シバタカさんの映画レビュー・感想・評価

シバタカ

シバタカ

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

4.8

いやぁ、とんでもない映画だったな。どこを評価しようか、マイナスのしようがないくらい素晴らしかった。
『バクマン。』に出会ってマンガ作りとは何かを知れて、マンガの読み方が変わったように、この作品で映画作
>>続きを読む

Mr.ノーバディ(2021年製作の映画)

3.6

泥臭『ジョン・ウィック』
泥臭『96時間』
泥臭『キングスマン』
うん、泥臭かった。

キャラクター(2021年製作の映画)

4.0

日本サスペンス映画を語れるほど見てないけど、本作は今の日本映画の中ではかなり思い切ってるんじゃないか…。あそこまで気持ちよく殺人をする初演技のフカセ凄い。
作品のテーマであるキャラクター、主演の菅田く
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

4.2

これだけのクオリティを維持し続けた製作陣に拍手。圧倒的なアクションとそれを彩る圧倒的実力派揃いの役者。どれをとってもかっこよかった。数年後にまたシリーズまとめて見よっと。

デイアンドナイト(2019年製作の映画)

3.6

哀愁漂う映像はまるで登場人物の感情を映し出しているかのよう。藤井監督はこういう表現が巧みなのかな。
善と悪、正義は各々にあって、それに生きることは間違ってないかもしれないけれど、やり方は間違ってはいけ
>>続きを読む

砕け散るところを見せてあげる(2021年製作の映画)

3.5

人の黒い感情とそれに抗う感情のぐるぐるしたものがちゃんと描かれていた。何かメッセージを伝えたい作品というよりは、描きたいものを映画にしたという感じ。
堤真一の狂気ぶりが笑ってしまうほど怖かった。

マン・オブ・スティール(2013年製作の映画)

3.6

引くほど破壊、あのスーパーマンが一都市をボッコボコにしちゃったよ(戦いの流れで)。
マーベルが比較的ちゃんとしてるのは、現実世界で起こっているということを考慮して、それはどうなの?をちゃんと納得させて
>>続きを読む

ジェントルメン(2019年製作の映画)

4.0

執念深い復讐劇、狡猾な騙し合い、絶妙な比喩の応酬。どれをとっても悪で可笑しなおじさんたちの闘いがかっこよくて熱かった。何より、見事に出し抜かれたのは観ていたこちら側という…

96時間 レクイエム(2015年製作の映画)

3.8

お父ちゃん、お疲れ様。
相変わらずの法外ぶりだけど、家族ためなら仕方ない。友情も忘れちゃいけない。
大暴れ職はジョンウィックに任せて、ゆっくりして下さい。

るろうに剣心 最終章 The Final(2021年製作の映画)

4.1

どうやって撮影しているのかわからないくらい迫力のあるアクションシーン、豪華にも程がある出演者たち、こんなん面白いに決まってる!
個人的興奮ピークはバクマン。コンビの無双。

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

4.0

やっぱり日本アクション映画の最高峰でした。
佐之助よ、最後まで斬馬刀をちゃんと使わなかったな。
何より公開から数年後に佐藤健が青い服、神木くんが赤い服という逆の色で(個人的に)神ジャンプ映画をやること
>>続きを読む

るろうに剣心 京都大火編(2014年製作の映画)

3.9

炎が映るシーンは映画館で見たときは圧巻だったなぁ。福山雅治が出てきたときもかなり興奮した記憶がある。

るろうに剣心(2012年製作の映画)

3.8

いやぁ、久しぶりに見たけど、日本アクション映画としては圧巻だなぁ。佐藤健の運動能力がえげつないことがよくわかる。

96時間 リベンジ(2012年製作の映画)

3.7

正当防衛のために周囲を無茶苦茶にする相変わらずぶり。いい加減お父ちゃんに安息を与えてあげてくれ。

劇場版シグナル 長期未解決事件捜査班(2021年製作の映画)

3.7

映画になっただけあって迫力はドラマの百倍。坂口くんだけがひたすらボロボロになって格闘するのが可哀想でありつつ面白かった。
刑事物らしくハラハラさせる展開で楽しめたし、未来がどうなっていくのかわからない
>>続きを読む

96時間(2008年製作の映画)

4.0

わんこの復讐のために人を殺しまくるジョンウィック、娘の救助のために人を殺しまくるお父ちゃん。うん、通ずるものがある。
いたってシンプルなストーリーなのに、こんなにもハラハラさせるなんて製作陣は天才か。
>>続きを読む

シン・エヴァンゲリオン劇場版(2020年製作の映画)

4.1

今までたくさん見てきた人ほど、今回の終わりは染みるんだろうなと。シンジの成長は、うん、納得できました。いつかアニメ版も見直してもう一度見ます。ひとまず、さようなら、エヴァンゲリオン。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

4.0

相変わらず成長してないな!シンジは!エヴァンゲリオンはノーラン作品と同じで、理解しにくいけどなんだか面白いってところがすごい。次作も楽しみ。
今回の気付きは綾波の部屋番号が僕と同じだったこと。

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

4.0

終盤まで相変わらずのぐじぐじシンジにむしゃくしゃした。けどまぁ最後は無茶苦茶にやってくれたから少しはスッキリ。
大人になりきれない子供の成長を描いているのかもしれないけど、この年代ってもう少し往生際よ
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

3.9

初めてまともに観たけど、ちゃんと面白かった。シンジに対してむしゃくしゃする分のめり込めなかったけど、成長したシンジを見届けられたときは熱中できそうだ。

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

4.1

これも京アニだよなぁ、やっぱり空気感を作り出すのが上手すぎる良すぎる。若さと日本の田舎っていいよなぁ。
俳優陣の声も良すぎて完成された作品。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.0

学年ごとの描写がリアルで驚いた。あほくさいシーンも残忍なシーンも、あの頃はこんなだったなって共感できた。つくづくこういう作品は、人のために残していきたいと思える。
ただ、わざわざ松岡茉優を起用する必要
>>続きを読む

ライアー×ライアー(2021年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

松村北斗というジャニーズを楽しむ映画。展開は何となく想像できてたけど、それでも見応えはスッキリ。作品にどんな意図があるかわからないけど、義理姉弟の結婚も認める社会推奨映画でした。主題歌がいい。

犬鳴村(2020年製作の映画)

1.0

よくわからないのが本音。ホラー映画ってどうやって見たらいいんですか?面白さがわからないし、個人的にはストーリー抜きにしても怖さはなかった。強いて評価すれば、ある人にとっての利益は他人を苦しめることもあ>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

4.5

共感と憧れがぎゅうぎゅうの映画。宣伝にもあったように、誰が見ても自分を重ねられると思う。今の若者の価値観にぴったり過ぎてびっくり。
静岡県民としてはワクワクするシーンもあってよかったな~。

ディストラクション・ベイビーズ(2016年製作の映画)

1.0

今を彩る豪華俳優陣を起用し、演技の幅を見せつけたであろう点だけは評価できるので一点。
それ以外は一貫して胸糞映画。終始暴力と頭の悪さを描いていた。これだから教養の無い人は嫌いなんだ…。飛躍して言うなら
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.0

実写化するならいっそドラマにして欲しかったな、せっかくフジテレビ制作なのに。
映画だから仕方ないけど展開が強引だったなー。良かった点は鬼の姿。原作一話読んだときのあのゾッとした感じを味わえた。
ネトフ
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.0

とても哲学的かつ人間風刺的な作品だった。絵本タッチのデザインが奇妙さを醸し出し、観ていて不思議な感覚に陥った。
もし人間がペットように扱われる側の種族だったら…、そう考えるとゾッとするような作品だった
>>続きを読む

アンダードッグ 後編(2020年製作の映画)

4.3

今年史上最も男臭い日本映画。
映画としてのクオリティは申し分ないし、ボクシングに狂い全てを捧げた男たちの物語は、こちらも熱狂させた。
石崎ひゅーいの主題歌の男臭さも抜群。
森山未來と北村匠海、本物のボ
>>続きを読む

アンダードッグ 前編(2020年製作の映画)

3.9

後編ありきで見ると、ちゃんとキャラクターと物語の土台が描かれていて見応えがあった。泥臭さと男臭さがカッコいい。ハーモニカとアコースティックギターのメロディがあしたのジョーを彷彿とさせた。後編も楽しみ。

きみの瞳(め)が問いかけている(2020年製作の映画)

3.8

罪を背負い過ぎた男と、悲しい過去を抱え視力を失った女性の恋愛物語。華やかさよりも重さをしっかり描いており見ていて辛かった。どうか報われてくれと願わずにはいられない…
横浜流星ののやさぐれつつも尖った姿
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

3.5

ポンポン、バンバン、ガンガン、もう爽快。殺す以外何も無いむちゃくちゃな映画に乾杯。

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編(2020年製作の映画)

4.0

記念すべきフィルマークス評価100作品目。
これだけ流行ってる理由がよくわかる、納得のいく出来だった。映像の迫力はもちろん、声優さんの演技に圧倒された。今まで見た映画史上一番泣いた気がする。それほど感
>>続きを読む

キーパー ある兵士の奇跡(2018年製作の映画)

5.0

前のめりの2時間。感情的なシーンには揺さぶられ、試合のシーンではまるで実際の試合を観ているかのような興奮をした。
この映画はスポーツ、戦争、国家、人種、あらゆる観点から評価できる見事なバランスだと思う
>>続きを読む

さよならテレビ(2019年製作の映画)

3.9

ドキュメンタリーとは。現実、事実を映すとは。ラストの落ちすら事実か虚構かわからない。けれど、メディアとは何か訴える作品であることは確か。メディアに興味がある人は見た方がいい作品。

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

3.1

劇的な展開はない物語だけれど、なんだか見ていられる感じもした。宗教信仰、信じる心は良いものも生み出せば、悪いものも生み出せる。人の心は簡単に翻るし、簡単に闇に染まる。そんなことを知らしめる映画だった。

>|