安部凌真さんの映画レビュー・感想・評価

安部凌真

安部凌真

俳優志望の上京ぼーい

映画(330)
ドラマ(25)

火花(2017年製作の映画)

3.6

菅田将暉さんのアツいお芝居が凄く好きでした
ノーカットで撮影されていた漫才シーンは胸が熱くなった
真ん中のシーンがちょっと退屈してしまったけどトータルでは面白かったです
エンドロールのキャスト順に愛を
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.7

かっけーな
男は1回見た方がいい
泥臭い男達の話かと思ったら監督のトリックがあちらこちらに隠れてる
集中して本作を見たあと解説、伏線について調べることをオススメします

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

3.3

園子温監督の「嘘のようでホントの」経験を元につくられた作品
いい映画が取れるなら死んでもいい。
そんな野望は若い頃の園子温監督自身なのかも。
自主映画の究極版とも言えるようなこの映画は凄くエネルギッシ
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.6

短めの小説を読んでいるかのような気分になる
絵が綺麗で好き
新海誠監督って新宿上から撮るの好きよな

沈まぬ太陽(2009年製作の映画)

3.2

突っ込んだ映画にこっちまでハラハラした
キャストが強い

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.5

スウェーデン語の映画は初めて見たかも
凄くおしゃれな映像に見とれた
アスペルガー症候群という新しい病気にも出会った
複雑でありながら愛らしいシモンを好きにならない人はいない

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

4.5

いやぁ泣いた泣いた
過去の名曲達がめちゃくちゃ詰まってるし、名作のオマージュシーンには「おお!」ってなった。
ただ、個人的には初期メンのオモチャ達をもっと出して欲しかった。
1番興奮したシーンは「ティ
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.3

暴力、クスリ
これが現実なんだろうな
まだまだ何も変わらないそんなことを感じた。
色の使い方がすごく美しくて、絵になる映画だった

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.3

カントリーロードは日本人にも馴染みのある曲やから凄く心に響いた
マーリンのカントリーロードは泣いたな
ドラッグを肯定してるようにも見えたから、そこはちょっとどうかな
ただ、1作目のあの衝撃には負けたな
>>続きを読む

Diner ダイナー(2019年製作の映画)

4.2

目と耳だけで見る映画じゃない
五感をフルに使わないとこの映画のホントの良さはわからない
蜷川さんの美的センスが芸術センスが凄すぎて快感まで覚えた
話の内容はありがちだが、だからこそいいのかもしれない
>>続きを読む

凪待ち(2019年製作の映画)

3.7

胸くそ悪い映画だった
ギャンブル依存症って怖いね、歯がムズムズした
彼は決して疫病神じゃない。
だからこそ救われるべきだし、ここから先は幸せな人生を歩んで欲しい
リリーさんの件はもう少しちゃんと回収し
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

日本だからこその世界観
妖怪と鎌倉のマッチ感が流石
安藤サクラさんが出てたなんて知らなかった、めちゃくちゃ好きなキャラだった

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

是枝監督作品苦手やのに全然見れた
面白かった
ただ、この家族を語るには120分じゃあ足らん
もっと知りたい部分が沢山あった
池松壮亮さん大好きだけど、この映画に関しては池松さんの名前より先に子役2人の
>>続きを読む

ルビー・スパークス(2012年製作の映画)

3.7

500日のサマーのチームが作っただけあって凄く映像が美しい
そしてルビーがめちゃくちゃ可愛い
ルビーに惚れない男はいない

新聞記者(2019年製作の映画)

-

全然わからん難しすぎて評価もつけられへんわ
役者さんの演技凄いし
スタッフさん達がどれだけリスクを追いながらこの映画を作ったのかがわかった

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

ホラーコメディ
面白かった、ゾンビ映画といえば!ということを象徴するかのような映画
ダメなやつしか出てこやんからムズムズした

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.6

遅ればせながら、恥ずかしながら鑑賞
ミュージカル苦手やけど面白かった、見れた
ただ、強いて言うならここまで色々なコンプレックスを持った人々を出すならそこのドラマをもっと描いて欲しかったなぁ

ふたりの男とひとりの女(2000年製作の映画)

3.7

一人二役すごい
バカを追求すれば商品になるんだと実感
そしてその難しさも実感

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.5

面白かった
ジャック・ニコルソンのシャイニング感ちょっとあったけど笑

アラジン(2019年製作の映画)

3.5

実写化映画は内容知ってるだけあってすごく見やすい
アラビアンナイトのマイナーで動く曲調がたまらなく好き
フレンドライクミーは安定
そしてジャスミン可愛い

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.1

人間は欲多き生物なんだなーと感じた。
あまり好きではない。

チャーリー(1992年製作の映画)

3.7

ロバートダウニーJrがチャップリンにしか見えんかった

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.3

ハン・ヒョジュさんはめちゃくちゃ大変やったやろうなぁ😅
美しい話だけど、ちょっと入り込めない

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.7

ホラー映画とは思えないほどしっかりしたお話だった
ホラー映画でアカデミー賞撮った映画はすごく珍しいから一見の価値あり

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

3.6

ちょーーーーかっこいい映画
男なら見た方がいい。いや、見るべき映画

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

3.2

本物の家族にしか見えなかった
是枝監督独特の嘘の家族との距離感がリアルだった
でもにがてだぁぁぁぁ

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.8

アダム・レビーンにあんなにガッツリ歌わせるのはずるいなぁー
その時点で神映画決定やん

>|