ChronoKampachiさんの映画レビュー・感想・評価

ChronoKampachi

ChronoKampachi

観ているときは伏線が好き、
観終わったときはサントラと曲が
耳に残ってたら
もう好きな映画になりますね…
感想を書きたい映画が多過ぎて
何から書いて良いかわからないw

映画(48)
ドラマ(1)

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

とてもステキな作品です。
事情は違うけどw
うちも複雑な家庭環境だったので
父親へ抱く感情?愛情を
うまく描いてるなぁと。
逆に良い父親の家庭に育った人、
良い父親本人、
良い旦那のいる奥さんは
この
>>続きを読む

ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜(2011年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

大好きな作品です!
エンディングまで悲しさと悔しさが詰まってますが…それもこの作品を良い映画だと感じさせる要因なのかなと。
子供のとき心に抱いていなかったはずのその気持ちはどこから芽生えてしまうのでし
>>続きを読む

アイアン・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

いろんな葛藤がストレートにわかりやすく描かれていていい映画なんだけど、家族より国家優先、兵隊さんを尊敬しましょう的な空気も見え隠れして、それはそれでわかるけど、日本人?にはわからないエゴとナルシシズム>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

弟はともかくとして浮いてた子供たちも結局助からなかったということ?
恐怖心をなくしたことで、it 退治は遂行されたの?それとも一時的に it が退散して逃げたの?
第1章てことは後者ってこと?
なんか
>>続きを読む

ヤングガン2(1988年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

1の純粋な続編というよりは、
1のパラレルワールド的な世界での
アナザーストーリーですね
だからかもしれませんが、
1の青春映画的に描いた
終わり方とは違って、
爺さんの回想録的な構成で
いまいちわか
>>続きを読む

バグダッド・カフェ<ニュー・ディレクターズ・カット版>(1987年製作の映画)

5.0

大好きな作品です。
私の理屈っぽい感想だと
観るというより
眺めて楽しめる
不思議な魅力のある
映画だと思います

地獄でなぜ悪い(2013年製作の映画)

4.5

こちらもマチェーテに通じる
突き抜けて駆け抜ける
おバカな作品です笑笑

星野源の曲が
名曲だと思います。

マチェーテ(2010年製作の映画)

4.5

映画は一方で
こうであるべきかもしれない笑
私は理屈も大好きですけど、
突き抜けて駆け抜ける
こういう作品も大好きです(^^)

アジャストメント(2011年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

運命の書に従ってイレギュラーな動きをする者や道を逸れた人間を正す組織。
携帯の電波が突然悪くなったり、やたら信号が赤だったり、タクシーがつかまらなかったりw
そんな些細な小細工から家族を事故に合わせる
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

それぞれの人物を描ききれてないかんじ…脚本と演出どちらも足りないんだろうけど、そのせいで錦戸くんてこんな棒演技だったっけ?と思えてしまって松田君と全然絡まってなくて話に移入していけなかったし、北村さん>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

いろんな映画の設定をヒントにしてるとは思いますが、単純に面白かったです(^^)
後半の、え〜ーっ!?
それはグロいよ…と
思わせておいての
あ、そっち!?と
思わせておいての
って繰り返しw
制作者側
>>続きを読む

エスター(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

途中までドキドキして観てました。たしかに面白いです。
でも詰めがちょっと…
他のいろんなサスペンスホラーのドキドキ要素を集めて散りばめて前フリ?種を蒔いてるんだけど、すかしが多くて気が散ってしまうのは
>>続きを読む

ダーク・フェアリー(2011年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

個人的にですが、こういう映画がいちばん怖いかもですw
子供の空想、妄想と話を聞いてあげないことで進んでいく展開と、世の東西を問わず、古いお家が持ってるざわざわさせる不気味な空気感がテーマのそれってイヤ
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

怖くもなく、
エッチでもなくw
そして拳銃かよ!という展開w
何も解明されないまま??

歩いてくるから車で逃げろ。
プールに入ってこない。

海を渡って
日本に来れば
大丈夫じゃない?と
笑ってしま
>>続きを読む

チョコレート・ファイター(2008年製作の映画)

1.0

超B級〜グルメ屋台的な
ものすごい惜しい作品かと笑
何か少しずつ足りなくて、
決定的に足りないのは物語w
物語と設定描写が雑w
でもこの女の子の次作は
観てみたいですね(^^)
ジャッキーの映画みたい
>>続きを読む

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

似たような邦題の映画がたくさんあるのでw、まったく期待せずに観ましたが、モーガンフリーマンひとりで終わりまでみせてくれました。隣の母娘たちのそれぞれ気持ちが描き切れてないのが残念でしたね、ちゃんと種を>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんともぶっ飛んだ展開と設定過ぎて、追い詰められる恐怖感が湧かなかったのが正直な感想w
私は面白かったですが、好き嫌いは分かれそう(^^)

完全なる報復(2009年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

正直、弁護士本人や家族の身に何もないのは、皆に迷惑かけたのに自分なりの正義を押し付けるアメリカの映画だなと思う。
同僚を死なせても信念を貫いて何も疑問に抱いてないようにあえて描いてるとすれば、それはそ
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

面白いけど痛々しいw

クロエちゃんが
やっつけるのは
痛快だけど
彼女がやられるシーンや
お父さんが殺されるところは
とくに痛々しく
思えてしまう…

アホな映画と決め込んで
観るぶんには大丈夫かw

ハイド・アンド・シーク/暗闇のかくれんぼ(2005年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

全部のエンディングを
パッケージ版やネットで
観ましたけど、
公開バージョンが
いちばん意味深で
いいんじゃないですかね。

「サイコ」の続編みたいに
大人になったダコタで
十数年後の設定の続編を
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

エンディングを迎えるまで
ずっと心配のドキドキと
ハラハラが続いて
家族ってなんじゃろね?とか
愛情の在り方、考え方は
みんな違うんだなぁとか
いろいろ思って
引きずってしまって
疲れた印象が強い作品
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

-

ソフィアコッポラって
こういう作品を
すっーと描きますよね、
淡々とさっと
時間が過ぎていて、
でも意外といろいろ
揺れ動いてたり
葛藤が詰め込まれてたりしてw

恋人たちの予感(1989年製作の映画)

-

王道の恋愛コメディ笑
ビリークリスタルが最高です。
サントラも好きです。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

プロフェッサーが老衰の痴呆気味で介護され、不老不死と思われたウルバリン自身の肉体にも翳りが…。冒頭から設定が残酷ですw
老眼、老顔、老癌…?
ダークナイトシリーズみたいに悲壮感がべったり絡みついて話が
>>続きを読む

猟奇的な彼女(2001年製作の映画)

-

大好きです。
この映画も
こういう女性もw
オチへの
もっていきかたも
素晴らしい〜!

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

最後が悲しくて残念。
タイトルはそこから
来てるのね、と切なくなる。
でもいい作品です。

怒り(2016年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

やはりそう来たか、
でも面白かったぁ〜!
それが観終わったときの感想w
私は好きです(^^)

8 1/2(1963年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

冒頭のシーンの衝撃に
当時だからリアルに
吊るして飛ばしたの?
すごいなぁと思いつつ、
淡々と長いなぁとよぎり、
でも癖が強くてw
魅入ってしまった作品。

ブルーサンダー(1983年製作の映画)

-

メジャーを狙いつつも
B級感が漂うなかで
ロイ・シャイダーが
いい味出していて、
またサントラが抜群に
カッコいいので
大好きな作品です。
テレビで音効さんが
BGMで使ってたりすると
嬉しくなります
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

-

複雑な気持ちになる作品。
それをわかっていても
観てしまう良さが
ありますけどw

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

-

回想シーンで時間軸が前後、
キャストの視点で出来事の
捉え方が変化しても、
きちんとまとまるのが
タランティーノ作品の
すごいところですよね。

俺物語!!(2015年製作の映画)

-

元気になる映画!
楽しい、笑える、
でも恋心とか友情とか
ウルウル、胸キュンな
心に響くシーンが
たくさんある
大好きな作品です。

>|