amaさんの映画レビュー・感想・評価

ama

ama

映画(97)
ドラマ(6)

ハミングバード(2013年製作の映画)

3.0

あらすじを見た時点では、戦争映画かアクションがメインの作品だと思っていて、まためちゃくちゃに暴れ回る強いジョン・ステイサムが見れるわけですね、と思っていたのですが。
しっとりステイサムでしたね(ただ強
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

-

ストーリーに関しては2.8くらい。
でもキャストと歌とダンスの素晴らしさは文句なしの5.0!!!それゆえにスコア付けが難しいです。

差別的な描写に関しては、同じミュージカル映画ならヘアスプレーの方が
>>続きを読む

バトルフロント(2013年製作の映画)

3.4

とにかくジェイソン・ステイサムがめちゃくちゃ強い映画。

もはや強さが圧倒的すぎて面白い。
そしてその他悪役がとにかく雑魚。登場時点で漂う雑魚臭。
力の差が圧倒的すぎて、何度かピンチらしき状況には陥る
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

3.7

ざっくりと青春映画、という前知識は入れてからの鑑賞。
前半は、よくあるナードな主人公が一風変わったキラキラした仲間と出会って自分自身が変わっていく、みたいな話かなーと思って少し退屈さも感じてはいたけど
>>続きを読む

グランド・イリュージョン(2013年製作の映画)

4.0

マジシャンVS FBI !!そしてその裏にある大きな組織。
規模がでっかいルパンVS銭形警部のような雰囲気ありますね。(そういえばアルマはインターポールの捜査官だった)

作品の中でのショーが3部構成
>>続きを読む

セイフ ヘイヴン(2013年製作の映画)

3.8

話の内容的には、目新しいストーリーでも無いし、よくある展開なのかもしれない。
それでもずっと画面から目が離せなくて、鑑賞後は素直に面白かったと思える満足感があった。

それは、アメリカ南部の小さな港町
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.8

ストーリー自体は有りがちと言えば有りがち。でも演出で一気に恋に落としてくる映画。
ニューヨークの街を音楽スタジオに!ていう発想がもう好き。

主人公の恋人役が、マルーン5のアダム・レヴィーン。ライブシ
>>続きを読む

僕はラジオ(2003年製作の映画)

4.0

アメフト部のコーチと、ショッピングカートを押しながら散歩をする事が日課の知的障害を持つ青年の友情を描いた実話を基にした映画。

“ラジオ”が笑うと頬が緩むし、“ラジオ”が悲しむと涙が出る。ラジオの感情
>>続きを読む

アナコンダ(1997年製作の映画)

3.2

元祖動物系パニック映画です!

ブレイク前の、若きジェニファー・ロペス主演。
撮影団vsアナコンダ。そしてvs密猟者。
ジョン・ヴォイト演じるサローンがジワジワ豹変していく様は圧巻です!最後のアレは…
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.8

かなり独特な環境下の兄弟姉妹の関係性を描いた作品。
お互いの存在が煩わしくて、大嫌いなんだけど無意識の愛情は抱いていて、ラストに向かうにつれてグッチャグチャ。俳優さん達の感情的な演技に飲み込まれそうに
>>続きを読む

リンカーン弁護士(2011年製作の映画)

3.4

高級車の後部座席をオフィスにしている、お金が大好きなちょい悪弁護士が主人公の司法サスペンス映画。
実は悪い弁護士?と思いきや意外と人情派のミックさん。

アメリカの司法制度がよく分からないので(かと言
>>続きを読む

メリダとおそろしの森(2012年製作の映画)

3.4

王女様主人公にも関わらず恋愛要素が3%くらいしかないという稀な作品。
母と娘の親子愛がテーマなので、母の日に親子で楽しめる映画じゃないでしょうか。

それにしても、1本1本形状が違うメリダの髪の毛のク
>>続きを読む

メリー・ポピンズ リターンズ(2018年製作の映画)

3.7

前作の世界から20年後、色彩豊かに現代に蘇ったメリーポピンズ!

旧作のメリーは雲を掴むようなふわふわした女性なイメージでしたが、エミリー・ブランド演じるメリーはビシッとした魔法使いのような雰囲気の女
>>続きを読む

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

3.9

ネイティブアメリカン保留地の、美しい大雪原の土地で起こった闇の深い事件。
雪原の光景は目を奪われるくらい美しいんだけど、それと同時に閉塞感があってゾクッとした。

全体的に静のトーンで進む映画ですが、
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.9

過去に因縁がある2人のマジシャンの競い合いを描いたミステリー映画。
イギリスのスチームパンクな世界観がたまりません。
そしてこの映画1本が壮大なマジックなので、視聴者は最後の最後までまんまと騙されます
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.5

映画鑑賞後は、やり場のない悔しさしか残らなかった。本当、なんで、こんな目にあわなければいけないのか。

1979年という時代の、同性愛者に対する風当たりの強さは現代の比じゃない。
個性では無く、病気と
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

5歳の時にインドで迷子になり、家族と離れ離れになったサルーが25年の年月を経て家族と再会する『実話』です。
「迷った距離1万キロ、探した時間25年、道案内はGoogle Earth」という、なんとも分
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.8

もし自分の生まれてから今までの人生が全て作られたもので、自分の人生を観てる観客がいたら…?
本当にあり得ない設定だけど、「ありえない!」と思いながらこの映画を観ることは、種明かしをしてやろうと思いなが
>>続きを読む

本当の目的(2015年製作の映画)

3.2

マケドニアの映画は初めてでした。
列車内で偶然出会った、後ろめたい過去を持つ女性2人が、寂れた村の別荘で2日間を共にする話。
暗いトーンの静かな映画で、回想シーンも一切無し。まるで小説の挿絵が動いてい
>>続きを読む

マリアンヌ(2016年製作の映画)

3.6

「バックトゥザフューチャー」で有名なロバート・ゼメキス監督映画。
諜報員同士の結婚からの、妻の二重スパイ疑惑。
あらすじだけ聞くと「Mr.&Mrs.スミス」みたいなアクション思ってたけど、戦争色の濃い
>>続きを読む

シンプル・プラン(1998年製作の映画)

3.4

思わぬ形で大金を見つけた3人の男達。
大金を自分達のものにしたい、という想いから、予想外の方向にどんどん罪が重なっていく…
ありがちなストーリーでしたが、そこはサム・ライミ監督。
幸せの為なのに、どん
>>続きを読む

ドラキュラ(1992年製作の映画)

3.0

ザ・映像美なゴシックホラー!
血がドバドバ出ます。若きキアヌ・リーブスも出ます。
伯爵役のゲイリー・オールドマンの、じわじわと迫り来る迫力が凄い。

面白かったけど見終わった後が物凄く疲れました。重い
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.6

ハリウッドの売れっ子脚本家だけど、本当は芸術を愛する作家志望の主人公。
パリ滞在中の真夜中12時。
1920年代のパリにタイムスリップして、ピカソやヘミングウェイなど名だたる芸術家達と出会う。真夜中だ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0

まず言いたいのが、やっぱりスピルバーグの映像とアラン・シルベストリの音楽の組み合わせは最高という事…!!
とにかくあの映像と音楽が組み合わさった瞬間の高揚感はもう…!!!言葉での表現が難しいもどかしさ
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.0

キャストの演技もキャラクターも設定も良いのになんとなく活かし切れてない勿体無さを感じてしまいました。

最初は丁寧に話が進んでたのに、途中から「ん??」という間に見せ場が終わってて拍子抜けしてしまった
>>続きを読む

曲がれ!スプーン(2009年製作の映画)

3.0

とにかく何も考えずにフワーっと観れる映画を求めて鑑賞。見事当てはまりました。

超能力や超常現象やUMA、わたしは信じたい派なんですが、否定するよりも信じてた方が人生楽しいよね、と思わせてくれるほっこ
>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.6

政治という少し頭固くなりがちなテーマと記憶喪失モノを掛け合わせて、こんなにもテンポ良く面白おかしく描けるのは、流石三谷監督。三谷節炸裂です。

ディーン・フジオカさんは主役級よりこれくらいのポジション
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.6

この作品の感想、ネタバレ無しだとほとんど書くことが無いんですが、あえてネタバレ無しで書きます。
タイムパラドックスモノの作品ですが、こんな設定は初めて見ました。いわゆる衝撃のラスト。
万人受けするよう
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

2.2

岩井俊二監督のドラマ版の思い入れが強かったので、うーん…という感じでした。完全に切り離して観るべきだった。

設定の改変について突っ込むのは野暮ですが、小学生の設定をそのまま中学生に持ってきてるせいか
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

完璧すぎるクリスマス映画だなぁ…
寒いけど、どことなく高揚感が漂っていてして温かい、あの独特なクリスマスの空気感を思い出す。

私、びっくりするほど恋愛映画に入り込めないので普段あまり観ないんですが、
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.5

まず『ロビー活動』『ロビイスト』の単語の意味を検索してからこの映画を見始めるべきだった。というか『ロビー会社』が何をするところかもよく分からなかったので、序盤で一時停止してから検索した。

7割型完全
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

3.8

1950年代アメリカ、女性同士のラブストーリーを描いた映画。互いにどんどん惹かれあっていく2人の様子が淡々と進み、その世界の中に私達はどんどん惹き込まれていく。
同性愛が『病気』と思われていたこの時代
>>続きを読む

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

-

映画のテーマソングは色々ありますが、冒頭のイントロを聴いただけでこんなにわくわくするテーマソング無いですね!!

まさにファンタジーの原点。
見るからにCGな映像が、1周回って愛おしく感じる。
原作者
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.5

結構なグロ注意…!そして軽度のイヤミス。
しかし引き込まれ具合は半端ないです。特に後半、家の中でのシーン。

小栗旬さんのアクションはやっぱり凄い!!ハリウッド行くだけありますね。
妻夫木聡さんの気持
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.7

当時の人種差別はこんなにも陰湿なものだったのか…と思って眉間のシワが深くなる一方、
お互いの穴を埋めるように深まっていく2人の友情を見届けた後の幸福感は何とも言えません…

人種差別がテーマではあるけ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

-

強い…!とにかく強い…!!
ヒーローとして、そして女性として、あらゆる強さを兼ね合わせてるキャロルはとにかく見ててスカッとします!!
アクションめっちゃくちゃかっこいい!!!

CG技術で若くなったニ
>>続きを読む

>|