っただけの映画。

友達に勧められたので観てみたけど…どうしてオススメしたのか、小一時間問い詰めるのが楽しみ。

X-メン(2000年製作の映画)

2.4

うーん、案の定、やっぱ地味だなあ…もっと派手にスタイリッシュな方が良かった。
あと、展開が速すぎてドラマパートが疎かになっていたせいで、たいして感情移入できなかった。B級感がヤバイ。

アメリ(2001年製作の映画)

3.5

思ったよりブラックなラブコメだった。フランスのあの感じが好きな人は好きそう。

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

観ていて何にも感じなかった。まごうことなきクソ映画。
何故、前作のラストを無意味なものにするのか。宿敵ウェスカーと共闘して大量のアンデッド相手に無双する場面を見せてくれるのが筋というものだろう。そのシ
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

-

あー、ラスト30分くらいから訳分からなくなった。大凡の真相はなんとなく把握できた気がするけど、細かいことが全然分からない。ということで批評できる立場にないのでスコアは保留します。今から解説を読むのが楽>>続きを読む

小さな恋のメロディ(1971年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

頭の固い保守的な大人VS反発する子供というステレオタイプな構図に古さを感じざるを得ないが、そこさえ理解できればのめりこめる。一見すると単なる駆け落ち物語だが、語るべき点は多い。同性とのちょっぴり危険な>>続きを読む

>|