Shizkaさんの映画レビュー・感想・評価

Shizka

Shizka

映画(2259)
ドラマ(2)
アニメ(0)

ある人質 生還までの398日(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

どうせ主人公は助かるんだろと思っていても、ギュッと見てしまう。途中の場面転換や、あわやというところもあってか、最後まで集中して見れた。あれこれ考えずに目の前のことにフォーカスできる、いい実話映画。>>続きを読む

ラストエンペラー(1987年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

中国最後の皇帝、溥儀の一生ってこんなに波瀾万丈だったのか。

西太后から勝手な指名を受けて3歳で即位。出たくても出られず、周りは共和国になっていくのに紫禁城だけは変わらないまま。紫禁城から追放した日本
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

RBGのような女性運動は大歓迎だが、ラディカルな思想にはやはりついていけない。

とはいえ、この映画をみるとどれだけ女性か虐げられていたのかが良く分かるし、言葉で言ってもわからないから過激な運動に走る
>>続きを読む

エレファント(2003年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

何気ない日常をずっと見せ続けてからの、しずかな虐殺、ガス、・ヴァンサントらしい、「これ事実です」と映画全体が断っているかのようだ。

殺し回っている少年たち2人も平然とサバイバルゲーム感覚で学校を乗っ
>>続きを読む

プリティ・ワン たったひとつの恋とウソ。(2013年製作の映画)

2.3

このレビューはネタバレを含みます

ゾーイ・カザンの映画はどれも彼女の魅力に溢れていて、素の彼女のはしゃいでいる行動が一番の見どころだったが、今回はとてもおとなしい。

おとなしい双子であることの役柄かそんなふうに見せるんだろうか。
>>続きを読む

NARC ナーク(2002年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

80年代の刑事物テイストだからどんなものかと思って見てたらなかなかどうして、レイ・リオッタの迫真の演技がととも良くて最後まで見入ってしまった。

演出はどうしてもその当時のダサさが滲み出てしまうけれど
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

インドカーって知らないなあと思ったらアジアの架空の国だったのか。なるほど。それでもロシアの名前は出すんだねぇ。

ストーリー悪くないけど、途中途中で挟まれる査問委員会みたいなのがうざい。別にあんな演出
>>続きを読む

モロッコ、彼女たちの朝(2019年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

熱に浮かされながらも映画でも見るかと思って、この映画。ドキュメンタリーかと思っていたら映画だった。

2人の関係が相互に影響しあって、かたやパン屋の過去の恋愛か流されて、かたや子供を愛さない頑なさが流
>>続きを読む

トゥルーノース(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

見る前はなぜにアニメ?なぜにポリゴン?と思っていたけれど、見終わった後は実写でなくて良かったと本当に思う。

21世紀になってもまだこんな政府が残っていることにも驚きだ。こんなに声を上げているにも関わ
>>続きを読む

ブラック・フォン(2022年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

最初こそ戸惑ってその設定についていけなかったけれど、最後に全てがつながるミステリー。

なにもかも、今まで出てきた全てが利用され脱出に導く、これは新しい形式のミステリだよ。

ただのオカルトだと思って
>>続きを読む

さよなら渓谷(2013年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

なげえ、、、 とにかく静止画で、間合いを勝負に冗長的にしている。それも味と言っては味だけど、ながいしダレる。たぶんそれも思惑のうちなんだろうけど。

まあだいたい言いたいことはわかった。贖罪で生きる男
>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

まあ、女の子のための映画だなーという感じ。異国で、イケメンで、辛口で、優しい、いかにもラブコメ!

アマンダの演技は悪くなかったけれど、ガエルは大袈裟すぎだし、チャーリーは毒舌すぎだし、クレアは綺麗す
>>続きを読む

アフター・ヤン(2021年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的ZENの美で推してくる映画だったけど、中身はどうかな。

たしかにカットカットごと本当にアメリカが考える、シンプルアジアンテイストの美学が暮らし向きはもちろん、風景や空にも表れていた。日本人の考
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

新海誠の作品はストーリーはいいけれど、押し付けがましい音楽の多用でまったく好きにはなれなかった。しかし今作はかなり控えめでとても見やすい。

その分、壮大さや宇宙規模のナニカは鳴りをひそめてストーリー
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

アメリカとは思えない静かなサイコホラー。大人2人のとてもとても冷静なものの言い方が怖さを引き立てる。

それが引っ張られているかのようなラスト。子供1人を失ったとて人生が冷静に続いていく。

あの息子
>>続きを読む

クロノス(1992年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

まったくギレルモの悪趣味ったらないよね。グロにどうして少女を合わせるのか。しかも平然とした顔で。

この、ファンタジーにグロテスクなものを加えて、本当は怖いお伽話の実写版を作る手法。昔から変わらないん
>>続きを読む

ザ・バニシング-消失-(1988年製作の映画)

2.2

このレビューはネタバレを含みます

くそ眠い。

やっぱり音楽って大事なんだわあ。ほとんど起伏なく進んでいくお話と、脈絡ない誘拐で見ているのが面倒になる。そして寝る。

起きてもまだ続いてて、久しぶりに早く終わらないかなーという映画に出
>>続きを読む

続・夕陽のガンマン/地獄の決斗(1966年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

続、と書いてあっても前作と繋がりはないのね。だいぶ時間が経ってから今作を見たので忘れてて良かった。

しかしほんやりと前作の漢字を覚えているもので、今回のマカロニウエスタンはなんか大味だな、という感じ
>>続きを読む

アリス・クリードの失踪(2009年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

ちょっとしたことでどんどんと変わっていくのがたまらない。

あの時の薬莢、ケータイ、誘拐という密室で匿名だからこそできる細かい芸だ。脚本家は細かいところまで気を配って書いているのが伝わってくる。

>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりのSF。これが21世紀のエイリアンか、、なかなかやるよ。

最初はほのぼのエイリアンかと思いきや、考えられる限り最悪の着地をするという悪趣味。嫌いじゃない。

エイリアンの造形がいまいちだった
>>続きを読む

人生、ここにあり!(2008年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

どうしても「レナードの朝」とか「17歳のカルテ」「カッコーの巣の上で」あたりを思い出して、最後はやはりダメでした、で終わるのかと思いきやまさかの逆転劇。的確な診断をした医師が憎いヤツだったね。

人を
>>続きを読む

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

うーん、、なるほどねえ。

冒頭からなんか惹きつけられない。なんだか犯人探しがテキトーすぎて、見ている私たちもそんな感じ、テキトー。

だから犯人が捕まらず、あんな結末になることはある意味では意外では
>>続きを読む

白い馬(1952年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

赤い風船と二本立て。こっちの方が生きている分だけあって見応えはある。思う存分馬を暴れさせてるから躍動感とかね、悪くない。

けどこっちもなあ、絵本的ストーリー、特に盛り上がりのない展開、ああ、そう、み
>>続きを読む

赤い風船(1956年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

絵本みたいなファンタジー。

ワンコみたいな風船のちょっとした仕草が可愛い。限りなくグレーなフランスの街並みと赤々な風船が映える映える。

ほんと、絵本を実写化したらこうなるんだろうなぁ、悪意のあるガ
>>続きを読む

ビル・カニンガム&ニューヨーク(2010年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

おじいちゃん、いったい何歳なんだろう。あの恩年で自転車に跨ってニューヨークを行ったり来たり。

カメラを構えて朝から晩まではしゃぐはしゃぐ。あんなによく動けるものだ。

それもこれも好きなことに夢中に
>>続きを読む

サード(1978年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

さすが寺山修司、詩的表現を織り交ぜて青春時代の苦々しさを描いている。同じようなテーマなら他にあるが、その詩的表現と少年院独特の寒々しさがこの映画をユニークにしている。

寺山修司ファンならあちこちに出
>>続きを読む

かがみの孤城(2022年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

もちろん原作は読んでいるし、辻村深月という天才には敬愛を惜しまない。「冷たい校舎の」からのファンである。当然「かがみの孤城」も大好きである。

だからこの映画のストーリーの良さは保証済みなのだけれど、
>>続きを読む

皆殺しのバラッド メキシコ麻薬戦争の光と闇(2013年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

昨日の映画に続いてまたもメキシコの犯罪ものを。映画かと思ったらとんでもない、淡々と事実を映す衝撃的なドキュメンタリーだった。まさか本物の死体やバラバラ遺体が写るとは、、、

どこまでも危険なフアレスで
>>続きを読む

闇の列車、光の旅(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

うーむ、相変わらずメキシコあたりの汗臭さと無骨な感じはいいなあ。

リアリティがあるだけでなく、雰囲気が伝わってくるよね。風の匂いとか、土埃みたいなものがスクリーンを通して伝わってくる。これだけで何割
>>続きを読む

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

とてもとてもマリオ愛に溢れた映画。とにかくいろんなところにマリオ要素を入れて、なるべく盛りだくさん楽しんでもらおうという、映画、っていうかこのノリ、ディズニーランドに近い気がする。

もちろん足りない
>>続きを読む

太陽を盗んだ男(1979年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

なんだかよくわからないけど、とても贅沢だった。

ジュリーと池上季実子の演技がこの時代特有の、下手で上滑りする演技で、菅原文太の迫力と喧嘩していたけど、おちゃらけたジュリーが退屈すぎる人生に原爆を持ち
>>続きを読む

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

2.6

このレビューはネタバレを含みます

時系列をバラバラにしなくても良かったのでは?と思う一方で、ストレートだったら凡百なアクション映画かーという気持ちもあり、さりとて効果あったのかなあ?とも首を傾げる。

ジェイソン・ステイタムが結局何者
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

イケメンであることはなにも悪くはないのだが、とても白々しい。やっぱりレオンは髭面だからこそ、感情移入できるんだよ。どうしてもこのキムタク清々しい版ではダメだ。なにをしてても様になるんだもの。

髪が伸
>>続きを読む

search/#サーチ2(2023年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前回の続編だからどんなもんかと思っていたけれど、まあおもしろい。サイバーを扱うとどうしてもたたPCの前に座っているだけじゃん、となってしまうが、これだけ動きのある映画を作れることがまずすごい。現代のア>>続きを読む

プラットフォーム(2019年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

最初の方こそなかなか興味深く、資本主義と共産主義の対決のようで見ていられたが、エレベーターを降るところから?となってしまい、メッセージに至っては意味がわからなかった。

女の子1人が上に上がっていった
>>続きを読む

300 <スリーハンドレッド>(2007年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

戦う、男の物語、戦う! それ自体を楽しんでいるようでさえある。是非もなし、戦闘民族の運命を、ボリウッドテイストたっぷりで味付けした、戦う奴らの物語。

物語の筋らしい筋もないのによくぞここまで書き切っ
>>続きを読む

>|