しまさき

しまさき

一方的フォローや いいね!ありますがご容赦ください…!
☆3つを基準に主観で評価してます。

胸騒ぎのシチリア(2015年製作の映画)

2.3

キャスト陣が美しい映画だった。
シチリア行ってみたくなるー

ティルダの背中にくぎづけでした。
彼女はうつくしい〜〜。

ストーリーは昼ドラ的な要素もありつつ。

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.5

是枝監督のものを初めてみた気がする。

ずっと気になっていた作品。

状況は重くて苦しいんだけど、描写がそうでなかったのでまだ観やすかった。

母親の身勝手さは許せたもんじゃないけど、

わたしは幸せ
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.6

シリーズどれも、甲乙つけがたい…

イーサン・ホークかっこよすぎるなあ、

ゆれる(2006年製作の映画)

3.2

性質の違う兄弟のそれぞれの人間性とか、人あたりとか要領の良し悪しとか、そういうものが事件に絡んで展開して行く様が恐ろしくも興味を惹かれた。

香川照之がすごいお芝居だと思う。

雰囲気が重く暗い映画だ
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

-

あまりよく解釈できなかったので評価しないでおきます。

もう一回見ないとわからないんだろうけど、そんな気持ちにもならないような印象でした。重い。

羊たちの沈黙(1990年製作の映画)

3.2

おもったほど怖くなかった!

ジョディフォスター初めてまともにみたけど、とてもいい女優さんだー。

アンソニーホプキンスの不気味さも良い。

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.2

とてもとてもすきでした。

いまを生きるのあどけなさと、現在の渋みの中間(もしくはもう少し前)の絶妙な時期のイーサンホークがとにかくかわいくてかっこいい。



こんな名作なんで今までみてなかったんだ
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

4.0

超ハッピーな演出だった!

ディズニーランドみたいだった。笑
しあわせになれるし、キャストも音楽もとてもよかった。

勧めたい一本。

そこのみにて光輝く(2013年製作の映画)

3.2

重くてつらい話だった。

キャストがとてもよかったと思う。特に池脇さんは自然で、身近にいそうな感じと、抱えている葛藤がつたわってきた。


他のキャストもよかった。

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

アカデミー賞受賞作なので知識として鑑賞。

淡々としてるけどけっこうすきだった。

割と全体として抑揚はなく、すごくドラマチックな演出があるわけでもないけど視線とか、息づかいとか、そういうもので伝わる
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

2.6

普通に楽しめた!

音楽がいっぱいでたのしかった!


字幕で見たけど、スカヨハとキングスマンのタロンくんがやはりよかった。

吹き替えもみたい!

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

結構すきだった!

ディカプリオの七変化的なあの軽やかな順応性と、頭の回転の良さが最高にクールでまた違うレオ様を見せてもらいました…!

トムハンクスの安定感は言わずもがな。

父役の俳優さんほんとい
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.6

こんなお父さんいたら嫌すぎるけど、でも父の軽率だけども単純素直な行動が憎めなかった。

バラの演出もすき。

これそんなにラスト含め、深読みする作品ではないですよね?


隣の青年の部屋がどタイプでし
>>続きを読む

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

3.8

救いようのない悲しみの連続。
生きることってこんなに困難になり得るんだなあと思った。

胸糞悪いシーンがいくつもあるけど、ミュージックシーンは力強く、良かった。
ビョーク素晴らしい。

それ以外はBG
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.1

映画友達数人に勧められて。渋谷ユーロスペースにて。

アニメは最近見るようになったくらいで、ほとんど興味を持っていなかったけど、これは本当に胸を打たれる作品だった。

家族、旧友、恋人、故郷、様々な日
>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

2.4

すごくくだらないけどハチャメチャ感がたのしい。

下ネタ言い合える友達と観るか、1人で見るしかない。家族、カップルでの鑑賞は勧めないかな(笑)

割と遠慮なく下衆なネタが満載で、それを単純に楽しむ映画
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.0

何度もチャレンジしたけど、なんとなく監督特有のスローテンポにいつも飽きてしまい、最後まで見れずにいた作品。

でもキャストが申し分ないのと、やはりコミカルさとシュールさを兼ね備えた魅せ方はとても面白か
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.6

言わずもがな良い作品でした!

ハッピーで切なくて、それでいてファンタジック!

つかみが最高。オープニングのテンションが最後まで持たせてる感じ。

演出がとてもいい。

新しいんだけど、ちょっとレト
>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

4.5

テーマは重いけど、実話と思うともう使命感みたいなもので最後までみた。でも退屈じゃないしすごく引き込まれる。


白黒だからかなり前のかと思ったらそうでもないし、ならではの演出には感銘を受けた。
SFの
>>続きを読む

トレインスポッティング(1996年製作の映画)

4.0

演出も面白いしメッセージも良かった。

オシャレ映画なイメージだったから抽象的かと思ったけど、想像してたよりずっとわかりやすくてすっきり終わって、

そこにファッションや音楽、色彩が豊かに加わって楽し
>>続きを読む

ソフィーの選択(1982年製作の映画)

3.0

友情か恋愛か、夢か安定かの狭間で葛藤を抱える主人公が終始まっすぐな心を持っていて惹かれた。

ソフィには抱えきれないほどの戦争での辛い記憶があり、その傷を癒すために誰かを求め、誰かを救うことを求めてい
>>続きを読む

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.0

これは胸が痛い…

冬至の大人たちの価値観が子どもにとってはどんなに理解できなかっただろう。

人種は違っても人間は人間で、心は通う。
終わり方に衝撃を受け、とてつもなく揺さぶられ、涙しました。

>>続きを読む

別離(1939年製作の映画)

2.7

有名なアカデミー賞とったやつだと思って借りたら違った。笑

内容的にはめちゃくちゃ退屈というわけではないけどすごい面白いわけでもないし、感情移入はしづらかった。

結局一夏の恋。

収まるところに収ま
>>続きを読む

ファイト・クラブ(1999年製作の映画)

3.6

5年ぶりくらいに観たのだけど、全く内容覚えてなくて自分でもびっくりした。

エドワードノートンがとてもよかった。
次の場面に続く演出もいい。

ツッコミどころはあるけど終わり方も爽快だった。

ヘレナ
>>続きを読む

ジャッキー・ブラウン(1997年製作の映画)

3.3

勧められて。

けっこうすきだった。

サミュエルもさることながら、ロバートデニーロと金髪女が良かった。

DVDで途切れ途切れ見たので、またみたい。

サントラ良。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

4.5

原作とかマーベルとか本当に知識がない人間なのですが、キャストと予告の映像のすごそうな感じに惹かれてIMAX 3Dで鑑賞。

いやー、これは、IMAX で観て正解でした。
映像が何より素晴らしく…!最新
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.0

いい意味でなにも考えずに観て楽しめる映画でした。

ペットたちにも個性があってかわいかった!

日本語でみたけどバナナマンよかったです。キャラクターにもあってる感じでした◎

ワン チャンス(2013年製作の映画)

3.2

なんとなーくキャストとあらすじに惹かれて鑑賞。

妻いい人すぎる…

素敵なサスセスストーリー。
すんごい号泣してしまった笑

そのごyoutubeでバッチリ本物映像見ました。
ポッツィさいこう。
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.6

勧められて鑑賞。
カンバーバッチの作品は初めてみたけど、とてもすばらしかった。噂どおり彼のための作品といえるね…。

ぶっきらぼうで人間関係を築くのが苦手な彼が、目的達成のために全てを費やす。そんな中
>>続きを読む

エレベーターを降りて左(1988年製作の映画)

2.5

フランスのドタバタコメディ。
途中から騒がしすぎるし色々起こりすぎて流し見した。

とーにかくいそがしい。


しかしエマニュエルべアールかわいすぎるね…!

沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

4.0

まずキャストがいい。井上役のじいさんがほんと好きだったけどノーマークだったので、新発見でとても嬉しい収穫。

日本人キャストはあとは浅野忠信と片桐はいりくらいじゃないかな、良かったの。

個人的に小松
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.3

これはなんかもうやばい映画でした

マッツ見たさだったけど、冤罪という思いテーマ。

子どもの[純粋な嘘]がマッツとその周りの大人たちを沼に引きずり込んで行って、それはそれは悪循環。

すっげー胸くそ
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

4.6

銀座で鑑賞。

ナチスの後始末として地雷撤去を命じられたドイツ少年兵は兵士である前に人間であり、幼心をのこす子供にすぎない。

軍曹も敵ではあるけども、また同じ人間で、心が通う瞬間もでてくる。

憎し
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

3.0

インド映画ハマりそうになった一本。

ハリウッド映画にない、あのミュージックシーンはあってるのがあってないのかわからないけど、かなりハッピー感が残る。

オールイズウェール、オールイズウェール