てっぺさんの映画レビュー・感想・評価

てっぺ

てっぺ

浮気モノは嫌い(でも観る)!それでも僕はフェリシティが好き。

映画(233)
ドラマ(0)

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

主人公とヒロイン(?)のスーツ良い…!
主人公は中身もちゃんと悩んで成長するスパイダーマンらしさもあった。
(選択問題のテストで0点を取るという見せ方よかったです)

叔父さんのキャラは何かスッキリし
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

正直全然期待せず観たからか、すっごい面白かった!
ロナンさんの(…え?ウソ……やば。。でも動揺してるのバレるとダサイから平静を装おう…)っていう心の声が聞こえた笑
DBのナメック星編で感じたカタルシス
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.1

主人公がミスターサタンみたいなヒゲのおっさん(20代)って、この時点で日本じゃ通らなそうな企画。
バーフバリ!!バーフバリ!!!

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.0

ヒロイン(とくにプリーツミニスカ)は受け入れられなかったけど、ヴェノムニキは好き笑
荒があってもビジュアル含めたキャラの好感度って本当に大事だなーと改めて痛感。

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

ニートの神様最高w
ガントレットを運ぶシーンで天国と地獄が脳内再生された。だれかMAD()
しかしトムホランドは美女に囲まれてて…(あのシーンは時代というか何というかとにかく)チッ。
アントマン2未見
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

日常のリズムとして自慰が組み込まれてるのは、男でも女でも笑えるし共感する。ゴリゴリのフェチと夢に溢れた素敵な映画。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

終わった瞬間はスッキリしなかったけど、考察見たら考えすぎてた。
ちょっと実際の舞台背景などの知識がないと十二分に楽しめないのは残念だけど、終始不安にさせてくれるので十分楽しめる。
病院のシーンは、病院
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

4.3

わかりやすいし、シンプルに楽しめた。友達のキャラ良き(◜௰◝)笑

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

冒頭眠くなったけど噂通りの面白さでした。
結局すべて終わった後、女優がどうなったのか気になるけど、とりあえず脚と尻ご馳走様でした!!

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.7

2018年のはじめに最高だったし、もし去年ラストに観てたら2017の私的ベストだったと思う。映画館で観て良かった本当に。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ゼロは見れなくはない、サムライは酷すぎて笑うしかない、と来てこのローガン。
ウルヴァリンの中では間違いなく飛び抜けてベスト!
X-MEN版レオンと称されたりしてるけど、ローガンとプロフェッサーの哀愁漂
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.1

これはたしかに面白い!このセンス好きです。予告で冷めたWi-Fiネタもあの流れなら納得。あとなんつってもマントよ。

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

身軽さ(まさにスパイダーマン!)とラストが良かった。けど良くも悪くもコミック臭が強い。

BLAME! ブラム(2017年製作の映画)

4.1

原作愛が強すぎる人は色々気になるとこがありそうだけど、自分は原作のオマケくらいの軽い気持ちで観たので、超よかった!

FAKE(2016年製作の映画)

4.0

面白い、テーマも好き。見所満載。猫やケーキ、豆乳といった小道具が、主人公のキャラを一層引き立てるチャーミングさも最高。それでいて佐村河内さんより、奥さんや新垣さん、ひいては監督の真意までがわからなくな>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

4.1

笑ったw
英雄論を考えさせられる上質な映画でした。
男女偏見な話に終わってないところも良い。

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

3.9

オープニングからかまされた!かなり笑った。レゴムービーとは監督が違うので期待はしてなかったけど、いい意味で裏切られました。
吹替の山ちゃんは言わずもがな、あの芸人さんも全然ダイジョブでした。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.5

セッションと違ってだいぶ共感度高かったんだけど、どうにも腑に落ちないところもあった。

裸足の季節(2015年製作の映画)

4.0

表現にうるさいアホに見せたら逆ギレしそうな映画。

アンフレンデッド(2015年製作の映画)

3.4

アイデアが良いだけに、もっと捻りが欲しかった。欲を言えば。

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.9

クリスマスに親父の目の前で取った行動にシビれる。あそこで終わってもよかったくらい。

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.6

基本的にふざけたノリは好き。
あと、可愛いだけの無能な受付嬢への皮肉らしいけど、受付のキャラもいい!
エンドロール含めて最後の最後まで楽しませようとする制作側のサービス精神に感服。

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

オチがある(けどわかっちゃうかもしれない)と薦められて。
深読みし過ぎてSF展開を予想してたので、逆にオチはわからなかった。それだけに個人的には拍子抜け。
(オートマタの部品や数字に強い女性は伏線とい
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.6

はじまりのうたもそうだったけど、歌に次々音が加わってく演出はシビれる。
うさぎ飼ってるアイツ良い。

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.8

ボーダーラインって題は違う。最初に説明があるんだし、原題のシカリオのままで良かったと思う。
気持ちいい作品ではないではないけど、掴みの強さは凄かったです。一見の価値アリ。

>|