太郎さんさんの映画レビュー・感想・評価

太郎さん

太郎さん

備忘録 since 2017.

[2017]136本

映画(177)
ドラマ(3)

ストーンウォール(2015年製作の映画)

3.9



ストーンウォールの反乱を題材にした映画。

LGBTの歴史を映画を通して知ることができるのはとても貴重だなぁと思う。

まだまだ知らないことが多いけど、
日本だけでなく各国での偏見、差別意識は昔か
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.8

"しのぶれど 色に出でにけり わが恋は
ものや思ふと 人の問ふまで"

高校の時、百人一首があってそれ思い出した〜。

主題歌良き!

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(2015年製作の映画)

3.7



チャーリー・ブラウンという少年の成長物語って印象。
ストーリーはどちらかというだけ大人向けな気がしなくもない。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.4

"鋭い言葉が私を切ろうとしても 洪水を起こして、彼らを溺れさせてやるわ"

ミュージカル映画として観ると、ララランドよりもボクは好き。
キャッチーな楽曲が多くてとても面白かったし感動した。
(即サント
>>続きを読む

サウルの息子(2015年製作の映画)

3.5


独特のカメラワークとアスペクト比はとても良かった。

ゾンダーコマンド。
感情を捨てた主人公。
ホロコースト。

こんな時代があって、こんな人たちがいた事実を知る映画となった。

そんな彼なら捨てちゃえば?(2009年製作の映画)

3.6

"男は好きな女をいじめる"

役者豪華〜

勘違いからの暴走は面白い!笑笑

相手が自分とどんな関係を求めているのか、
距離感を考えるのって
恋だけじゃなく友達でも難しいしなぁ。

インタビュー形式で
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5


知らないことが多すぎて理解に苦しんだので、
また改めて見直したい作品。

撮影方法とかはすごく好きな感じだった。

これをドイツが製作した映画ってのが何とも言えない感じ。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.6

""

気象コントロール衛生とか作っちゃうとか、
もはや、核兵器と同じくらい危険なもんじゃね?って。

気象コントロール衛生がおかしなことなって、地球がヤバイから問題解決にいくよって話。(雑)

兄弟
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

3.7

"でも笑うのはいいんだよ。腹一杯食べて笑ってたら、人間、何とかなるからさ。"

役者の演技が好みで、引き込まれた。
少ない音楽と、シーン毎のカメラワークの違いも状況を際立たせる感じで良かったなぁ、と。

おみおくりの作法(2013年製作の映画)

4.0

"葬儀は死者のためものじゃない。弔う者がなければ不要だ。残された者にしても葬儀や悲しみを知りたいとは限らない。どう思う?"
"そう考えたことは一度も"

とても静かにゆっくりと進んで行く映画だった。
>>続きを読む

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.5

"希望はいいものだよ、たぶん最高のものだ。いいものは決して滅びない。"

語彙力なさすぎて表現できないけど、
凄まじく良かった。

もう一度じっくり見たい作品。

ライフ・イズ・ビューティフル(1998年製作の映画)

4.4

"Buon giorno, principessa"

泣けた。

最初は可笑しな男の破茶滅茶コメディと思って面白おかしく見ていたけど、
グイドの愛する人を思う気持ち、息子を思う気持ちが凄く凄く伝わる
>>続きを読む

ミュージック・オブ・ハート(1999年製作の映画)

3.5

"弾く時に忘れないで ハートを"
"ここで弾くのよ"

先生と生徒の学園ドラマかと思っていたけど、違った。
1人の女性の人生をメインとした物語だったように思う。

これが実話って聞くとすごいなぁと。

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

3.9

"あなたは私に似てるわ。人が何を求め、必要としているかを超え、自分のために決断できる"

「仕方なかった」じゃない、決めるのは自分。
どう進むかは自分が決める。

服装がどんどん変わって行くシーンは見
>>続きを読む

大いなる休暇(2003年製作の映画)

3.6

"お金を拾うことが何より嬉しい"

幸福とは、誇りとは、セックスかな?笑笑

リリイ・シュシュのすべて(2001年製作の映画)

3.6

"あんたがわたしを守ってよ"

見たら「鬱」になりそう。
気持ち悪い感じ。

幼い市原隼人は、美少年すぎるし。
蒼井優は、あどけなさが可愛すぎる。

少年たちに対して大人たちの他人行儀な感じが、またリ
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

3.0

"セックスに愛などいらない。ただ、ハードに犯すだけだ。"

ストックホルム症候群。

クリスチャンがあーなってしまった過去とかあれば、もっとストーリーに入り込めたかなと。
次作があるからだと思うけど、
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.8

"生まれて初めて人から尊敬されたの。"

賢い知識がないからこそ、どストレートに真実を探求しに行く姿がホント格好良かった。
自分にしかできないことがある、やり甲斐を感じるからこそ、
全てをかけてやれる
>>続きを読む

しあわせの隠れ場所(2009年製作の映画)

4.2

"彼が私を変えているの。"

実話かー。実話って泣けるよなー。

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.9

"鳴る神の 少し響みて(とよみて) さし曇り 雨も降らぬか 君を留めむ"

"雷神(なるかみ)の 少し響みて 降らずとも 我は留らむ 妹し留めば"

冒頭の雨と池の美しさ。
ここまで雨を綺麗に描いてる
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.6

"That's a wonderful choice."

鑑賞中、たくさん泣いた。

サムの周りの人たちの暖かさの一方で、現実の世間の目はとても冷たい。

しかし、誰も悪くない。悪い人はいない。
>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

3.4

"僕は運がいい方だとそう考えることにしよう。"

強く言葉にはしないけど、心の中でたくさん悩んで、
それでもライカ犬に比べれば自分はまだマシだ!と言い聞かせ続ける主人公。

映画の雰囲気や音楽、見やす
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.4

"シェフが追求すべきことは味の一貫性ではなく挑戦しつずけることセックスと同じだ。ゴールは同じでも新しくて危険な道を試さないと。"

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

“That’s not a hug. I’m just grabbing the door for you.“

アベンジャーズありきでのストーリーだから、
前作とかに比べるとやはりスパイダーマン自身
>>続きを読む