hoshiさんの映画レビュー・感想・評価

hoshi

hoshi

渇き。(2013年製作の映画)

3.6

おすすめするのと言われればしないし
いい映画帰ると言われればそうではないと思うけれど1回しか見てないのに3年経った今でも詳細を覚えているし
あの狂気的な小松菜奈は印象的で同性の私からしても魅力的で惹か
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.0

美しくて悲しくて
綺麗事だけじゃなくて愛しくて、
観た後に何とも言えない気持ちになる。
2人の演技は本当によかった。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.2

二階堂ふみと染谷将太ってめっちゃ共演してるよねーと思った。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.6

脚色はしてあれど、実話だからこそのリアルで細かいところにじんわり感動ができる。

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

3.8

映画館にて。迫力も演技力も歌唱力も圧倒された記憶がある。
こういう映画ってなんだかすごく知識があって色々感じ取れる人しか評価が難しいようなそんな感じがして
細かいことはよくわかんなかったけど
なんか凄
>>続きを読む

ホーム・アローン(1990年製作の映画)

3.8

小さい時みてめっちゃ笑ったなあと思って大人になってみたら
まあまあ笑えた。
って感じ。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.3

原作もやっぱり最高に面白いんだけど
それを原作のワクワク感そのままに映画で忠実に再現。
私の想像力や読解力では及ばなかった部分を映像として見せてもらった感じ。

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

この辺りから
アレ?松坂桃李ってこんな感じだっけ?
もっとかっこよくないっけ?
っという感想を抱く。

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

3.5

面白かった気がする。
あんまり期待してみなかったからかもしれないけど

舟を編む(2013年製作の映画)

3.8

良かった。
そしてオダギリジョーはかっこいい。

太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男(2011年製作の映画)

3.3

結局自分の考えや信仰などは周りの環境によるものが大きくて当時の日本人のことを当時のアメリカ人は理解ができなくて現代の私もなんで?そんなに?って思ってしまって
でもこの当時の生き方や考え方に敬意を示した
>>続きを読む

>|