バナンザさんの映画レビュー・感想・評価

バナンザ

バナンザ

映画(262)
ドラマ(1)

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

-

映画音楽に対する多角的な考えとそれに対する情熱と恐怖が伝わる作品だった。
映画の中で音楽を聴いても、映像に対する共感性を促進するものと考えていたが”音楽は映画を昇華させる”という言葉で感服した。

>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

-

三部作の中で1番面白かった

バットマンの登場によって活路が見えた警察と解放軍の対決シーン

ダークナイト(2008年製作の映画)

-

意訳多め

興行収入歴代4位。1,004,934,033ドル

2008年に亡くなったジョーカー役のヒースレジャーは歴代最高のジョーカーとみなされることもあり、本作ではアカデミー助演男優賞を受賞。

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

2.9

キャラクターめっちゃ出てくる


CDコミックスが販売するアメリカンコミックスに1939年からバットマンとして登場。

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

4.0

戦闘で転倒して記憶喪失になるシーンを見て内田監督の映画だということを知った。回転式扉によって隔てられている隠し部屋も『江戸川コナン失踪事件』で登場する要素であった。コンドウという名前も『江戸川コナン失>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5

原題も邦題も好き。

ディズニーらしい急勾配の方向転換が面白かった。


オレンジ色の花はマリーゴールド
死者の日用の祭壇はオフレンダで毎年10/31〜11/2の間に魂が帰ってくると言われている。

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

-

壁を降ったり登ったり、大きい人間が家を壊す感じが進撃の巨人だった。

ジブリは丘の上の館とか舗装されてない道が好きなのかな。

この映画がドラマ化して長編になったらショウの手術がどうなったとか、スキナ
>>続きを読む

千と千尋の神隠し(2001年製作の映画)

4.2

https://note.com/otaking/n/n1e4265aba064#DwKNQ


https://note.com/otaking/n/n46ce7bb65078

日本興行収入301
>>続きを読む

ブルー・マインド(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

精神的な死が一人の少女を通じて映し出されている感じ。ドラッグ・親への反抗・タバコ・酒・セックス・化粧・非行といった青年期の不良行動と少女の体の変化が中心に描かれていて、人生の終わりや始まりのようなもの>>続きを読む

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.1

マクドナルドのシステムをフランチャイズ化し、不動産を利用してマクドナルドをリースすることで全国規模での収益確保システムを築きあげたレイ・クロックの実話をもとにした物語。

成功者の苦労や幸運・大胆さ
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

2.8

ルイスの情熱的で巧みな話術とスクープ報道への行き過ぎた行動が映画の肝となっている。

テレビ業界な視聴率至上主義が助長し、ルイスもニーナへの働き掛けることで止めることの出来ない「スケールの拡大」が映画
>>続きを読む

グレート・ビューティー/追憶のローマ(2013年製作の映画)

-

難しくて前後の映像との繋がりが見えづらかった。人生とはなにかを問うている感じが漂っていて旅であったり、無であったり、作り話の類であるという言葉が映画で見られた。終始、陰鬱な雰囲気が漂いながら黄金色に輝>>続きを読む

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

2.4

外国人の無責任な行動と国内の統率の取れない感染対策と医療体制、公務員と民間人の間で行われる賄賂のやり取りや怠慢な業務状況、火災瓶を作ることが出来る無職の次男など、日本人が共感しにくいながらも現実に起こ>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

1.5

子どもの日常は常に冒険的であり、自らがどのような状態で生活を送っているかを客観視することは難しい。いつも起こっていることが普通であり、いつも起こらないことが起こることに対して極端に喜ぶこともあれば、極>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

子供と大人の狭間にいる少年の物語で、母の闘病という現実を受け入れることのできない少年を少年独自の世界観の中で映し出している。

【あらすじ】
孤独な少年コナーは学校ではいじめに遭って、家では寝たきり
>>続きを読む

ビューティー・インサイド(2015年製作の映画)

3.5

化粧や整形が市民権を得ている韓国ならではの作品だと感じ、外見にとらわれない内面的美の存在に意識を向けることを喚起した作品だと感じた。

ちょくちょく日本語が出来てきた。上野樹里が登場した時、ハン・ヒ
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

1.9

ダウン症の子供のゲイカップルを扱った作品。

語尾で女性らしさを出しているが英語ではあまり言葉に性別の影響が感じさせない。

アメリカの作品は裁判と弁護士がよく出てくるイメージ

関係性は薄いが、19
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

-

他者からの差別を免れるため家族を捨て生きた老女の話。

小数民族に対する無関心と偏見が痛々しく伝わってくる。1930年代から現代まで変わらない一貫した差別心は、主人公が老女になってもアイデンティティを
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

1.1

スラムのリアルな生活を描いている。
袋いっぱいの石炭を集めても5ルピー(約10円)しか稼げず、学校に行けないから社会的地位を上げることもできない。映画の中のスラムの子供たちは靴を履いていないのに、ロケ
>>続きを読む

アメリ(2001年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

オドレイ・トトゥ主演でジャーン=ピエール・ジュネ監督の代表的作品。ナレーションや映画の作り方・表現の仕方を含めアメリの生活や人間性を表現している印象で、終始映像化された夢物語のような雰囲気が漂っていた>>続きを読む

アンダー・ザ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

一時間半ほどの長さだったが、無駄のない濃厚なストーリであったと感じた。
たいして取り上げられることはなかったが、コペンバーゲンを舞台としていて、過去と現在の対比がコペンハーゲンの過去の日常的自然を尊い
>>続きを読む

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

スラム街出身のサクセスストーリーを描いた実話であったが、本当に起こったとは思えないほどの葛藤と偶然・幸運の連続が存在し感動的だった。社会的流動性の低い国家で、ラップと共に自らの地位を上げている感じ。 >>続きを読む

さよなら、人類(2014年製作の映画)

1.4

記憶上スウェーデン映画は3本目であったが、結婚してない人や家で一人で過ごしている人が比較的多いと感じ、調べてみるとフランスをはじめスウェーデン・イギリスでも未婚率が高く、婚外子率が54.7パーセント(>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

「現実に起こっていることに世間は目を当てない」ということを映画で示す。映画でも目を当てなかった。しかし存在している。

気が付いたこと
・日本ではあまりない兼用トイレが登場した
・舞台はスウェーデンで
>>続きを読む

>|