しらすさんの映画レビュー・感想・評価

しらす

しらす

成れの果て(2021年製作の映画)

3.0

「佐々木インマイマイン」とか「街の上で」とか、最近大人気の萩原みのりと、「千と千尋の神隠し」の千尋の声でお馴染みの柊瑠美が姉妹というのに惹かれて観た映画。
監督さんはあのカルト映画、「恐怖人形」を撮っ
>>続きを読む

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

物凄く最高!5点満点!!な部分と
ん?これはどうなんだ‥
と首を傾げる部分が
混在してる評価の難しい映画。
まあ、でも映画体験として忘れられない一本であるのは間違いない。
最速上映で鑑賞。
拍手と歓声
>>続きを読む

ドント・ルック・アップ(2021年製作の映画)

5.0

なんだこれ笑
最高だ!
文句なし、圧倒的に面白い。
いや、果たして面白がって良いのだろうか?
と、困る映画でもある。

始まりはアルマゲドンとかディープ・インパクトの様で、緊張感溢れる展開。
そこから
>>続きを読む

浅草キッド(2021年製作の映画)

3.0

何とも評価が難しい映画だ。
悪くない映画‥
でもその分、歯痒い部分も多い。
やはり自分もたけしの大ファンだからだ。

まず柳楽優弥の熱演が素晴らしい。
本当に見事だ。
モノマネのビートたけし、になって
>>続きを読む

マトリックス レザレクションズ(2021年製作の映画)

2.5

前半は非常なメタ的な展開。
というか、続編を作った言い訳を延々と聞かされている感じ。
残念ながら期待してた続編ではなかった。

マトリックス三部作は間違いなく、現代映画のエポックメイキングな作品だし、
>>続きを読む

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

4.0

60年代のイギリス‥!と言えば、やっぱりビートルズで‥くしくも先日、ピージャク版ゲットバックがディズニープラスで配信されたばかり。
最後のルーフトップコンサートの際に、街を行き交う60年代ロンドンガー
>>続きを読む

悪なき殺人(2019年製作の映画)

4.5

歩荷という仕事があります。
山頂とかの山小屋とかに荷物を歩きで届ける仕事。背中に担いで、トラックが通れない険しい山道をひたすら登っていく。
「悪なき殺人」のポスタービジュアルがまさに歩荷で、だけど荷物
>>続きを読む

パワー・オブ・ザ・ドッグ(2021年製作の映画)

4.5

犬の力というタイトルだけど、犬の映画ではありません。
犬も出るけどね。
タイトルの由来は旧約聖書の詩篇から。

 「わが魂を剣から解き放ちたまえ。わが愛を犬の力から解き放ちたまえ」

この詩篇において
>>続きを読む

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

5.0

長年冒頭のボニーはベッドで何をしてるんだ?と、疑問だったのですが、
映画評論家の町山氏があれはマスターベーションしてたんですよ!
という話をされていて‥目から鱗。
賢者タイムでしたか。

アメリカンニ
>>続きを読む

悪人伝(2018年製作の映画)

4.0

悪と悪をもって、
もっと悪い奴を倒す!
イ・ウォンテ監督
マ・ドンソク主演

「悪人伝」

最近、ラブリー要素ばかり推されるマ・ドンソクですが‥今作では久しぶりにマブリーの怖い部分もみれて大満足な一本
>>続きを読む

マリグナント 狂暴な悪夢(2021年製作の映画)

4.5

ゴシックホラーの現代解釈映画‥
と油断してたら、驚きの展開!
ジェームズ・ワン監督

「マグリナント 凶暴な悪夢」

映画を観る喜びに煽れた一本!
楽しかったー‼︎
こういう作品はネタバレ厳禁なので、
>>続きを読む

エターナルズ(2021年製作の映画)

3.5

MCU26作目
歴史的に観るマーベルワールド
クロエ・ジャオ監督

「エターナルズ」

「ノマドランド」「ライダー」のクロエ・ジャオがMCUに!
という事ですでに事件な感じですが、、、
彼女の本来の資
>>続きを読む

アベンジャーズ(2012年製作の映画)

4.0

2010年以降の映画のトレンド
になった重要な一本
MCU6作
ジョス・ウェドン監督

「アベンジャーズ」

当時の広告「日本よこれが映画だ!」にムッとした人も多いでしょう。
正直に言うと、自分も最初
>>続きを読む

ハロウィン KILLS(2021年製作の映画)

3.0

強いぞ!
ブギーマン!
デヴィッド・ゴードン・グリーン監督

「ハロウィン KILLS」

なんだかタイムラインが複雑なハロウィンシリーズ最新作。
これが正史だっていうジョン・カーペンターラインの続編
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

4.0

MCU第5作
ジョー・ジョンストン監督

「キャプテン・アメリカ
   /ザ・ファースト・アベンジャー」

アイアンマンと対をなすヒーローとして、キャプテンアメリカをいかに魅力的に描けるかって、MCU
>>続きを読む

ナイト・オン・ザ・プラネット(1991年製作の映画)

4.5

お金は必要だけど、
重要じゃない
ジム・ジャームッシュ監督

「ナイト・オブ・ザ・プラネット」

ジム・ジャームッシュ レトロステクティブ2021にて鑑賞。
お祭りだー!
好きな映画でしたが勿論、映画
>>続きを読む

回路(2000年製作の映画)

4.0

インターネット黎明期
ノスタルジーに浸れる近過去ムービー
黒沢清監督

「回路」

訳が分からないと
訳が分かるの間にあるような映画。
正直好き。

00年代初頭の空気感が素晴らしい。
重ね着にノース
>>続きを読む

ワイルドバンチ(1969年製作の映画)

4.0

西部劇の神話時代を終わらせた映画。
残ったのは血と暴力と
生々しい人間!
サム・ペキンパー監督

「ワイルド・バンチ」

この映画が西部劇の神話の時代を終わらせた‥と語ったのはジョン・フォードだったか
>>続きを読む

ロード・オブ・ザ・リング/旅の仲間〈スペシャル・エクステンデッド・エディション〉(2001年製作の映画)

5.0

特撮、怪獣映画として観ても楽しい映画!
ピーター・ジャクソン監督

「ロード・オブ・ザ・リングSEE
           /旅の仲間」

もう20年近く、一年に一回は通して観てるだろうロード・オブ・
>>続きを読む

ヒート(1995年製作の映画)

4.0

デニーロとアルパチーノの共演
中盤の市街戦は圧巻
マイケル・マン監督

「ヒート」

Netflixのトップページにクリスの超絶格好いいアクションシーンが!
高速リロードでお馴染みの!
まあ、観るしか
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.0

リドリー版、羅生門!
14世紀から現代に続く法の正義という危うさ。
リドリー・スコット監督

「最後の決闘裁判」

所謂、羅生門スタイル。
というか話は羅生門そのもの。
でも鑑賞後はこれ羅生門とは違う
>>続きを読む

血と砂(1965年製作の映画)

3.5

戦地に聖者の行進が鳴り響く!
岡本喜八監督

「血と砂」

なんだかやたらと岡本喜八監督推しなNetflix。
春日太一さんが前に絶賛してた今作を鑑賞。確かにこれは凄い!

最前線へと送り込まれた少年
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

3.0

若者の引き伸ばされた優雅な時間
を描くのに下北沢という街は絶妙。
今泉力哉監督

「街の上で」

実は今泉力哉監督、初鑑賞。
今乗りに乗ってる監督さんですね。

20代の殆どをフリーターとして過ごして
>>続きを読む

DUNE/デューン 砂の惑星(2020年製作の映画)

3.5

重厚な世界観。
美しいサンドワーム!

「DUNE/デューン 砂の惑星」

DUNE原作が発表されたのが1965年、「指輪物語」とか「かもめのジョナサン」とかと同じく、当時の若者から絶大な支持を集めた
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

3.5

黒沢清最大のラブストーリー?
黒沢清監督

「散歩する侵略者」

なんだか無性に黒沢清作品が観たくなる時ってありますよね。
そろそろ新作情報来ないかな、と。
待ち侘びながら鑑賞。

散歩する侵略者は劇
>>続きを読む

由宇子の天秤(2020年製作の映画)

5.0

真実に光を当てる

春本雄二郎監督

「由宇子の天秤」

いや、これはとんでもない映画だ。
春本監督、長編2作目の映画なんですね。
間違いなく今後の日本映画をリードしていく人でしょうね。

ドキュメン
>>続きを読む

ホドロフスキーのDUNE(2013年製作の映画)

4.5

私の決断にはYESしかない!
DUNEが予算がつかず、制作中止?
もちろん‥イエスだ!!
映画史における重大事件。

「ホドロフスキーのDUNE」

ドゥニさんのDUNE公開される前に、これは復習しと
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

狂ってるのはこの男か世の中か。
西川美和監督
役所広司主演

「すばらしき世界」

ヤクザと家族と同時期に公開されていましたね。
なんとなく映画館でスルーしてしまっていた今作をU_NEXTで鑑賞。
>>続きを読む

ビースト・オブ・ノー・ネーション(2015年製作の映画)

4.0

フクナガ監督の原点。
少年兵は如何にして生まれるのか。
キャリー・ジョージ・フクナガ監督

「ビースト・オブ・ノー・ネーション」

ついに、キャリー・ジョージ・フクナガが大作映画デビューしたぞー!と言
>>続きを読む

セルピコ(1973年製作の映画)

4.0

ヒッピーで正義感溢れる警官で‥
複雑なヒーローを
アルパチーノが熱演!
シドニー・ルメット監督

「セルピコ」

ヒッピーの格好は社会に馴染み潜入捜査に役立つんだ。と言うセルピコ。
なるほど‥
ってそ
>>続きを読む

砂の器(1974年製作の映画)

3.5

橋本忍さんの脚本術にうなる
日本を代表するミステリー映画
野村芳太郎監督
橋本忍脚本

「砂の器」

橋本忍さんのドキュメンタリーを観た記念で。
映画における脚本の力って、判断が難しいですが‥
そもそ
>>続きを読む

BLUE/ブルー(2021年製作の映画)

4.0

こんなに弱い主人公のボクシング映画って過去あっただろうか?
人生における敗北とは‥!
吉田恵輔監督
松山ケンイチ主演

「BLUE/ブルー」

近年絶好調の吉田監督オリジナル脚本。
映画館にも観に行き
>>続きを読む

007/ノー・タイム・トゥ・ダイ(2019年製作の映画)

4.0

ダニエルボンドでしか描けなかった007!
ジェームズ・ボンドというひとつの時代の区切り!
キャリー・ジョージ・フクナガ監督
ダニエル・グレイグ主演

「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」

初見をドル
>>続きを読む

007 スペクター(2015年製作の映画)

3.5

なんだか過去を掘り返される
ダニエルボンド!
サム・メンデス監督

「007 スペクター」

いよいよ本日、6年振りの007新作です!
というわけで、前作を鑑賞。
スカイフォールが革新的な傑作だったた
>>続きを読む

007 スカイフォール(2012年製作の映画)

4.5

ジェームズ・ボンドは何度も復活する!
新時代の007の開幕宣言!
シンメントリーな美しい画面で繰り広げられるボンドアクション!
サム・メンデス監督

「007 スカイフォール」

ついにノータイムトゥ
>>続きを読む

空白(2021年製作の映画)

4.5

空白というタイトルの意味。
古田新太の忘れ難い怪演!
吉田恵輔監督

「空白」

過去の吉田恵輔監督作品としては、犬猿の路線に近いかな、と思います。
愛しのアイリーンやヒメアノ〜ルの様な直接的なバイオ
>>続きを読む

>|