オウムガイさんの映画レビュー・感想・評価

オウムガイ

オウムガイ

映画(411)
ドラマ(2)

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.7

続編作ったんだと思ってたけど
ラストが良かった。元々あったのか後付けかは知らないけど、上手いこと持って行ってた。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

すごくすごく良かった。
映画をもっと観たくなるし、もっと好きになる。で、またこの映画を観たくなる。
映画音楽自体元々好きだったけど、本当に素晴らしいんだなって
こんなに音楽が映画の顔になってるとワクワ
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.8

覚悟がつかず、やっと見たからか、そんなにグロくなかった印象。でも画面が真っ赤すぎて頭に焼きつく。
不謹慎ながら、狂い過ぎてて笑ってしまう所が多々ありエンターテイメントとして観れたけど
これが本当に現実
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.2

想像してたよりすごく良かった。
物語のテンポも良いし、見た目と話のシンプルさが逆に感動を引き立ててると思う。
これは本当に全ての人に見てほしい。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

アメコミ系はあまり観ず、1の方も観てなかったけど
それでも笑えて面白かった。

パラサイト(1998年製作の映画)

3.6

いい意味でB級感とアメリカンな映画で軽く楽しく観れる。

座頭市物語(1962年製作の映画)

3.6

初の座頭市。
天知茂の役がかっこいい。殺陣シーンかっこいいけど、思ってたより少なくてびっくり。シリーズで見ます。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.7

もっともっと大乱闘してほしい!
やっぱり爬虫類はかっこいい!

ジョージとの友情が切なくて良かったんだけど、動物に感情移入しちゃって感動しちゃうから要らなかったかも!

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.4

最初の悪魔のいけにえの、あの不気味な理不尽な恐怖に、無理矢理理由をつけてしまった感じ。
単体で観たら、テンポも良く怖さもちょうど良かった。

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

3.6

これをどのジャンルとして見るかで評価が分かれるかも。
北欧独特の暗い雰囲気が好きなので楽しめた。父親目線で見ると本当切なくて辛い。サスペンスでもホラーでもなくて、ある意味愛の物語だなって思う。

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.5

子どもの時に見たらすごく夢がある映画で、将来研究者になりたいって絶対思う。理系を増やすためにも子どもには見てほしい。

ラストはどうかな、ディズニーだからあれで良いのか。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

前回同様の安定さと音楽で軽く楽しく見られた。逆にグルートがあんなに可愛くなってるから、前回より楽しかったかも。
ちょっとコメディ感しつこすぎない?と思ったけど、ラストのヨンドゥで綺麗にまとまってる。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

普段からゲームをやるタイプじゃないから、主人公達に共感できる所はあまりなかった笑ゲームの事色々知ってたらもっと楽しめたんだろうなと思う。
でも、知ってるキャラクターが登場すると毎回ワクワクさせられる。
>>続きを読む

ハートビート(2016年製作の映画)

3.9

ストーリーはよくあるサクセスものだけど、この変なコンテストは斬新で挑戦的でとても面白かった。また登場人物皆んな芸術に献身的でひたむきな所と、芸術って停滞するのではなく新しく進むべき的な学校のスタンスが>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.8

戦争系は全然観ないから、戦時中の異様な雰囲気にドキドキする。正直、皆行動が予測つかなすぎる。
登場人物それぞれの立場と思いが面白くせつなかった。坂本龍一に引っ張られてたけど、最後のたけしと音楽に全て持
>>続きを読む

見えない目撃者(2015年製作の映画)

3.5

犯人が結構アグレッシブだったから、展開も早く楽しめた。ちょっと動機とか背景とかをもっと描いてくれると良かったかな。
ツォンツォンは本当によく頑張ってくれて、結構引きずる。

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.6

キアヌの華麗に淡々とやる感じがとてもカッコいい。裏社会のみんな顔見知り感も面白い。


(正直あんなに強いんだったら、最初もっと頑張ってくれって思った)

ジュリー&ジュリア(2009年製作の映画)

3.5

後で本人の映像見たら、やっぱメリル・ストリープって凄い。

どっちもチャーミングなんだけど、ジュリアがとにかく素敵で見習わなきゃなと思う。
ほとんど夢みたいに進み、最後にノンフィクションなんだなと実感
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.5

就活中に観るべきだったかなと思いつつ、就活が終わってるという優越感があるから観れるんだなとイヤになる。就活中に観た人はすごいです。

重くて痛い言葉が沢山あった。でも就活仲間という微妙な距離だからか、
>>続きを読む

アナベル 死霊人形の誕生(2017年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃ怖い訳ではなかったけど、死霊館シリーズの雰囲気は楽しめたので良かった。前作の伏線が回収されてて前作がもう一回観たくなった。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.9

先に2を観てしまったから、2の最初から盛り上がる迫力と比べてしまった。
でも起承転結の起だから徐々に盛り上がってくる感じの方がより楽しめるかも。戦闘シーンなどはこっちの方が好き。
また今回観て2のバラ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.7

ストーリーが単純明快で早過ぎるくらいの展開があったから、ミュージカルシーンが生きたと思う。
ミュージカルを楽しむには、映画館の大きなスクリーンで観て良かった。

特捜部Q Pからのメッセージ(2016年製作の映画)

4.0

アサドがどんどんカッコ良くなっていくのに反比例して、カール大丈夫?ってなってくる。

宗教の話だからか、綺麗なシーンが多かった。犯人の意図が最後まで読めず、宗教が絡むと深く考えさせられる所が面白い。

エンゼル・ハート(1987年製作の映画)

3.4

ミッキーロークがイケメンで魅力的なこととロバートデニーロの存在感が恐ろしいこと。
途中で勘付くけど、たぶんそこじゃない。
BGMが伏線になってて、無駄のない映像。

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

4.0

1作目から一気に続けて鑑賞。
無差別犯罪のドキドキ感、胸糞感があり、こっちの方が好み。
カールが感情的過ぎて、そのばら撒いた書類どうするの?と思うし、たぶん優し過ぎるアサドが拾うんでしょってなる。

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

3.9

えー何これめっちゃ面白いじゃん!ってなった。もっと早くに知りたかった。
2つの時系列が交互にタイミング良く流れるから全然飽きない。内容重いけど展開早いから軽く観れて丁度良かった。

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

3.6

ストーリーは良い意味で普通の愛の物語。
半魚人が彼女に惹かれる所をもう少し描いて欲しかった。(え?ゆで卵でそんなに好きになる?と思った)敵の行動も人間らしく、2つの立場の差を考えさせられる。
一番の魅
>>続きを読む

クロノス(1992年製作の映画)

3.5

おじいちゃんが主人公であんまり華やかさはない吸血鬼もの。
たぶん低予算でストーリーもそこまでビックリしないけど、映像のグロさ美しさはギレルモ感あふれてた。トイレでのシーンは衝撃的で好き。

DON(ドン) -過去を消された男-(2006年製作の映画)

-

中学生くらいに小さな小さな映画館で観たやつ。名前覚えてなかったけど、ラストが印象的で面白かった記憶がある。それまで観てたインド映画とは違った。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.2

人工衛星で気象を管理する設定は良い。予告以上にB級パニックになるかと思ったら、宇宙シーンも多くイメージと違ってた。全然しっかりしてた。
パニックとサスペンスと感動系が合わさった感じかな。もっとどれかに
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.4

素晴らしいエンターテイメント。
2時間半、それでもコンパクトにまとめられてる。三部作で良かったんじゃないってくらい濃い強烈な内容だった。
映画館で観る迫力はあるけど、本当はバーフバリ!って声を大にして
>>続きを読む

シングルマン(2009年製作の映画)

3.7

美しい映画でした。
彼の心情と共に徐々に色付いていって、最後は色が鮮やかになったことに気がつかなくなる。どの場面を切り取っても綺麗で記憶に残る。また登場人物一人一人丁寧に撮ってあるなと感じました。良い
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.5

韓国の方の『殺人の告白』を観てからの鑑賞だったので比較しながら観てしまった。
大体同じ長さなのに、日本の方が無駄な場面がなくコンパクトにまとめられてた。犯人の心中も描かれていて、分かりやすかった。
>>続きを読む

プロジェクトA(1984年製作の映画)

3.8

酒場と自転車のシーンは何回観ても楽しい。
3人ともキレキレで最高だったけど、目は無意識にサモハンキンポー追ってた。
ある意味ラスボス強すぎて笑えた。

>|