オウムガイさんの映画レビュー・感想・評価

オウムガイ

オウムガイ

映画(430)
ドラマ(2)

ハロウィン(1978年製作の映画)

3.7

凄く派手な殺し方する訳でもないのにこんな有名なのは、音楽と逆にあの静かさから出る不気味さなのかな。冷静に殺してそうな感じがすごい不気味。
あの腹筋めっちゃ使ってるだろう起き上がり方はトラウマになるくら
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.6

カーチェイスのシーンが凄く見応えあって音楽も良くテンション上がった。
これはダークヒーローものなのかと後から実感。悪じゃなくて、ちゃんとダークヒーローってふりがな振ってありますね。
話の分かる地球外生
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ずーっと映画化やるやる詐欺だったから、ファンとしては待ってましたって感じで、映画館でQueenの曲が聴けることにまず感動。思ってたテイストと違った!でも曲聞いちゃうと、やっぱり歌いたい気持ちが半端なく>>続きを読む

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

3.9

アスペルガーを題材に、こんなにポップでほっこりする映画を作るのが凄い。
兄弟愛が素敵なんだけど、他人が入るからこそ新しい世界が広がるんだな。イェニファーがステキ。

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.9

新感覚で面白かった。
映画館で咳が出るのを必死に抑えた。
音を出さないなんて本当無理で、ピンチに続くピンチ。またピンチ。
主人公がよくある若者グループじゃなくて、家族だから
感情移入してハラハラできた
>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.6

4DXのホラーは初体験で、アクションぽくなってた。
シリーズの雰囲気はあって安定して楽しめたけど
正直、顔全開でアグレッシブに出てきてくれたので、怖さは低めかも。でも舞台が修道院でシスターに憑依するの
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

3.9

ファッションが素敵。
手紙の所は、主人公とお姉さんの両方の気持ちが共感できて切なかった。故郷に戻ってきた時の揺れ動く心情、家族との関係はすごく理解できる。
どの時代も共通で同じ気持ちや経験をするんだな
>>続きを読む

イット・フォローズ(2014年製作の映画)

3.6

見えないけど物理的、こっちに向かって歩いて来る。この何だかよく分からない不気味さが良かった。
撮り方も何処にいるのか誰なのかっていうドキドキ感を煽ってて楽しめた。

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.7

気持ちいいくらいゾンビをバンバン殺してて良かった。

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(1997年製作の映画)

3.4

ドキドキハラハラ感が少なかった気がする。すぐ殺されるのではなく、焦らされる緊張感を求めてた。

WE GO ON 死霊の証明(2016年製作の映画)

3.8

思ってたホラー映画と違い、二転三転して予測できないストーリーだった。
派手ではないし最初は淡々とし過ぎてるけど、どんどん引き込まれる。考える。
この表紙で損してる気がするな。

モスラ(1961年製作の映画)

3.8

モスラソングが頭でずーっと流れる病にかかる。
あと小美人の、ありがとう。のイントネーションも離れなくなる。

モスラはめちゃくちゃ良いやつ。ダメージなくても、繭に攻撃するのは本当やめてほしい。

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.0

仕方ないけど、フロドよりビルボの方が主人公として
どんどん頼もしくなっていって良かった。トーリンがフロドでビルボがサムみたいな感じなのかな。
ラストは意外。サルマンも意外。
レゴラス見せ場がめっちゃあ
>>続きを読む

ホビット 竜に奪われた王国(2013年製作の映画)

3.8

エルフとかレゴラスが出てくるし、1よりも登場人物も増え
より世界観や勢力図が分かってきて面白かった。

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

3.8

登場人物ドワーフばかりで見分けがつかないけど、つかなくても大丈夫だった。
ゴラムも出てくるし、伏線も沢山あり
ロードオブザリングの世界観に
また入り込めるのがワクワクした。

東京原発(2002年製作の映画)

3.5

この内容をこの時作られてるのにと思うと素晴らしいし虚しいし、自分が傍観者であったことが心が痛い。

こういう映画を金曜ロードショーとかでやらないかな笑

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.5

漫画実写化でこのビジュアルのクオリティがすごい。特に鴨太郎と沖田が個人的にヒット。

褒め言葉ですが、ビジュアルが良かった分、アニメの時の声を思い出す。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

ホラーとか色々ジャンルが混在してるんだけど、全てテンポ良く楽しめた。構成のバランスが絶妙で
この感覚は初めてって感じ。
映画好きの愛も伝わってきて、こっちも楽しくなってくる。

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.2

本当に美しかったって言葉に尽きる。
景色も二人も美しい。どんなにイチャイチャしていても美しくて見てて飽きない。音楽も良かった。2時間なんてあっという間だった。

限られた時間と夏の暑さとお互いの情熱が
>>続きを読む

メン・イン・ブラック3(2012年製作の映画)

3.7

続編作ったんだと思ってたけど
ラストが良かった。元々あったのか後付けかは知らないけど、上手いこと持って行ってた。

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.5

すごくすごく良かった。
映画をもっと観たくなるし、もっと好きになる。で、またこの映画を観たくなる。
映画音楽自体元々好きだったけど、本当に素晴らしいんだなって
こんなに音楽が映画の顔になってるとワクワ
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.8

覚悟がつかず、やっと見たからか、そんなにグロくなかった印象。でも画面が真っ赤すぎて頭に焼きつく。
不謹慎ながら、狂い過ぎてて笑ってしまう所が多々ありエンターテイメントとして観れたけど
これが本当に現実
>>続きを読む

アイアン・ジャイアント(1999年製作の映画)

4.2

想像してたよりすごく良かった。
物語のテンポも良いし、見た目と話のシンプルさが逆に感動を引き立ててると思う。
これは本当に全ての人に見てほしい。

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.7

アメコミ系はあまり観ず、1の方も観てなかったけど
それでも笑えて面白かった。

パラサイト(1998年製作の映画)

3.6

いい意味でB級感とアメリカンな映画で軽く楽しく観れる。

座頭市物語(1962年製作の映画)

3.6

初の座頭市。
天知茂の役がかっこいい。殺陣シーンかっこいいけど、思ってたより少なくてびっくり。シリーズで見ます。

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

3.7

もっともっと大乱闘してほしい!
やっぱり爬虫類はかっこいい!

ジョージとの友情が切なくて良かったんだけど、動物に感情移入しちゃって感動しちゃうから要らなかったかも!

レザーフェイス―悪魔のいけにえ(2017年製作の映画)

3.4

最初の悪魔のいけにえの、あの不気味な理不尽な恐怖に、無理矢理理由をつけてしまった感じ。
単体で観たら、テンポも良く怖さもちょうど良かった。

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

3.6

これをどのジャンルとして見るかで評価が分かれるかも。
北欧独特の暗い雰囲気が好きなので楽しめた。父親目線で見ると本当切なくて辛い。サスペンスでもホラーでもなくて、ある意味愛の物語だなって思う。

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.5

子どもの時に見たらすごく夢がある映画で、将来研究者になりたいって絶対思う。理系を増やすためにも子どもには見てほしい。

ラストはどうかな、ディズニーだからあれで良いのか。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.0

前回同様の安定さと音楽で軽く楽しく見られた。逆にグルートがあんなに可愛くなってるから、前回より楽しかったかも。
ちょっとコメディ感しつこすぎない?と思ったけど、ラストのヨンドゥで綺麗にまとまってる。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.6

普段からゲームをやるタイプじゃないから、主人公達に共感できる所はあまりなかった笑ゲームの事色々知ってたらもっと楽しめたんだろうなと思う。
でも、知ってるキャラクターが登場すると毎回ワクワクさせられる。
>>続きを読む

ハートビート(2016年製作の映画)

3.9

ストーリーはよくあるサクセスものだけど、この変なコンテストは斬新で挑戦的でとても面白かった。また登場人物皆んな芸術に献身的でひたむきな所と、芸術って停滞するのではなく新しく進むべき的な学校のスタンスが>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

3.8

戦争系は全然観ないから、戦時中の異様な雰囲気にドキドキする。正直、皆行動が予測つかなすぎる。
登場人物それぞれの立場と思いが面白くせつなかった。坂本龍一に引っ張られてたけど、最後のたけしと音楽に全て持
>>続きを読む

>|