カビゴンさんの映画レビュー・感想・評価

カビゴン

カビゴン

映画(134)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

3.6

T1、T2を意識したシーンもあり、また往年のキャラクターが登場することもあり、ファンへのご褒美とも言える作品。
シュワちゃんにはサングラスをつけて欲しかったなー

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.4

流石レディー・ガガの歌唱力は凄い。あと意外にも演技も良かった。

娼年(2018年製作の映画)

3.0

終始エロシーンに圧倒された感。そのせいであまり頭に内容が入ってこないけど、飽きずに観れた。

HELLO WORLD(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

最後の1秒のどんでん返しについて。
観賞後に解説を読んだところ、どうやら本当に脳死状態になっていたのは、直実の方だったという事らしい。
初見ではそこまで理解できなかったので、もう少し説明が欲しかった。
>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.5

30過ぎの自分が観ると、あかねや慎之介の気持ちに共感してしまった。
過去の自分が思い描いていた将来と今のギャップ、そこからのリスタート。前向きになれる作品。

劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ(2018年製作の映画)

3.6

シティハンターの世代ではないが、昔の作風と現代の新宿が上手く融合している気がした。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

原作が舞台劇だったと思うが、限られたシーンと登場人物で上手く出来ていると思った。

エル ELLE(2016年製作の映画)

2.5

良く分からなかった。残念!
とりあえず変態映画なのだけは分かった。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.9

世間一般的に成功者とされる大人でも完璧な人はいない、それもまた人間らしいのかなと思った。

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

あまり説明がない映画なので、観る人がどう感じるか、感覚で楽しむ作品だと思った。
ただ松岡茉優の演技が凄かった。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

死後、その人の事を知っている人間がいなくなった時に、人間は本当の死を迎える。この考え方は共感できる。
そして、すごく感動した。

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.1

初トゥームレイダー。
アリシアが可愛い。ストーリーはまぁまぁだった。
続編作る気満々な終わり方でした。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.0

キャストは好きだが、内容がいまいち。伏線が回収しきれてないのが一番の不満。
長澤まさみと吉田鋼太郎の二人旅は悪くなかった(笑)

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.6

音楽とカーアクション重視で、その他は雰囲気で楽しむ作品。
その為、何も考えずノリで鑑賞が出来る作品。

マザー!(2017年製作の映画)

3.8

日本人にはしっくりこないと思うが、多くの欧米人が信仰する、宗教に対する挑戦だと思った。
他人を赦す事、困っている人は助ける事。信仰者にとっては当たり前の事を、
どれだけ実現できるのかを観る者に問いかけ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

ちょっと長すぎたかなー。だが相変わらずノリの良い戦闘シーンはスタイリッシュ。
個人的には、チャニングにもっと活躍してもらいたかったので残念。次回作に期待。
某大物アーティストの出演には笑ってしまった。

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

2.8

想像していたのはこれじゃない感が半端ない。見事に裏切られた(笑)。何とも言えない世界観と設定に圧倒されている内に、映画が終わった。

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.8

二重スパイものなので、話に付いていけるか心配だったが何とか理解は出来た。
拷問シーンは、精神的にキツかった...

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.7

根本にあるのは黒人差別。
色んな人の解説、感想を読むと色んな感想があり2回見たくなった。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

ミュージカルものなので、歌が随所に入ってくる。そのクオリティーが高く作品に引き込まれる。ストーリーに期待すると肩透かしを喰らうかも。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

ファンタジー。不思議な世界観で話は進む。愛は国境どころか生物間をも越えた!

去年の冬、きみと別れ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実はみんなが、岩ちゃんの掌で踊らされているのが、途中で分かった(笑)
どんどん先が観たくなったので、エンターテインメントとしては、純粋に楽しめた。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

怒りがトリガーとなって、主要人物に変化が現れる。その変化は人それぞれ様々な形で現れるが、最後にはみんなが一つになっていく。そんな映画。

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.8

才能のある子供にとって何が幸せなのか考えさせられた。
何かを犠牲にしてまで、その才能を伸ばそうとするのは、平凡な人間のエゴなのかもしれない。

ジグソウ:ソウ・レガシー(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

シリーズを重ねるごとに微妙になっていたsawだったが、本作で立て直した感がある。
ただ依然としてジグソーを核としたシナリオにならざるを得ないのは、ファンにとっては嬉しいような、悲しいような複雑な心境。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

3.4

物語の序盤と中盤からで、作品の雰囲気が一変する。内容は悪くないが、現実味に欠けるので、好みは分かれそう。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.6

生きていくなかで、とても大きな失敗や事件が起きると、二度と立ち直ることが出来ないのかもしれない。
心に癒えぬ傷を抱え続けながらも、懸命に生きる。そんな作品。

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.0

画は綺麗でストーリーも嫌いではないのだけれども、過去のジブリ作品の焼き直しというか、新鮮味が感じられなかった。点数は贔屓目に見てこのくらいか。

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

作中では何気ない日常が淡々と描かれる。同じような日々の中に少しの変化(刺激)があり、それが面白い。

多分、内向的なタイプの人間、人間観察が好きな人向けの作品。

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.5

なかなか子供を授かれない産みの親と裕福な育ての親、それぞれの視点でストーリーは進む。

亡くなったドイツ人夫の「赦す」という考え方は、なかなか出来るものではないと思った。

>|