Sevenさんの映画レビュー・感想・評価

Seven

Seven

アバウト・レイ 16歳の決断(2015年製作の映画)

-

原題3 Generationsの通り3世代の話。レイと言うよりはお母さんの話って気がするなぁ。
階段が斜めってたり、なんか枠というか変なバランスの線がやたらと気になった。
特別良い訳でもなく、悪い訳で
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

-

がっつりドッペルゲンガーもの。
ライティングがめちゃくちゃよかった。冒頭の電車のシーン、四方から照らされて色んな面を見せる辺りから最高。
青の心象的な使い方も、絶妙なディストピア感漂う世界観も好き。
>>続きを読む

中国の植物学者の娘たち(2005年製作の映画)

-

そもそもミンは植物学にも興味なさそうだったけど、何目的で植物園にいったんだ?
色々ツッコミどころはあれど、映像は綺麗だった。

ロニートとエスティ 彼女たちの選択(2017年製作の映画)

-

あんまり刺さらず。
教義で禁止されていると信仰心を持つ人は大変だなぁと毎度思う。
しかしラブシーンやり過ぎでは?という気持ちが勝ってしまったなぁ。

サーホー(2019年製作の映画)

-

プラバースのPV。
ネトフリさんはなぜ英語セリフに字幕つけてくれないんすかね???
英語得意じゃないし、インド訛りキツくて何言ってるかわからんので話が分かりにくくて仕方ない。
キャラも多いし、話が分か
>>続きを読む

アナザーラウンド(2020年製作の映画)

-

アルコール啓蒙映画。酒は飲んでも飲まれるな。
きちんと自制出来ればいいのかもしれないけど、易きに流れてしまうんだよなぁ。
アルコールと成功体験が結びついちゃうと絶対ヤバい。

ルース・エドガー(2019年製作の映画)

-

ベタベタに貼られたレッテルで身動き取れなくなりそう。
信頼と盲信は違うんですよ?
オクタヴィア・スペンサーっていい人役のイメージが強かったから、今回の感じ悪さは意外だったけど流石の演技力でした。
発音
>>続きを読む

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

-

時間がちょうどあったので
不協和音というか、軋みというか音の使い方がめっちゃ印象的。
ハッピーな映画かと思ったら、絶妙な不穏感というか、緊張感あるタイプでした。
店が差し押さえられそうな割に危機感のな
>>続きを読む

異端の鳥(2019年製作の映画)

-

やっと見たぞ…凄かった…
冒頭から容赦ない。人間の持つ暴力性をこれでもかと浴びる3時間弱。
行く先々で個ではなく“何者か”とされて、言葉を発することも名を名乗ることもほぼ無い主人公が、何を見て自らの名
>>続きを読む

人数の町(2020年製作の映画)

-

ロブスターみが漂うけど、設定が面白かった。なので、その辺の説明に使ってる前半部分は楽しい。
中盤の話を動かすために放り込まれた、唐突な愛の逃避行はもうちょいどうにかならんかったのか…あまりにも取ってつ
>>続きを読む

スペル(2020年製作の映画)

-

後半まで脱出しては戻されの繰り返しで、全然話し進まなくてダルい。
脱出する時もなんで気づかないのかな?ていうくらいバレバレだし、足の傷とか途中で設定忘れてるのでは?と思うレベルで動くのもギャグみたいだ
>>続きを読む

トムボーイ(2011年製作の映画)

-

男の子になりたいと言うより、間を行き来しているようなイメージだった。
ほぼ生活音のみでカメラの近さが印象的。
親戚の子の日常を覗いてるみたいでソワソワした。
母親のやり方が正しいとは言わないけど、嘘は
>>続きを読む

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊 4Kリマスター版(1995年製作の映画)

-

画質的にはちょっと4Kか?と思う部分は多々あれど、劇場で見れたことの喜びが強い。
この記憶が新鮮なうちにイノセンス見直したい

レミニセンス(2021年製作の映画)

-

すっごいインセプションっぽかった。
めっちゃざっくり説明するなら、ファム・ファタールに取り憑かれた男の話。
いやぁ恋は盲目ですね。美しいもののように描いてるけど、目を閉じたままでも幸せならいいのか?
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

-

こんなに重たくなりそうな題材なのに、湿っぽくなりすぎずに65分でこの密度か!
ビールの空き缶や、凧とか叔母が来る時にカミーユが読んでる本が虫が表紙のカフカ(たぶん変身)だったり、小物の使い方がすごいよ
>>続きを読む

シンデレラ(2021年製作の映画)

-

色々“現代版アップデート”しようとしてるのはよく分かったし、まぁ上手くいってると思う。
かなりトントン拍子に話が進むし、良くも悪くも大味。
色んなヒットソングのアレンジも良かったし、オリジナル曲もいい
>>続きを読む

ハンニバル(2001年製作の映画)

-

こっちもボンヤリ覚えてる程度の感じだったので再見。
流石に豚ちゃんとか、晩餐のシーンは覚えてたけど、ちょいグロさが露悪的でうーん。なんならちょっと笑っちゃうレベル。羊たちの沈黙の方が好きかなぁ。

>>続きを読む

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

-

そういえばちゃんと見たのいつだっけ?レベルだったので見直し。
レクター博士とクラリスの対話中のドアップたまんねぇな!ちゃんと全部見直そう

守護教師(2018年製作の映画)

-

クレーンゲームではしゃぐマブリーのキュートさ!
思ったより重たい話でちょいびっくりした
もっと無双して欲しかった気はする

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

-

犯罪者ばっかの群像劇
点と点がつながっていく気持ち良さ…
大体クズなので酷い目にあっても因果応報だしな…てなるのでしんどくない
劇場で見ればよかった。後悔
ヨンヒすこ

ファンタスティック Mr.FOX(2009年製作の映画)

-

アッシュくんがかわいくてかわいくて…
ウェスみ溢れるアニメーションは定期的に見たくなるので円盤買おうかな

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

-

インドラップかっこよ

階級社会&家父長制の根強さが恐ろしい。
そういう社会で生きてきているから、同じ女性でも枠組みから外れようとする女性を攻撃するのとか本当に辛い。

ケイト(2021年製作の映画)

-

日本のイメージがサイバーパンク+アニメ+ヤクザって感じがいかにもだなぁ
ポスターとか細々したものも謎で楽しいので、トンチキニッポン映画として結構好き
全体的にチープさはあるもののアクションのクオリティ
>>続きを読む

クルエラ(2021年製作の映画)

-

エマ・ストーンを浴びる映画
テンポも悪くないと思うんだけどやや長く感じる

モモ(2016年製作の映画)

-

余白が心地よい
3人が集まった時のあの絶妙な温度感がすごかったw

マティアス(2017年製作の映画)

-

短編が見たかったのでなんとなく鑑賞。
彼女とのやりとりが切ないけど、そうだよなぁって感じ。希望のあるラストでよかった

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

-

俺たちが自慢されたい中国!て感じの映画。
どんどんブーストしていって、最後は色んなゲームとか漫画思い出した。
個人的には中盤くらいまでが好み。終盤はやや間延びした気がするけど、十分楽しめました。
過去
>>続きを読む

アングスト/不安(1983年製作の映画)

-

言ってることとやってることがチグハグすぎて怖い。明らかに行き当たりばったりなのに、本人は完璧に計画できてるつもりなのか…

ミナリ(2020年製作の映画)

-

ヒヨコの雄は廃棄されるのか…知らなかった。ヒヨコの話にしても、セリの話にしても結構わかりやすく提示してくれるので丁寧な映画だなと思った。
おばあちゃんの“異物感”というか、あのなんともいえない感じって
>>続きを読む

レディ・マクベス(2016年製作の映画)

-

家父長制で所有されていた女が自らを解放する話。
セリフもと音楽も少なく、散歩のシーン以外ほぼカメラすら動かない。
原作とラストが違うらしいけど、この映画のテーマ的にはこの終わり方の方がいい。
ラストの
>>続きを読む

オールド(2021年製作の映画)

-

全体的に結構無理ある気がするけど、シャマラン作品特有の御伽噺感で結構乗り切れた。6歳の子供が急に大人になったらそうですよね、ってところもしっかり描いてたのはよかった。
加齢のタイムラプス映像に、ちょっ
>>続きを読む

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

-

久しぶりに走らないタイプのゾンビ映画見てほっこりしました。
ジジババの方が血気盛んでよろしい

モンスターハンター:レジェンド・オブ・ザ・ギルド(2021年製作の映画)

-

単純にクソつまらない
主人公のウザさが見ててしんどい。
ストーリーも盛り上がらずにヌルッと進む。結構大変なことになってるのに、あまりにも盛り上がらない。びっくり
アニメーションとしてのクオリティーも低
>>続きを読む

マンディ 地獄のロード・ウォリアー(2018年製作の映画)

-

バッキバキにサイケな映像と音楽をゆーっくり見せられる。
全然話が進まない。びっくりするほど進まない。やっと進むかな?と思ったけど進まない。あらすじなある「妻の復讐」にたどり着くまで1時間くらいかかる。
>>続きを読む

ジェイコブス・ラダー(1990年製作の映画)

-

リメイクから見てしまっていたけど全然別物だ…
日常的に紛れ込む異物感がすごかった。若干中だるみしてる気もするけど、今見てもめちゃくちゃ面白い。
すごいサイレントヒルみをかんじると思ったら、めちゃくちゃ
>>続きを読む

>|