Soshiさんの映画レビュー・感想・評価

Soshi

Soshi

サイモン・バーチ以降に観た作品をレビューをしています。日本公開直前の作品を先取りするのが好き。すぐイイネします。
1ヶ月くらいレビューを溜めがち。

映画(914)
ドラマ(0)

ア・ゴースト・ストーリー(原題)(2017年製作の映画)

3.5

英語字幕でも十分、鑑賞できるほどの量のセリフ。
雰囲気◎
霊魂が残り、現世で彷徨うお話。
おばけが怖くないのも良い。
中身がケイシーアフレックってのも良い。

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

4.0

オープニングでのおデブちゃんのヌードダンスに驚きと疑問を隠せなかった。インパクト大。
ギャングたちの行動が胸糞悪く、抵抗できないことへの恐怖と無力感に泣けてくる。
内容には触れないが、鑑賞後放心状態に
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.5

受け持ってる児童にそっくりの長瀬さん。正直あんまり好かんのやけど、どの作品も素晴らしい。
母親からのリクエストで本作を鑑賞することになったのだが、母親に感謝。
法律ができた今日でも、もっと障害のある方
>>続きを読む

フェノミナン(1996年製作の映画)

3.0

エンディングのchange the worldが聞きたいがために鑑賞。エリック・クラプトンではなく、楽曲提供したbabyfaceが好きなのだが。
とはいえ、内容は後天的に「ギフト」をもらうという奇抜な
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

親子愛。あんな親子に惹かれる。親子というのは少し
「ギフト」を持った女の子の人生の選択が、自己中心的な大人の選択に委ねられることに現実的な虚しさを感じながらも、その中で自由に素直に生きる彼女のかわいさ
>>続きを読む

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.0

爽快。終末が読めないことに良い意味でイライラした。奥の奥の手を用意する周到さ、味方をも欺く冷酷さに憧れを覚える。

ジェシカ・チャスティンがものすごく美人で見てて飽きない。考えや行動が人間離れしてて、
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.5

恥ずかしながら物語を知らない非常識人間です。展開が読めたのは、作品の作りが優しかったからなのか。
ポワロの思考回路には驚嘆するが、あんな犯罪を実行しようとした犯人にも驚きを覚える。もっというと、あれを
>>続きを読む

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

実話だとは…
こんなことは二度と起こってほしくない。過去になにをしたかに執着し、現実を見ることを逃ける政府にはイライラが止まらない。
父として母として保護者として人一人を大切にする主人公の御心に感動し
>>続きを読む

ピエロがお前を嘲笑う(2014年製作の映画)

3.5

もっと難しい展開かと思いきや…
終末には驚かされたが。
ハッキングだけでなく、国家からのチェイシングも魅力がある。図書館でのチェイシングはめちゃくちゃドキドキした。

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.0

待った甲斐がありましたね。
「最後のジェダイ」という題に感服。
前回も書いたが、あんなに嫌いだったチューイとレイアにほっこり。
デル・トロ出てきた時めちゃくちゃ嬉しかった。役不足でがっかりしたが。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.5

松岡茉優ファンとしては最高の物語。
とにかく結末はゲロ。無理。怒り。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.0

母親と鑑賞したのだが、気まずい(笑)
男2人(1人は死体なのだが)が無人島で生活するとしたらエッチな話になるよな。
妄想の中の恋路を中心にサバイバル生活を送るのだが、2人のキャラクターと物語の奇抜さに
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

前評判通り、ゾンビ映画なんだけれどもヒューマンドラマでした。
韓国映画がここ数年でどんどん成長していると感じる。中国のシネママーケットは日本を遥かに越していることから、観客動員数及び興行収入目当てでハ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.0

900作品目。
さすがドゥニ・ヴィルヌーヴ。リドリー・スコットの世界観を崩さず、しかも独自の世界観で本作を繋げてくれた。セットをCGでカバーするのではなく、実際に作って撮影に臨んだそうで、役者は演技を
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

3.5

「なんじゃこりゃ」が観終わってからの一言目。レビューを書いている今はある程度の解説を読了し、2049も鑑賞済みであるため、伏線や内容の理解ができているが、公開当時、単発の映画だと思って鑑賞していたらき>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

3.5

冷静末期の時代背景を映す映像美と音楽に魅了された。アクションシーンもなかなか迫力があり楽しめた。期待してなかった分、観終わってからの気分が高揚した。
二重スパイの主人公の心情の変化や、仕事と、人として
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

後半になるにつれてどんどん引き込まれていく。さすがキング。構想が素晴らしい。それを映像化した監督のムスキエティにも感服。
IT再来な訳であるが、スタンドバイミー再来でもある。子供らの成長物語にあの有名
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

2.5

設定からしてB級。
アン・ハサウェイ老けたねえ…美人なのは変わりないけど。
ダメウーマンすぎて嫌悪感。責任感と優しさはあるから救いようがある。
コメディでもアクションでもロマンスでもないし、なんやこれ
>>続きを読む

ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走(2016年製作の映画)

4.0

新車を買ったものの、制御システムが壊れ、ブレーキが効かない。しかも速度が落ちない。高速道路で160キロ大暴走のそれだけの展開なのに終始笑いっぱなし。飽きない!あっという間。仕事の疲れなんて吹っ飛んだ。>>続きを読む

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

3.5

DrakeのJump manから始まった本作は、最後まで飽きることなくハラハラドキドキの展開。いじめられっ子のデブのBobと高校で人気者だったCalvinが主人公。Bobが実は敵なのかもしれないという>>続きを読む

ギフト 僕がきみに残せるもの(2016年製作の映画)

4.0

ドキュメンタリーは得意ではないが、本作はかなりの高評価。
グリーソンの強さに心が打たれる。観客を泣かせようとすることない展開にも好感を持てる。不治の病にも負けることのない芯の強い彼の生き方は尊敬に値す
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.0

ゆったりしすぎてあまり楽しめなかった。やっぱりゆっくり展開される映画は得意じゃない…
ただ、アート的な詩や街並みには心が癒された。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

2.5

あんまり楽しめなかった。
評価高いだけに残念。
きっと英語字幕すらなかったから理解度が足りなかったんだろうな…
ネタバレ観てようやくわかった!
Gamblioのオープニングが最高!
1週間も前に観たの
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

音楽とカーアクションの融合。ベイビーのドライビングテクニックは迫力満点。音楽もノリがよく、鑑賞中にも関わらずベイビーと一緒に踊りたくなる。アクションだけでなく、ロマンスの要素やらサスペンス要素が含まれ>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

ヨーロッパでは誰も知らない人がいないほど有名な史実。
ノーランがこだわりにこだわっただけある。ほとんどCGを使わなかったと聞き驚くあまり。
生と死が入り混じる戦場を3つの視点で描かれている。どの視点に
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.0

ガル・ガドットが素晴らしい。ワンダーウーマンの設定ぴったり。美と強さを兼ね備えた女戦士。彼女を観るためだけに本作を観に行ってもいいくらい。
内容はDCやし、安パイなところはあるが、他作品と比べると劣る
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.0

今回もドラン節炸裂していた。会話を中心に3人組のグループ内の恋愛を描いた本作。ゲイとストレートのそれぞれの恋愛感、親友との恋愛への葛藤を描く。
映像、色彩、ファッション、バックグラウンド、全てにセンス
>>続きを読む

パージ:大統領令(2016年製作の映画)

3.5

設定がgood。
1年に1日、12時間のみあらゆる犯罪が許される法律、パージ。
家に隠れる者。外にでて群雄割拠する若者。大切なものを守ろうとする者。傷ついた者を救おうと奮闘する者。パージを上手く利用す
>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

3.0

衝撃作。狼への愛情を描いた本作。曲がった愛情感。上司からの求愛と狼への愛情の狭間に生きる彼女の人生の行方。全く共感できない本作。予告で感じた狂気と、鑑賞後に感じた狂気のすれ違い。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.5

意外とよかった。これまで原作が良くて映画化された作品に感動を覚えることが少なかったため、本作もあんまり期待してなかった。その分感動が大きかった。
年末年始に太宰府で奉仕していたこともあり、懐かしさを感
>>続きを読む

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

2.5

自己中すぎて終始イライラ。
小さい頃にあんなことあればおかしくもなるか…

キッズ・イン・ラブ(2016年製作の映画)

2.5

カーラ主役やないんやな。脇役にもほどがある。
ウィルポールター全然かっこよくないし好きやないんやけど、だからこそ美人といい感じになるのがgood。夢があるね。
内容はあんまり記憶に残らなかった。という
>>続きを読む

>|