ryodanさんの映画レビュー・感想・評価

ryodan

ryodan

映画鑑賞って、場数を踏むと型や理論に走りがち。でも傑作と呼ばれる作品に巡り会えた時は、必ず型や理論を超越した感動や造り手の思いが伝わってくるもの。理屈じゃないんだな。そんな傑作に何度も何度も巡り会えるから映画はやめられない。

映画(758)
ドラマ(0)

トゥルー・ロマンス(1993年製作の映画)

5.0

T・スコット監督作。
彼の転換期になった作品じゃないかな。映画オタク男子の誕生日の日に、フィジカルもメンタルも最高な女の子と一晩のデートから始まる物語。若き頃のタランティーノ自身の実人生と願望が混じっ
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

5.0

D・フィンチャー監督作品。
J・フォスター主演。
フィンチャー作品の中では、何故か世の中の評価が格段に下がる作品。個人的には大好きな作品。ヒッチコック調のサスペンスに、またまたキレキレの映像。巻き込ま
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.6

期待値が高すぎて少々消化不良。台詞が一切ないという素晴らしいアイディア。美しすぎる映像、リアルな動き。なのにです。観念の問題でしょうか。西欧的な観念。キレイに人間を描きすぎ。美しい自然というのは美しい>>続きを読む

キツネとウサギ(1973年製作の映画)

5.0

素晴らしいです。子供染みた話なのかと思ったら、意外に上手くいかない話が興味深かったです。強そうな動物でも太刀打ち出来ないことを、ごく普通の動物の方がなんなくやってのける。何事にも当てはまる事柄なんです>>続きを読む

話の話(1979年製作の映画)

5.0

何故か「アンダーグラウンド」と「マルホランド・ドライブ」を思い出してしまいました。これも拳で殴られた衝撃。強烈です。たかだか何十分間の映像体験。向こう群は2時間以上に及ぶ超大作。それと同じ衝撃を受けた>>続きを読む

霧の中のハリネズミ/霧につつまれたハリネズミ(1975年製作の映画)

5.0

感嘆とはこういう作品なんでしょうね。監督の美意識が詰め込まれた作品。霧の表現が素晴らしいです。正確にはアニメーションではないのでしょうね。カートゥーンでもない。オルタナってやつなんでしょう。唯一無二。>>続きを読む

ケルジェネツの戦い(1971年製作の映画)

5.0

素晴らしい作品です。
フレスコ画の質感が、そのまま作品の世界観を引き出すそのアイディアに脱帽。一コマ一コマに監督の熱が伝わってきます。賞味十数分の映像ですが、まさに芸術作品と呼ぶに相応しい映像表現でし
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.8

C・セロン主演最新作。

東西冷戦崩壊下のベルリン。MI6とKGBとCIAの騙し合い。情報戦の渦中で、女スパイが活躍する。実際、情報戦に勝ったのは米国。その後の民主化の枠組みを牛耳っていった。表向きは
>>続きを読む

アウトレイジ 最終章(2017年製作の映画)

5.0

「アウトレイジ」シリーズ完結。

北野監督の思いが詰まった作品。今の日本人の生き方に疑問を投げかけたシリーズ。勝つか負けるかの競争原理社会で、己の生き方を貫いてみせた主人公。「2」で、その生きざまの片
>>続きを読む

エイリアン:コヴェナント(2017年製作の映画)

4.7

R・スコット監督作。

「エイリアン」シリーズ最新作。まさかのスコット。彼のSF作の集大成的な映画。長編処女作にして金字塔的な作品の前日譚。人類は何処から来て、何故地獄が始まったのか。「プロメテウス」
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

5.0

2017-09-29

黒澤清監督作。

異色のSF作。単なる黙示録的な破滅を迎える世界を描かず、ラブストーリーを最後の最後で持ってくる、しかもその切なさがたまらなかった。それを長澤まさみさんが見事な
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.4

2017-09-28

是枝祐和監督作。

是枝流のサスペンス映画。役所さんの演技力が爆発。のらりくらりと自供したと思えば、突然「やってない」と言い出したり。周りが翻弄されながら公判は進んでいく。本
>>続きを読む

DARK STAR/H・R・ギーガーの世界(2014年製作の映画)

4.1

2017-09-28

H・R・ギーガーの晩年のドキュメンタリー。「エイリアン」の造形者で一躍世界に名を知られた芸術家。自分もエイリアンの造形で魅了された一人です。他の作品も素晴らしく、エロくてグロ
>>続きを読む

残像(2016年製作の映画)

5.0

2017-07-06

A・ワイダ監督作。
素晴らしい作品。テーマというより作品として。一人の孤高の画家が体制に呑み込まれていく悲劇。なのに主演の演技は素晴らしいし、前半の栄光が失意に変わっていく過
>>続きを読む

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

4.3

2017-04-27

TAKEN三部作。
ようやく完結。最後の作品だけに、予算もついたのか、ハデハデな演出。でも、テイストは90年代の、西海岸犯罪映画。短いカットを多用する今風ではないところが良か
>>続きを読む

背徳の囁き(1989年製作の映画)

4.6

2017-03-16

R・ギア&A・ガルシア主演。
M・フィギス監督作。
悪徳警官シリーズ。今作のギアも、かなりのワル。挑発に乗るガルシアも男前です。短髪のガルシアはこの一回だけ。なかなか貴重です
>>続きを読む

トレーニング デイ(2001年製作の映画)

5.0

2017-02-12

D・ワシントン主演作。
A・フークア監督。
最近メキメキと頭角を現しているフークア監督。骨太なドラマが得意なようです。今作も悪徳警官と新米警官の、スリリングな一日をたっぷり描
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

3.4

2017-02-10

新海誠監督作。
縁あって見ることが出来ました。「君の名は。」は満を持しての制作だったんだなって思いました。新海ワールドがどこまで通用するかの試金石だったのかな。今のアニメ事情
>>続きを読む

ハミングバード(2013年製作の映画)

3.4

2017-02-01

J・ステイサム主演。
S・ナイト脚本兼監督。
この監督さん、「イースタン・プロミス」で脚本を手掛けた人。今作でも、人身売買に触れています。アフガン帰還兵のPTSDに苦しむ主人
>>続きを読む

ザ・コール [緊急通報指令室](2013年製作の映画)

4.6

2017-01-31

H・ベリー主演。
B・アンダーソン監督作。
久しぶりのベリーの主演作。しかもアンダーソン監督作品なんて。公開前にチェックしていたのに、既に公開していたとは。ひっそりと公開して
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

4.8

2017-01-31

E・ホーク主演。
ハインラインが原作だったんですね。シンプルだけどよく出来てます。こういうアイディアを、自分なりに持っていたんですが、とっくに60年代には存在していたとは。ま
>>続きを読む

フライト・ゲーム(2014年製作の映画)

5.0

2017-01-30

L・ニーソン主演。
飛行機の中で起きる密室アクション。密室モノは、何と言ってもキャスティング。ミスリードさせる役が何人もいないと、全く面白くないものに。その点では、これはアタ
>>続きを読む

ギャング・オブ・ニューヨーク(2001年製作の映画)

4.8

2017-01-29

D・D=ルイス主演。
M・スコセッシ監督作品。
ルイスの芝居は神がかってますね。「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」もすごかった。あの何を言っているか分からない訛りが、何とも心地
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

4.6

2017-01-28

O・ストーン監督作。
E・スノーデンの機密情報漏洩事件を追ったドラマ。NSAが世界中の情報を傍受している事件は、記憶に新しい。当時の報道では、NSAの職員と伝えていたので、てっ
>>続きを読む

ゼロ・ダーク・サーティ(2012年製作の映画)

5.0

2017-01-26

K・ビグロー監督作。
ウサマ・ビン・ラディン殺害の経緯を追った、「ハート・ロッカー」に続く、一連の対テロ戦争の物語。今回は、女性CIA分析官の個人的な感情による作戦として設定
>>続きを読む

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.4

2017-01-26

M・スコッセッシ監督最新作。
遠藤周作の「沈黙」の映画化。
80年代に公開された「最後の誘惑」の大コケで、失意の中読んだ本がこれだった。「最後の誘惑」でも、ユダの裏切りを裏切り
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

5.0

2017-01-24

R・スコット監督作。
いまさらながら見ました。劇場でも見たんですけどね、おおかた忘れてました。特にOP、ハトの群れから浮き出るシーンは何度も見逃し、ずっと引っ掛かっていたんで
>>続きを読む

モーガン プロトタイプ L-9(2016年製作の映画)

3.6

2017-01-17

L・スコット監督作。
R・スコットの息子さん。今後の活躍が楽しみな監督さんです。よくある設定に、よくある展開、よくあるどんでん返し。父親の「エイリアン」が公開された当時は、設
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

2017-01-17

新海誠監督作。
世界的にも大ヒットの躍進。計算に計算されつくされた作品。どこまで計算されたかは分からないけれども、数々のヒット作のイイとこどりしたのは間違いないでしょう。「転校
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.2

2017-01-17

T・クルーズ最新作。
前作より人間味溢れるリーチャーになってました。だいぶふっくらしちゃいましたね。もう年齢ですね、体形はもう戻せなかったか。その分、父親像全開のリーチャー、無
>>続きを読む

第七の封印(1956年製作の映画)

5.0

2017-01-07

I・ベルイマン監督作。
面白かった。役者の芝居がすごく現代的でビックリしました。寓話的な話なので、役の役割分担がしっかり分かれていて、そこはハリウッドが継承したやり方でしょう
>>続きを読む

散歩する惑星(2000年製作の映画)

5.0

2017-01-04

R・アンダーソン監督作。
いろいろ考えさせられました。画の中で遊ぶのは、アマチュアの醍醐味。それこそ監督の思いが伝わる手っ取り早い方法で、ギャラの高い俳優を拘束しなくても、少な
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

4.3

2017-01-04

J・P・ジュネ監督作。
この監督さんは、おとぎ話のような話と絵本のような画作りが得意なんですよね。今作も本領発揮で、パリの街並みをジュネ色に塗り替えてました。一秒一秒にまで演出
>>続きを読む

惑星ソラリス(1972年製作の映画)

5.0

2017-01-03

A・タルコフスキー監督作品。
念願かなってタルコフスキー作品。いや難解ですね。SF作品の王道、技術と観念の話。見ていると、ここが現代SF映画の出発点のような気がします。どうし
>>続きを読む

シークレット・オブ・モンスター(2015年製作の映画)

5.0

2016-12-23

ブラディ・コーベット監督長編処女作。
原題は「THE CHILDHOOD OF A LEADER」。
こっちの方が分かりやすいです。第一次世界大戦の戦後処理が行われている、フ
>>続きを読む

>|