SatoshiYokotaさんの映画レビュー・感想・評価

SatoshiYokota

SatoshiYokota

映画(15)
ドラマ(0)

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.7

人生の道標となった映画。
盲目の退役軍人をアルパチーノが、クリスオドネル演じる純粋で真っ直ぐな青年と過ごすNYでの数日間を中心に物語が展開。
経験豊富な大人が若者を助ける映画にも見えるが、傷ついて生き
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.4

私にとっての韓国映画の最高傑作。

少年時代の無邪気な一言を理由に、言葉に尽くせないエグすぎる過酷な試練を背負わせられるオデス。肉体的にも精神的にも極限のレベルまで追い込まれた果てにあるのは、一筋の光
>>続きを読む

レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い(1994年製作の映画)

4.8

多数あるブラピ作品の中で(個人的には)最高峰の映画。
映像、ブラピ、音楽、ストーリー、全てががただただ美しい。お墓の前で涙するプラピの演技は、セブンの最後のシーンやリバーランズスルーイットと名場面を上
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.8

20数年前、学生最後の年に映画館で観て涙をして以来、この映画を見る度、その歳どしに毎回違った感動を与えてくれる。
この映画持つ力強さと普遍性に感服。
次に観た時にどの様な感情を芽生えさせてくれるか楽し
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.9

国や環境は全く違えど、純粋でまっすぐだった子供の頃、常に感じていた不安さともろさをバリージェイキンズ監督が見事に浮かび上がらせてくれた。
幼少期から大人までの期間を、駆け足でなぞるのではなく、ゆっくり
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

前半はバイオレンスシーンが少なく、タランティーノ色抑え気味でしたが、終盤には予想/期待通りはちゃめちゃなシーンが待ってました。
円熟期を迎えたディカプリオの演技は圧巻。50代と思えないプラピの色気もま
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

映画のコンセプトが非常に面白いと思い、かなり期待して観ました。
所見としては、ビートルズという壮大なテーマでありながら、後半は少しチープな恋愛もの映画になっていってしまった感があり少し残念でした。
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.6

サルーが迷子になり見知らぬ街を彷徨うシーン、心が締め付けられます。
子供を持つ親の多くが、自分の子が親を探している状況に置き換えて、映画の中に入り込んでしまったのではないでしょうか。
子供時代のかすか
>>続きを読む

ゾンビランド:ダブルタップ(2019年製作の映画)

3.4

前作ファンの期待を裏切らないポップなゾンビ映画。
テンポよく繰り広げられる会話の面白さ、エグさとコミカルさが同居したゾンビを、痛快に’’タップ’’していく爽快感がまさにストレス発散によかったです。
>>続きを読む