ShinTakeuchiさんの映画レビュー・感想・評価

ShinTakeuchi

ShinTakeuchi

映画(118)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一言で表せば、女性の加齢を素材にしたサスペンス映画か。
さびれていく行楽地コニー・アイランドを借景に、本来なら目には見えない「加齢」を、息子の放火癖や、マフィアの追っ手をカットバックに、サスペンスに仕
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

脚本の映画。
伏線の回収とともに見事な着地。
そして映画愛と家族愛に溢れている。

登場人物がみんなキャラ立ちしてるんだけど、それは「性格」や「背景」によるのではなく、1本の映画を作る上での「役割」に
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.5

長いなーと思っていたけど、「菊」と「ギロチン」が絡み始めてからは長さを感じさせず、また、いいシーンがたくさんある。
大正末期を舞台にしながら、女性の解放、差別、体制などのテーマは極めて現代的。
群像劇
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

2作合わせた点数。
レビューは「伝説誕生」のほうに書いた。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

「王の凱旋」と続けて観たが合わせて4時間半超、たっぷり楽しめる。
まるで4ケタを17みたいな数で割る割り算のように時間はかかるけど、最後は割り切れて、余りナシでスッキリ、みたいな映画。
伏線の回収も抜
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.0

まさかのデジタルリマスター。実は未見で、映画館で観たいと思い、出かけた。
これは、映画ではなく、ミュージック・ビデオとして観るべき。
それも、ラストの名曲「Tonight is what it mea
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

1.5

このレビューはネタバレを含みます

細田監督は一貫して家族の物語を描いてきた。本作もその流れに位置する。
主人公の男の子に妹が生まれ、未来と名付けられ、まだ赤ちゃんのはずの未来ちゃんが、未来から表れて、というストーリーだと思っていた。
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.5

洋服がテーマということで期待した官能性がいまひとつ。
偏屈なプロフェッショナルと平凡な女。しかし、彼のプロフェッショナル性は女によって乱されていく。通奏低音のように描かれるテーマは「女の亡霊」「結婚の
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.0

ザ・スポ根ストーリー。
愉快痛快、観て損はなし。
いまならシゴキだ児童虐待だ子供は親の持ち物じゃないとか言われかねないわけだが、そういうことを気にしなければたっぷりと楽しめる。
笑えて泣けて、ラストは
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

削ぎ落とした描写は判りやすいとは言い難いが、高密度な映像と、これに被さるジョニー・グリーンウッド(レディオヘッド)によるソリッドなデジロックの組み合わせがクセになる。
主演のジョー演じるのはホアキン・
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

観る人をすごく選ぶ映画だろうな。
本作だけでなく、ウェス・アンダーソンの作品すべてに言えるんだろうけど。
画面の情報量、テイスト、テンポ、そしてモーション・ピクチャー、ミフネ、クロサワらへのオマージュ
>>続きを読む

心と体と(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ベルリン金熊賞受賞作。主人公はブダペストの食肉処理場で働く中年の男。この会社に美しい女性が入ってくる。男は毎夜、自分が雄鹿になっている夢を見ている。その夢には、いつも牝鹿が出てくるのだが、あることがキ>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

1.0

歌は素晴らしい。
100分間のミュージックヴィデオとして観るなら☆☆☆☆☆なんだけど、映画としては駄作を超えて問題作。
イルミネーションスタジオのアニメ作品と相通じる残念さ。薄っぺらい。

モリのいる場所(2018年製作の映画)

4.0

想像していたより起伏のあるドラマ。
山崎努と樹木希林に尽きる。
近美でやった熊谷守一の回顧展を観ていたので相当面白い。
熊谷守一の絵を知らなくても映画として成立するしていると思うけど、違う作品として観
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.5

罪と贖罪の物語。
ああいう犯罪を犯した人は、それから何十年も経ったあと、罪とどう向き合っているのか、そして、現実問題、生きていくわけで、一体どう生活しているのか、などの疑問に対し、かなり説得力あるもの
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.5

子役たちが素晴らしい。
素人役者たちのアンカーとして存在するウィレム・デフォーは、もっと素晴らしい。
貧困問題とは、具体的にお金がないということよりも、生きる手段がないということと、居場所がないという
>>続きを読む

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

二重の誘拐ストーリー
ゲティにとっては、孫のポールは二重に「誘拐」されている。
一義的にはもちろん誘拐犯に。
そして息子の別れた妻のゲイルに。
従って、この誘拐事件は、ややこしい二重構造となる。この重
>>続きを読む

ローズの秘密の頁(ページ)(2016年製作の映画)

4.0

ラストのカタルシスがすごい。
号泣。
このカタルシスがために、1人の女性に数奇な、そして辛い人生を歩ませたのか。
これは愛の物語。男女の愛、母子の愛。そして、叶わぬ想いを抱えた者の歪んだ愛こそが、この
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.5

あなたが良識派でなければ楽しめるだろう。
曰く、食べ物を粗末にするな、とか、人の死を笑いのネタにするな、とか。
いやいや、かつてのドリフもそうだったでしょ。トムとジェリーもそうだよね。
そう思えるなら
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

「君の名前で僕を呼んで、僕の名前で君を呼んで」、そう、愛とは相手と一体化することを希み、そしてあらゆる愛は別離で終わる。
ゆえに、ラストのお父さんのセリフ「痛みを葬るな」を聴くために、この映画はある。
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.5

「響け!ユーフォニアム」のスピンオフ。原作のラノベは読んでないし、アニメも観てないだけど、単独でも成立するとのことで観に行く。
映画が始まった瞬間、視界がすべて4Kになったのかと見まごうほどの繊細さ。
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

見終わって気付いたよ。
オリジナルタイトルが「Coco」だってこと。
最近の吹替は劇中の背景の英語すら日本語にしちゃうから、まったく気付かなかった。
いや、このタイトル、重要でしょう。
マーケティング
>>続きを読む

>|