亘さんの映画レビュー・感想・評価

亘

トムボーイ(2011年製作の映画)

3.7

【"自分"でいられた時間】
ロールは短髪でいつも半袖短パンでアクティブな少女。新学年を前に少女ロールは家族と共に新しい町へと引っ越す。元々男の子と遊ぶことの多かったロールは、町で初めて出会った少女リザ
>>続きを読む

ホロコーストの罪人(2020年製作の映画)

3.8

【国に裏切られた者たち】
ブラウデ家はナチスの迫害から逃れノルウェーで暮らしていた。しかしある時警察が突然逮捕状を突きつけ男たちは収容所へと送られる。その後の1942年11月。ノルウェーの秘密警察はユ
>>続きを読む

オスロ、8月31日(2011年製作の映画)

3.8

【取り戻せない希望】
アンデシュは、元麻薬中毒患者。更生施設での滞在を終えて就職しようとしていた。面接の日、彼は久しぶりに街に出て友人や元恋人を訪ね歩く。しかしそのうちに嫌でも彼と世間の間にの差を感じ
>>続きを読む

ジョルダーニ家の人々(2010年製作の映画)

4.3

【愛の崩壊と再構築】
ローマに住むジョルダーニ家は不自由のない幸せな家庭だったが、末っ子ロレンツォの死からその歯車は狂い始める。しかし一度崩れた家族は新しい風を取り込みながら新たな愛を築き始める。
>>続きを読む

風が吹くまま(1999年製作の映画)

4.1

【人生への畏敬】
イラン北東部の村。TVディレクターのベザードはクルーを連れ、この地域の葬式を取材に来る。高齢の老婆がもうすぐ亡くなると見込んでいたがその時は来ずクルーたちは帰り始めてしまう。

山間
>>続きを読む

10話(2002年製作の映画)

4.1

【準プライベート空間】
テヘラン。夫との離婚を控えた女性が息子アミンや妹、通りすがりの老婆を助手席に乗せる。その会話シーン10編を集めた作品。話の内容は教育や宗教さらには愛に及び、彼女自身にも影響を与
>>続きを読む

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.3

【確かに存在する世界】
レバノンの首都ベイルート。少年ゼインは自分の両親を「自分を生んだ罪」で訴える。全国の注目を集める裁判。そこで"存在しない"ゼインの境遇が明かされる。

「ぼくを産んだ罪」で両親
>>続きを読む

象は静かに座っている(2018年製作の映画)

4.2

【無関心】
中国北部石家荘市。炭鉱業がさびれた寒々しい町で、4人の男女が普段通りの憂鬱な朝を迎えていた。しかしその日起きた事件から彼らは町を出ることを決意する。

閉塞感漂う中国北部の都市を舞台に社会
>>続きを読む

少年の君(2019年製作の映画)

3.8

【まだ若い君】
中国の地方都市。進学校に通うニェンはいじめを苦に自殺した同級生のかわりにいじめの標的になってしまう。そんな時不良少年シャオベイを救ったことから彼に助けを求めることになる。次第にシャオベ
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

3.8

【飲むか飲まれるか】
高校の歴史教師マーティンは、仕事でも家庭でもうまく行かない毎日を過ごしていた。ある日同僚のニコライから適度な血中アルコール濃度を保つことを提案される。それから彼の人生は変わり始め
>>続きを読む

最後にして最初の人類(2020年製作の映画)

3.5

【壮大な体験型アート】
辛抱強く聞いてくださいー人類が絶滅してしまうかもしれない。そんな20億年先から1人の女性が必死に現在の人類に助けを求める。彼女が語るのは壮大な物語だった。

アイスランドの音楽
>>続きを読む

読まれなかった小説(2018年製作の映画)

3.8

【Like father, like son】
作家志望のシナンは大学を卒業し、故郷に帰る。彼は教員試験を控えているが、小説の出版を控えていて勉強に身が入らない状態だった。一方実家ではギャンブル好きで
>>続きを読む

雪の轍(2014年製作の映画)

4.4

【人は互いに寄り添えるのか】
トルコ・カッパドキア。ホテルを営むアイドゥンは、裕福で教養もあり悠々と暮らしていた。しかしとある家族の家賃滞納から彼と周囲との間の溝があらわになる。

雪深いトルコ山間部
>>続きを読む

ニーチェの馬(2011年製作の映画)

4.5

【繰り返す虚無】
暴風吹き荒れる荒野にポツンと立つ一軒家。右腕の麻痺した農夫とその娘が暮らしていた。娯楽はなく食事はゆでたジャガイモだけ。そんな寂しい暮らしを続ける2人の前に外来者・水不足などさらなる
>>続きを読む

夏時間(2019年製作の映画)

3.9

【"大人"へのステップ】
少女オクジュは父と弟ドンジュと共に夏休みの間祖父の家に滞在する。そこで叔母も一緒に過ごし様々な家族の問題に直面する。そして彼女自身も他人との関係の在り方を学ぶのだった。

>>続きを読む

ヤーバ(1989年製作の映画)

3.6

【"魔女"との対面】
西アフリカ・ブルキナファソのとある村。この村には"魔女"と呼ばれて虐げられた老婆がいた。少年ビランは親友の少女ノポコと遊んだときに"魔女"と遭遇したことをきっかけに「ヤーバ(おば
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

4.3

【失われゆく自分】
ロンドンで暮らすアンソニーの元を娘アンが訪れる。彼女は恋人と暮らすため、パリに発つのだという。しかしその後アンの夫だと名乗る男ポールが現れ、さらには別人女性がアンを名乗り現れる。彼
>>続きを読む

恐怖分子(1986年製作の映画)

4.0

【すれ違い続ける人々】
台北に暮らす医師リーチュンは突然妻イーフェンから別居を申し出される。一方若い写真家シャオチュンは負傷した元彼女を救い復縁を狙うが振り切られる。それぞれの人生がすれ違い数奇な運命
>>続きを読む

イラン式料理本(2010年製作の映画)

3.7

【料理を担わされた女性たち】
世代の異なる6人の女性たちが家庭料理を作りながら自らの考えをカメラに語る。料理へのこだわりに苦労話、イラン社会への不満。イランの台所を映しながらイラン社会と慣習への疑問と
>>続きを読む

おばあちゃんの家(2002年製作の映画)

4.1

【1人では生きていけないから】
ソウルに住む小学生サンウは、山奥に住む祖母の家に1人預けられることになる。自己中でゲーム好きのサンウは、口のきけない祖母に暴言を吐いたりわがまま放題だが数々の事件から徐
>>続きを読む

あなたの不幸はわたしの幸せ(2017年製作の映画)

3.8

【仁義なき面接】
フランチェスカは求職活動に苦戦しつつバーのバイトで生活していた。なんとしても入りたい企業の面接の前日の閉店間際、1人の男マルコが店にやってくる。その翌日彼女は面接に寝坊し、ある真実を
>>続きを読む

ハッピー・オールド・イヤー(2019年製作の映画)

3.8

【清算するもの/しないもの】
タイ・バンコク。デザイナーのジーンは、自分のオフィスを整備するにあたり物を断捨離しようとする。彼女はスウェーデン留学でミニマリズムに影響を受け、無駄なものを捨てようと決め
>>続きを読む

ビフォア・ザ・レイン(1994年製作の映画)

4.0

【止まない雨】
マケドニア(現・北マケドニア)の修道院。沈黙の行を続ける若い修道士キリルの元にアルバニア人の少女ザミラが逃げてくる。ロンドンでは北マケドニア人の写真家アレックスが愛人アンに北マケドニア
>>続きを読む

ジプシーのとき(1989年製作の映画)

3.7

【戻れない時間】
ユーゴスラビアの田舎町。少年ベルハンは祖母や叔父、足の悪い妹ダニラ、ペットの七面鳥と共に暮らしていた。彼は少女アズラとの結婚を望んでいたがその親から反対されていた。ある日妹ダニラの足
>>続きを読む

堕ちた希望(2018年製作の映画)

3.6

【守りたい希望】
ナポリ近郊の貧民街。マリアは闇組織の一員として売春と人身売買を行っていた。売春で生まれた子供を売り飛ばすために、妊娠40週目の女性を隔離するのが彼女の業務。しかしある日彼女自身の妊娠
>>続きを読む

マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985年製作の映画)

4.0

【悲しみの捉え方】
少年イングマルは大好きな母親と犬のシッカン、そして意地悪な兄と暮らしていた。しかし母親の病気が悪化すると田舎の親戚の家に1人預けられる。辛いことがあると彼は不遇な運命をたどったソ連
>>続きを読む

Whale Valley(英題)(2013年製作の映画)

3.9

【辛さを打ち明けること】
アイスランドの田舎町。幼いイヴァルは、自殺願望を持つ兄アイナルを常に気にかけていた。しかし住民が少ない町には閉塞感が漂い続ける。しかしある事件からアイナルは自らの辛さに向き合
>>続きを読む

憎しみ(1995年製作の映画)

4.0

【最悪の着地】
パリ郊外の町。ヴィンス、サイード、ユーベルの3人若者は日々に退屈しながら暮らしていた。警官による移民の若者アブデルへの暴行に対し、パリで暴動が起こるとその翌日警官の拳銃を発見、そしてパ
>>続きを読む

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016年製作の映画)

3.8

【勝敗より大切なもの】
1962年フィンランド。田舎町コッコラのパン屋でプロボクサーとしても活躍するオリ・マキは、アメリカ人世界チャンピオンのデビー・ムーアとのタイトル戦が決まる。フィンランド中が注目
>>続きを読む

天使の入江(1963年製作の映画)

3.7

【ツキを待つ2人】
気弱で銀行員ジャンは同僚の付き合いで行ったカジノで大儲けする。これに気を良くしたジャンは厳格な父親から逃れてさらなる儲けを求めて南仏ニースへのカジノ旅行へと向かう。そこで彼はギャン
>>続きを読む

ザ・ホワイトタイガー(2021年製作の映画)

3.7

【光の国の闇】
インド・バンガロール。一人の男が中国の首相に向けて手紙を書く。そこで彼は殺人犯であることを明かすとともにいかにして成功したか語り始める。

ブッカー賞を受賞した小説が原作で、「インド版
>>続きを読む

The Recorder Exam(英題)(2011年製作の映画)

3.7

【小さな世界での違和感】
1988年ソウルオリンピックさなかのソウル。小学生ウニは音楽の授業のリコーダーの試験があることを知るが兄のおさがりの古いリコーダーでは音が悪い。思うように練習できない中ついに
>>続きを読む

Nimic(原題)(2019年製作の映画)

4.2

【自分たる所以とは】
ある日チェリストの男が女に時間を訪ねると同じ質問を返される。そこから女は男の言動をコピーしはじめ男の生活に入り込む。

ヨルゴス・ランティモス監督による12分の短編。描いているテ
>>続きを読む

Sangailes vasara(原題)(2015年製作の映画)

4.0

【翼をくれた人】
サンガイレは曲芸飛行に惹かれつつも、高いところが苦手で自己肯定感の低い少女だった。ある日別荘のある湖畔の町でデザイナー志望の明るい少女アウステに会う。何度か会ううちに2人は惹かれ合う
>>続きを読む

アンコントロール(2020年製作の映画)

4.0

【弱き者たちの怒り】
コペンハーゲン郊外。イェンスはベテラン警官マイクと巡回にあたり移民の多く暮らすゲットー(デンマーク政府が指定する低所得者や移民向けの団地・アパートの呼称)を訪れる。折しもとあるア
>>続きを読む

アダムズ・アップル(2005年製作の映画)

3.8

【信心】
デンマークの田舎町の教会に出所したネオナチのアダムがやってくる。ひょんなことからアダムは庭の木でアップルケーキを作ることになるが、ふりかかる災難と変わり者の人々によりアダムの計画はことごとく
>>続きを読む

>|