Soshiさんの映画レビュー・感想・評価

Soshi

Soshi

サイモン・バーチ以降に観た作品をレビューをしています。日本公開直前の作品を先取りするのが好き。すぐイイネします。
何ヶ月もレビューを溜めがち。

映画(927)
ドラマ(0)

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.5

太一にフォーカスを当てたのは驚嘆した。
まさかここで太一とは。

上の句と本作と比較すると、やはり、感動や目新しさに劣るものがあった。

しかし、フォロワーの評価は高評価。
私のフィルターが一般とかけ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.5

メッセージ性も強く、心に響くものがあった。
心に闇を抱えていたり、怒り、ストレス、やるせなさなどを感じていたりする人にオススメ。
彼女の怪演と心情の変化と共に、素敵な人生を送るきっかけとなる一本。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

前作の良さを踏襲していた。

彼が再始動するとは思いもしなかった。

チャニングテイタムのハットは似合わなすぎて面白かった。

往年のスターのくだりには毎度笑わされた。

以上。

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

4.0

「想定外のエンターテイメント」

カーラ目当てで映画館に訪れた。上演時間を過ぎていたため急いでチケット売り場へ向かう。チケットを右手に握りしめ、室内に入ると、何かいつもと違う不思議な雰囲気を感じ取っ
>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

4.0

GAPの凄みを味わえる作品。

宣伝広告だけでなく、劇中の演技ですら、ふざけているように感じる。

しかし構成が秀逸。
国レベルの政治や選挙を分かりやすく、面白おかしく、学園内の生徒会選挙で表現してい
>>続きを読む

バケツと僕!(2017年製作の映画)

2.5

浜松を舞台にした作品。
知的障害の疑いのある中学生と、その養護施設内の担任の先生の話。

私の地元であり、見慣れた風景であるが、その風景の中の空想世界を見させられていることや、明るすぎるエンディング曲
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

2.5

題名と宣伝に騙された。
「12strong」の原題ならわかる。
騎馬隊でもないし、アフガニスタンの軍と組んで戦ってるし、もう銃撃戦しか見所がない。

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.5

挿入歌に多大なる期待を持って鑑賞したが、映画館の音響のレベルが普通だったのか、あまり満足しなかった。

ただ、作品としてはめちゃくちゃ面白い。
世界から目も向けられない国が持つ強さ。しかもそれを知られ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.0

マイノリティに目を向けることの大切さを社会に訴える手段として、本作が代表作となるだろう。

水を数分毎に登場させる徹底ぶり。
題名のセンスに涙がでそう。

耳の聞こえない社会的弱者として扱われている主
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

駅の中の展開で進んで行く物語だと思っていたが、主人公たちの来歴が8割でびっくりした。

本作の価値は、当事者が主演だということ。彼らをキャスティングする突飛さ、プロではない彼らから、観客の心を動かす演
>>続きを読む

パーティで女の子に話しかけるには(2017年製作の映画)

3.0

不思議な雰囲気。
近未来的作風。
時計仕掛けのオレンジ的な感じ。

「ネジが一本飛んでいる」という表現より、「ネジが付いてない」という表現の方がいいかも。

なにがなんだか分からんけど、人間と宇宙人と
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.5

単なるパニック映画ではない。
地球が破滅する恐怖、誰が犯人か紐解かれるまでの焦燥感、親子・兄弟の絆の大切さなど感じ取ることができる作品。
定番な型のディザスタームービーに飽きた方も楽しむことができる作
>>続きを読む

リュミエール!(2016年製作の映画)

3.5

世界初の映画「工場の出口」を始め、108本の短編映画を収録。
映画好きを語るに当たって、観ておくべき作品の一つ。
CGや3Dなど最新技術が発達していく中、本作で原点回帰するのも良い。

ア・ゴースト・ストーリー(原題)(2017年製作の映画)

3.5

英語字幕でも十分、鑑賞できるほどの量のセリフ。
雰囲気◎
霊魂が残り、現世で彷徨うお話。
おばけが怖くないのも良い。
中身がケイシーアフレックってのも良い。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

オープニングでのおデブちゃんのヌードダンスに驚きと疑問を隠せなかった。インパクト大。
ギャングたちの行動が胸糞悪く、抵抗できないことへの恐怖と無力感に泣けてくる。
内容には触れないが、鑑賞後放心状態に
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.5

受け持ってる児童にそっくりの長瀬さん。正直あんまり好かんのやけど、どの作品も素晴らしい。
母親からのリクエストで本作を鑑賞することになったのだが、母親に感謝。
法律ができた今日でも、もっと障害のある方
>>続きを読む

フェノミナン(1996年製作の映画)

3.0

エンディングのchange the worldが聞きたいがために鑑賞。エリック・クラプトンではなく、楽曲提供したbabyfaceが好きなのだが。
とはいえ、内容は後天的に「ギフト」をもらうという奇抜な
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

親子愛。あんな親子に惹かれる。親子というのは少し
「ギフト」を持った女の子の人生の選択が、自己中心的な大人の選択に委ねられることに現実的な虚しさを感じながらも、その中で自由に素直に生きる彼女のかわいさ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

爽快。終末が読めないことに良い意味でイライラした。奥の奥の手を用意する周到さ、味方をも欺く冷酷さに憧れを覚える。

ジェシカ・チャスティンがものすごく美人で見てて飽きない。考えや行動が人間離れしてて、
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

恥ずかしながら物語を知らない非常識人間です。展開が読めたのは、作品の作りが優しかったからなのか。
ポワロの思考回路には驚嘆するが、あんな犯罪を実行しようとした犯人にも驚きを覚える。もっというと、あれを
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

実話だとは…
こんなことは二度と起こってほしくない。過去になにをしたかに執着し、現実を見ることを逃ける政府にはイライラが止まらない。
父として母として保護者として人一人を大切にする主人公の御心に感動し
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

もっと難しい展開かと思いきや…
終末には驚かされたが。
ハッキングだけでなく、国家からのチェイシングも魅力がある。図書館でのチェイシングはめちゃくちゃドキドキした。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

待った甲斐がありましたね。
「最後のジェダイ」という題に感服。
前回も書いたが、あんなに嫌いだったチューイとレイアにほっこり。
デル・トロ出てきた時めちゃくちゃ嬉しかった。役不足でがっかりしたが。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

松岡茉優ファンとしては最高の物語。
とにかく結末はゲロ。無理。怒り。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

母親と鑑賞したのだが、気まずい(笑)
男2人(1人は死体なのだが)が無人島で生活するとしたらエッチな話になるよな。
妄想の中の恋路を中心にサバイバル生活を送るのだが、2人のキャラクターと物語の奇抜さに
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

前評判通り、ゾンビ映画なんだけれどもヒューマンドラマでした。
韓国映画がここ数年でどんどん成長していると感じる。中国のシネママーケットは日本を遥かに越していることから、観客動員数及び興行収入目当てでハ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

900作品目。
さすがドゥニ・ヴィルヌーヴ。リドリー・スコットの世界観を崩さず、しかも独自の世界観で本作を繋げてくれた。セットをCGでカバーするのではなく、実際に作って撮影に臨んだそうで、役者は演技を
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

「なんじゃこりゃ」が観終わってからの一言目。レビューを書いている今はある程度の解説を読了し、2049も鑑賞済みであるため、伏線や内容の理解ができているが、公開当時、単発の映画だと思って鑑賞していたらき>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

冷静末期の時代背景を映す映像美と音楽に魅了された。アクションシーンもなかなか迫力があり楽しめた。期待してなかった分、観終わってからの気分が高揚した。
二重スパイの主人公の心情の変化や、仕事と、人として
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

後半になるにつれてどんどん引き込まれていく。さすがキング。構想が素晴らしい。それを映像化した監督のムスキエティにも感服。
IT再来な訳であるが、スタンドバイミー再来でもある。子供らの成長物語にあの有名
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.5

設定からしてB級。
アン・ハサウェイ老けたねえ…美人なのは変わりないけど。
ダメウーマンすぎて嫌悪感。責任感と優しさはあるから救いようがある。
コメディでもアクションでもロマンスでもないし、なんやこれ
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

4.0

新車を買ったものの、制御システムが壊れ、ブレーキが効かない。しかも速度が落ちない。高速道路で160キロ大暴走のそれだけの展開なのに終始笑いっぱなし。飽きない!あっという間。仕事の疲れなんて吹っ飛んだ。>>続きを読む

>|