次郎タクヤさんの映画レビュー・感想・評価

次郎タクヤ

次郎タクヤ

1人映画良い。

ローマの休日(1953年製作の映画)

4.0

一度は観ておきたい作品。
最後のシーンは息を止めて魅入ってしまった。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.0

宮沢りえの演技が際立ってた。めっちゃめっちゃ泣けるって感じではなかったけど、じんわりと来るものがあった。湯を沸かすほど熱い愛だった。

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.2

内容はそこそこって感じだった。ただ、あの有名なオープニングシーンとヘップバーンのムーン・リバー、ラストシーンを観るだけでも価値あると思う。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

初めてのIMAXでの鑑賞。映画というか、うたい文句通り戦争体験の映画だった。ノーラン監督らしい話が繋がってく表現も良かったし、内容も感動した。

家で初見だとそんなに感動しないかもしれないけど、IMA
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.3

サム・ライミ版ほどインパクトは受けなかったけど、よりポップな感じなのは好き。エマ・ストーンが可愛い。

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.8

名作とはこのことかと思ってしまう。高校〜大学低学年で見ても良いし、大人になっても見返したいと思える映画。感動して泣きそうになった映画。

バーレスク(2010年製作の映画)

3.8

アメリカ!西海岸!って雰囲気で良かった。2時間かけてお洒落でかっこいいMVを観ているよう。

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

3.2

マイケル・ベイ監督らしいド派手な爆破と映像は凄かった。「トランスフォーマー」というよりはアベンジャーズみたいなヒーローものになってる感。でもオプティマスやバンブルビーは相変わらず格好良かった。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

月並みな感想だけど、従来の悲惨さを伝えるだけではなく、日常感が出ていて良かった。祖父や祖母とほぼ同じ時代なのでこんな生活だったのかなと感じた。

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

3.0

映画館で鑑賞。思っより海の中の出来事より陸のシーンが多かった。やはり2と3の方が面白いと感じてしまった。これからに期待。

ポセイドン・アドベンチャー(1972年製作の映画)

3.5

パニック映画の元祖。1970年くらいによくこれだけの映画が作れたなって感じ。
王道の原点。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.6

スピンオフと言えども完全にスターウォーズ。全編観てると本当に感動する。
ベイダー卿かっこいい。

「最高傑作」の文句に納得した!!

テッド 2(2015年製作の映画)

3.3

これも面白い。大麻や差別発言が散りばめられすぎてり笑

ライラの冒険 黄金の羅針盤(2007年製作の映画)

2.8

もともと有名なファンタジー小説が原作だから、割とすっ飛ばし気味。

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

3.7

戦争の後遺症が取り上げられることが多いけど、反対にこういう人もそりゃいるよねと納得。

ローン・サバイバー(2013年製作の映画)

4.0

臨場感があり、2時間あっという間だった。

現代戦争映画。

バーニング・オーシャン(2016年製作の映画)

4.5

今年のアカデミー賞の視覚効果・音響編集賞にノミネートされただけあって、映像と音に本当に圧倒された。

大火災が起きるまでのテンポと緊張感が良く、息つく暇もない。災害系映画によくあるの少し目を背けた
>>続きを読む

眠れる森の美女(1959年製作の映画)

4.0

白雪姫と並んで色彩と音楽が凄い。全て絵コンテなのかと感動する。ディズニーの古典系を観るなら白雪姫とピノキオと眠れる森の美女を本当にオススメする。

キングスマン(2015年製作の映画)

3.5

コメディと上品なお洒落さが良かった。英国紳士はかっこいい。

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.5

GW初日に観てきた。予約の段階で1番大きいシアターが8割埋まってたのは驚き。ミュージカル部分も良く、Be our guestは最高だった。原作の内容+αで殆ど原作通りなのも良く、エマ・ワトソンもハーマ>>続きを読む

メリー・ポピンズ(1964年製作の映画)

3.3

アニメと実写の合成が良かった。基本愉快なミュージカル。メリー・ポピンズが可愛かった。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.6

ハリウッド版っぽく、何も考えずに見れる。とりあえず面白いところを詰め込んだ映画。コングとラスボスとの戦いは映像凄すぎ。でも、ピーター版キングコングも意識してるように見えて良かった。シン・ゴジラも大好き>>続きを読む

スパイダーウィックの謎(2008年製作の映画)

4.0

ファンタジーなのに2時間で綺麗に完結している。娯楽映画として観やすい。

ふしぎの国のアリス(1951年製作の映画)

4.1

単純に映画として観るとカオス過ぎて衝撃を受けた。文脈やらフリなんて関係なし。今となっては規制で放送できない表現などあってそれも楽しい。ぶっ飛び方が半端じゃない。

悪の教典(2012年製作の映画)

3.5

伊藤さんのサイコパス演技が良い。テンポ良く進むのであっという間に終わった気がする。