Sinyaさんの映画レビュー・感想・評価

Sinya

Sinya

映画(76)
ドラマ(0)

デ・パルマ(2015年製作の映画)

4.0

デパルマ好きは見たほうが良い。
デパルマが全作品語るってだけでも面白いし、交友関係、時代、やっぱりヒッチコックと色々ぶっちゃけてくれる。

単調な構成だが、飽きないし、面白い。
なぜなら、デパルマが結
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

2.5


怪獣が暴れて楽しかったです。

腹に銃に撃たれても元気に走り回っるロック様も4匹目の怪獣だった。

手話で下ネタを言う怪獣

死にかけても、一杯やりたい
と言う余裕とユーモアがある怪獣

そんな怪獣
>>続きを読む

トゥルーライズ(1994年製作の映画)

3.5

タンゴ好きな筋肉ムキムキシュワちゃんが、核を持ったテロリストの調査する命令を受けるが、仕事せず!
職権濫用で浮気調査して!
別の男に抱かれそうになった妻を、テロリスト退治に巻き込んで懲らしめる!
テロ
>>続きを読む

ミッドナイトクロス(1981年製作の映画)

4.5


編集した事がある人、音声を取りに行った事のある人は見てほしい。
一コマ一コマを集中する感じ
周りの音に耳が傾ける感じ
それが、アナログの機械を使ってやっててまず、それがカッコいいし憧れる。
謎に機械
>>続きを読む

ブラックブック(2006年製作の映画)

5.0


面白い!目が離せない!
あれっ、こんなに長い映画だったの?と思うほど、展開する度に釘付けになり、中弛みがなくテンポが心地よい。

泣ける場面にできるシーンはあると思うのに、情緒的なシーンも展開が早い
>>続きを読む

デビルズリジェクト〜マーダーライドショー2〜(2005年製作の映画)

4.5

悪魔のいけにえ+アメリカンニューシネマ
バニシングポイントとかボニーとクライド

サイコーでサイテーな映画です。

サイテー野郎のバイオレンス逃避行を見てるだけでも楽しいのですが、
この映画はそれだけ
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.5


久々に気持ち悪い映画をみました。褒

青春の葛藤、愛などの比喩だったり、映像演出がアート的ですが、鼻につかない(大事)のが好感です。

言語化しにくい、感情を表す映像としての機能が高かった。

人間
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.5


うーんピンとこない

差別問題に重きを置き過ぎてる気がする

ホラー的にはあまり…
まず、家族がキバ向いてくるのはなんとなく予想つくし、その後の展開も別に…

ハラハラ無、恐怖無、ただ居心地が悪い感
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.0


正直ストーリーはあまり乗れなかった

デッドプールは原作好きだが、1作目から実は乗れてない

小ネタとか第3の壁とか面白かったけど、それのみの印象

だから、今回、1作目よりやりたい放題で1作目より
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.5


良いホラーだった。

驚くのではなくじわじわ系

煙だったり、暗闇だったり、見えないのがこわく、後ろ、横、画面の端に何かいるのでは、ないかと勘ぐってしまう演出は物語の緊張感を維持してくれました。
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.5


あんな二の腕になってみたい。
筋肉バカになるのは、実はオタクの憧れですね。

物語としては中途半端な印象
デコボコグループ物で最後に一致団結もない 薄い
違う自分になることで自分を見つめなおす感じも
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.5


調子乗り過ぎはいけない
映画館ではマナーを守って鑑賞しよう
と言う 大切な事を教えてくれる映画。

ちなみに、上記の事を破ると、酷い目にあうか、爆死します笑

映画館の上映前にグレムリンを数分みせる
>>続きを読む

スキャナーズ(1981年製作の映画)

3.0


頭バーンは素晴らしいの一言

だから、頭バーンを期待し過ぎてしまって物語を純粋に楽しめなかった。
ラストとか…期待するじゃん

それでも、
超能力の可視化がやはり面白い
ビームとか、パイロキネシス、
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

3.5


子供の頃、
トイストーリーを見て興奮し、
テレビで偶然これを見て唖然
トイストーリー2を見る頃は、勝手に動くおもちゃが信用ならなくなっていた笑
それ以来、トイストーリー2を見返してないので、未だにい
>>続きを読む

ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年製作の映画)

4.5

アジャは信頼できるヤツだ。

堅実で緊張感を持続させる演出。
どの作品も最高のエンタメに昇華してくれる。
毎回、こういう映画が好きだったなと確認する。

語るような映画ではない
楽しい、見ろでいい!
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.0


色々な好きで溢れていて、
観ていてニヤける映画だった。

日本人としてガンダム、メカゴジラはテンションがあがる。

俺はガンダムで行く!
最高に痺れますね。

色々な映画、アニメ、ゲームが入り込み
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0


現実も妄想もどっちも地獄じゃねーか!

いくら、美術が凄くて、映画が面白くて、最高のクリーチャーが出てきても.

辛いよ!!

いくらなんでも辛いよ!

気分重くなるよ!

瓶って殴ったら、割れない
>>続きを読む

ゴーン・ガール(2014年製作の映画)

4.5


ケツ顎に指当ててケツ顎を強調する名シーンは必見

面白かったー
ミステリーでサスペンスでありブラックコメディでもあり、最後に現実を見せてくる

長い映画だが、映画もはっきりと構成を分けて、それぞれ面
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.5


モササウルスTUEEE!

ジュラシックパークシリーズにはまり、恐竜図鑑を熟読していた私は、1匹1匹出てくるたびに、テンションが上がりぱなし、

でも、今回のメインの恐竜ってモンスターじゃないかな?
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

2.0


流されっぱなしの主人公
時代に流されたら、成功しましたってか?
何も考えず頑張って走りきったら、割りかしいい事あるてか?
主人公が好きになれませんでした。

バカ正直なやつは好きです。
それは、何か
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー(2011年製作の映画)

3.0


あまりキャプテンにはテンション上がらないんだよなーと思って見たら、

あれっ!
以外と!と考えを改めた映画。

元々ビジュアルが好きでなく、地味だなーと思っていたんですが、

キャプテンて悲しき童
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

2.5


なんだろー
山田尚子監督の演出は好きなんですが、

なぜか、のれなかった

最後まで飽きずに見ることはできたのですが、ずっとモヤモヤがあって…

何故か、ヒロイン像にずっとモヤモヤしてました。
過去
>>続きを読む

映画 けいおん!(2011年製作の映画)

4.0


けいおんシリーズは尊い!

アニメ版は、青春時代の少女達は尊く、彼女たちが大好きになる。

何故こんなにも好きになるのか?
アニメとして完成度が高いから
冷たい床をコロコロ転がる唯ちゃん。
ソファの
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

3.0


痛い映画シリーズの第1弾

このシリーズで良さのはやはり、ゲームの恐ろしさだと思います。
何が恐ろしいのか?
自ら痛い思いをしに行かないと死んでしまうところ
自分で自分を傷つけて生きている事を証明す
>>続きを読む

ハイテンション(2003年製作の映画)

4.0


鬼ごっこ+隠れんぼの王道映画。

極限状態の演出は最高にドキドキ。

オチが気に入らないとか、そんなの関係ある?
最高に緊張し、ドキドキハラハラ、
えっカーチェイスもあるの!得した気分だなー(^_^
>>続きを読む

仁義なき戦い 広島死闘篇(1973年製作の映画)

3.5


あの畜生めー 組長お前に仁義はあるんか⁉︎
資本主義の豚野郎、狸親父どもが一番悪どいんじゃー

上に翻弄される若者というの現在にも通じるテーマがあり、山中の悔しさは、少なかれ万人が共感できます。
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

4.0


人生ベスト映画!

面白い映画とは何だろう?
よくわからなくなります(^_^)

この映画をビリーワイダーに見て欲しかった。

映画は、脚本ではない筋肉だ!!
そう考えるようになってしまう。脳が
>>続きを読む

トータル・リコール(1990年製作の映画)

4.5


最高だ!

見方が少しスターシップトゥルーパーズに似ていますね。
いつも、暴れてるシュワちゃんのバックグラウンドを知っているだけに今回のテーマにぴったりです。

シュワちゃんは、いつも通りチャーミン
>>続きを読む

DEAD OR ALIVE 犯罪者(1999年製作の映画)

3.0


ラストはある意味最高。

後、ラーメンシーンはもう本当に悪趣味で、ただ、私が好きな三池監督はこんなシーンだなーと思う。

三池監督の作品のほとんどが、まあまあ楽しむのですが、その理由が三池印かなと思
>>続きを読む

十三人の刺客(2010年製作の映画)

3.5


皆殺しの達磨女が凄い
それを見るだけでも得した気分です。
その伏線回収は最高に燃えました。

ごろーちゃんのバカ殿が凄い。
バカ殿が出ただけで場がしまる。
無邪気さが悪い方向に伸びきったような
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

5.0


楽しかった!!めちゃくちゃ面白い!

こんなにサービス精神が多く、そのサービスがどれも一流。時間は短いが、お腹いっぱい!

映画って楽しいなーって改めて思ういい映画^_^

盲目の人って映画と相性が
>>続きを読む

デッドゾーン(1983年製作の映画)

3.5


冒頭シーンが好き

幸せの日時なのに不穏な音楽
幸せな恋人とのキスなのに不吉な雨

その雨が原因で、日常が変わってしまう出来事

お手本みたいな冒頭だなと感じました。

過去の存在である、時間に置い
>>続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

4.5


桐島の吉田大八監督の作品。映画として、桐島の方が優れていると思いながらも、私としては、この作品の方が好きです。

私の好きなコメディは、
笑える、おかしい上で、痛みが自分に返ってくる物

良いコメデ
>>続きを読む

ホワイトハウス・ダウン(2013年製作の映画)

3.5


期待してませんでした。すみません。
エメリッヒ、ダメの子ほどかわいいって感じで鑑賞しました。

が、完全にやられてしまいました。

エメリッヒ映画はだいたい舐めて見始めても、結局、そこそこ楽しめて、
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0


松岡茉優は最強。

かわいいし、間の取り方が絶妙で笑いセンスが最強、そして、好きになってしまう人を惹きつける物がある。

主役のボンクラ感が地に足がついてる。
相手役、特にアイツが本当にいい男でない
>>続きを読む

>|