かわしまさんの映画レビュー・感想・評価

かわしま

かわしま

映画(122)
ドラマ(0)

The Witch/魔女(2018年製作の映画)

3.8

韓国の俳優はみんな演技うまいなあ。チェウシクとか、パラサイトと比べたときの振り幅がすごい。続編やってほしい。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

2年前に映画館に観に行った。ミュージカルなので、ストーリーは単純。単純だからこそ、音楽と演技だけで観客をこれだけ楽しませることがどれだけすごいことか、よくわかる。ヒュージャックマンがカッコいい。ゼンデ>>続きを読む

コン・エアー(1997年製作の映画)

3.8

これも結構昔に観た作品。この時代のアクション映画はどれもおもろいなあ。悪役の死に方が結構酷くて、すっきりする。

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

3.8

小学生くらいの頃に初めて観た作品。皮膚移植で顔を入れ替えるというアイデアに衝撃。ニコラスケイジ、ジョントラボルタがそれぞれ主役の時と悪役の時のどっちもすごいハマってて、幼い自分は「どっち応援したらよか>>続きを読む

コンジアム(2018年製作の映画)

3.7

ほんまに怖かった。黒目だけになるとこんなに気持ち悪いんか、、、。ホラー映画で初めて鳥肌たった。

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

3.9

父親にはバチがあたったって感じ。子供たちはかわいそう。切ない。

ブレイド(1998年製作の映画)

3.7

こんな映画があったとは。めっちゃ面白かった。

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

3.5

何も考えずに楽しめるけど、逆に言えば特にここが!というポイントがないのも確か。ちょっとヴァンヘルシングみたい。

CUBE(1997年製作の映画)

3.8

特に期待せず観たけど、久しぶりにめっちゃ面白い映画に出会えた。よくこんな設定を思いつくなあ、と思いました。

ソウ(2004年製作の映画)

3.0

うーん、何度観てもあんまり。好みの問題。

セブン(1995年製作の映画)

4.5

何度観たかわかりません。小学生の頃初めて観た時から長らく1番好きな映画でしたが、その後レオンに抜かれてしまいました。でも大好き。

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

4.0

2回目。思えば、初めて観たどんでん返し映画がこれやった。ブラッドピットがカッコいい。

友へ チング(2001年製作の映画)

4.2

ノスタルジックな友情みたいなものに弱い僕は、これで泣きそうになってしまいます。やりきれない。

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.8

めちゃめちゃ元気な日に観ても、観終わったらぐったりしてる。それくらい重い映画。でも観る価値はあります。

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.7

「チン○を離すな!」のところがほんまにおもろかった。下品なのがどうしても苦手という人以外は観ましょう。いいえ、苦手な人も観ましょう。

フレンチ・ラン(2015年製作の映画)

3.5

展開がどうのこうのとか言わずに、頭を空っぽにしてサクッと観るべき作品。若い方のスリの技術がすごい。

ミッション・デブポッシブル!(2018年製作の映画)

3.6

バカ映画。こういうのをクソやと言う人とは仲良くなれません。楽しかったらええんじゃい。

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

3.6

いい話なんやけど、真ん中あたりでそれ以降の展開が予想できてしまう。でもいい話なので、観ましょう。

レオン 完全版(1994年製作の映画)

5.0

自分の中でこれを超える映画はない。一生観続けるであろう作品。

インセプション(2010年製作の映画)

4.7

この映画を100%完全に理解しきれることはないでしょう。

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

4.5

前作同様、観ても良さが理解できなかったのなら、もう少し成長してから観直してほしい作品。そして前作同様、一生観続けるであろう作品に躍り出ました。

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

昔観たことがあったけど、子供の時は良さがわからんかった。人間の恐怖、狂気、公平さ、理不尽さがテーマで、ある程度大人になってから見返すと良さがわかるかも。突然、人生でトップレベルに好きな映画として>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.5

面白かったけど、前半のバットマン誕生までが長すぎてちょっと間延びしたかも。でもその説明がしっかりと次回作に繋がるので、我慢しましょう。

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.0

重く、長い。クソみたいな理由で自分の人生をめちゃくちゃにされた男の末路。でもそれが伝えたいことだと思うので、好みの問題です。

アス(2019年製作の映画)

4.0

ジャケットで結末予想つくからクソっていう評価を観たのですが、このジャケットで結末予想できるなら頭良すぎると思います。

レッド・ライト(2012年製作の映画)

3.1

オチに途中で気付くこともなかったし、オチ自体もなるほど!って感じやのに、なぜかあんまり。どうしてでしょう?

フォーカス(2015年製作の映画)

3.8

スーサイドスクワッドでマーゴットロビーが好きになったので観ました。日本でいうコンフィデンスマンみたいな。何が本当で何が嘘かわからん感じ。

>|