せきもとさんの映画レビュー・感想・評価

せきもと

せきもと

映画はエンタメ(笑って泣けて驚けると最高)
どのジャンルでも楽しく見ていきたい
評価は今のところ0.5刻み
5.0は想像を超えた良さ
4.5はこれこれ!!って感じ
4.0は良い
3.5は普通に良い
3.0はまぁよい
2.5はうーん
2.0はうーん…
という感じの印象です

映画(425)
ドラマ(3)

Vision(2017年製作の映画)

2.0

画は綺麗、話は雑
これは前衛芸術として認められません。
言語を使った芸術なら論理的に整合性がないとだめだよこの飛躍は雑なだけ
エレメンツ

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

音楽が印象的で綺麗なシーンもいくつかある

自意識の肥大化
子供
母性
やるせなさ
主体性

映画の中では敵は脅威ではない(むしろ紙)けれど圧倒的に不穏
主人公は少年のようでありながらも人を殺すことを
>>続きを読む

上海から来た女(1947年製作の映画)

-

燃えよドラゴンのミラールームバトルの源流らしいよ

リヴィッド(2011年製作の映画)

-

怖いしグロい
でも綺麗でどこか幻想的
ハロウィンとバレリーナ衣装でどちらも顔が隠れてるってのが良いね

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.0

尊い!!!!!!!!
『響けユーフォニアム』の続編にあたる京アニ映画
さすがのクオリティです。絵本の世界観をタッチ変えて表すのとか、回想部分や青い鳥の表現は本当に良い。絵本キャラに子役を当てたのは正直
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

傷で繋がる家族の話
初めて映画館で邦画の名作見た(?)
松岡茉優曰く"絶望的な演技力"を持つ安藤サクラの力がね
素材から調理から圧倒的でした


全編を通して「愛」という概念が欠落していた。
利害関係
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

3.5

AKIRAの元ネタ(といわれている)
鼻血と超能力
美術と特殊メイクがグロい

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.0

ジェシーアイゼンバーグが好きで見た
アスペイキリオタク

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

さすがのヒットメーカーだよなぁ()
シャイニングの予習は必須
あとはいろんな映画とかネタを知っておけばより楽しめるオタクのためのエンタメ映画

映像の圧力、エンタメパワーですよ
いろんなの出るたびにや
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.0

東映ヤクザ路線なんだろうけど白石和彌のむごさがあってよい
かっこいい後半は特にかっこいい
かっけえええ

仁義とか親子愛みたいなのの実体を警察とカタギに負わせたのは上手いと思った
死体と生首と殺しと殴
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

4.0

映画作んの上手すぎかよ
情報量多くてカットの繋ぎがスムーズさつ繋げ方に意味を持たせている
伏線的な小道具を散りばめるのがめちゃめちゃ上手
最後に何層も連なるところはさすが
カット数を増やすことでスピー
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.9

単純なキャラクターと端的な関係が淡白な言葉をつたって深く一点に突き刺さる
強いパンチ力の映画
全体を見ると一見複雑なようだけれど最小単位を最小公倍数で掛け合わせている(?)ために非常に読み取りやすい。
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.0

めちゃめちゃおもろいやん
ネタとしてな

平次はかっこいい

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.5

こんなに映画館で充足した気分になるのは珍しい
とってもバランスがいい映画
政治や経済を絡めつつ武力なしで自由を確保する痛快な逆転劇

1950-70年代のアメリカを舞台にした実話に基づく映画なのでごり
>>続きを読む

ゲームオーバー!(2018年製作の映画)

4.0

最高のバカ映画
さすがのNetflixクオリティ
グロさもある

アウトサイダー(2018年製作の映画)

4.0

外人ヤクザ映画
映像がカッコよすぎ痺れる
役者も素晴らしいっすね
もう刀は外人の方が似合うんかねぇ

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

アクションだと思ってたし主人公無双だと思ってた
普通に良く出来たスパイものだった

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

やっとみた
最後素直に拍手しそうになった
ジャーナリズム的な感じを感じる

あなたの旅立ち、綴ります(2016年製作の映画)

4.0

僕がめちゃくちゃ涙脆くなってるのか良い映画が続いてるのかわからないけど感情の持ってき方がうまいのは確か
「何かではある、人はみんな何かにはなる」
出会いは作用

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.5

クオリティ高い
アニメを見慣れてるから画面にいるほとんどのキャラが動くのはやっぱすごいなってなる、しかも人形で

物語もコンパクトながらメッセージの詰まった考えさせられるもの
シモンがいいキャラしてる
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

4.5

超おすすめ
泣ける
めちゃくちゃ動くし背景美術と世界観がきちんとアニメーションに詰まっていてよかった
物語もアニメ向きで良い
絶対泣くやんこれーつってみて思った以上に泣いた
主役の声優花澤香菜だと思っ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.0

楽しい
実在する人なのかPTバーナム
最初から飛ばしまくりでいつストレスフルな展開が来るのかと思ってあんまり落ち着いて見れなかったけどむちゃくちゃ楽しかった

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.0

人間味と駄々こねるのとは違くない?なんかキャラクターがズレてるんだよなぁお話がどうこうとは別で
ここで終わっとけよ?ってとこで終わったから良い

悪女/AKUJO(2017年製作の映画)

3.5

あんまり他では見ないようなアクションばかりで激アツ
ナイフ、バイク、セルフハイロー林遣都で役満
シーンのつなぎがオシャレ、特に最初の視点変更は良い
一人称視点アクションからの鏡、三人称、大立ち回りそし
>>続きを読む

赤色彗星倶楽部(2017年製作の映画)

3.0

エモの極み
学生映画とは思えないっすね
早稲田の映画サークルってすげぇんだな!!

スリープレス・ナイト(2017年製作の映画)

3.5

おもろい
主人公が強いアクションは結構好き
サイズ感もよいです
who am Iの監督

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.5

川栄とかDAIGOとかの脇役がよかった
長澤まさみがタバコ吸ってた
物語は単純につまんなかったです。
色々嫌いな部分があった、長澤まさみもうぜぇし

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

好きなタイプの映画ではなかった
メンヘラやんけこいつやばいなぁ笑
本物のメンヘラじゃんか
こいつやばいタイプのメンヘラなんじゃね?
やべぇ奴だった
って感じ

バンク・ジョブ(2008年製作の映画)

3.5

実話に基づく犯罪映画でこんなに面白いのあんのかって感じ
素人にしては強すぎるソン・ステイサムが主演

鑑定士と顔のない依頼人(2013年製作の映画)

-

可哀想です
動機とかもうちょっとちゃんとあっても良かったんじゃないの
事件要素の感情移入むず
窃視

ヒットマンズ・ボディガード(2017年製作の映画)

4.0

おもしれええぇぇ
こりゃ面白いわ
NetflixオリジナルっつうことなんでみんなNetflixにはいるように

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

1.0

0点って付けられないんですか?
クソ映画だった
これで救いがどうのこうの言ってる奴は頭いかれてんのか??

この詩人を支持するのも全部ネタでやってて踊らされる現代人を嘲笑ってんなら現代アートみたいでい
>>続きを読む

>|