spiderさんの映画レビュー・感想・評価

spider

spider

映画(48)
ドラマ(0)

アイ・スピット・オン・ユア・グレイヴ(2010年製作の映画)

3.7

女性のリベンジ物。
田舎の男達に痛めつけられるシーンはここまでするのか、、、ってくらい酷かったけど、後半容赦なくやり返してグッドでした。
拷問シーンが思ったより痛々しい、、、

保安官は家族いて、奥さ
>>続きを読む

最強のふたり(2011年製作の映画)

4.4

高校の時、「September」が流れるオープニングを見て以来、家にあったCDを漁って聴きはじめ、今でもEarth,Wind & Fireは大好きです。

「September」のオープニング、「Bo
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

3.5

中学生の当時、ホラー映画が怖くてしょうがない私が、テレビや劇場で何度も予告を見て、「誰がこんな映画観るんだ」、「ホラー映画なんて気持ち悪い」と思っていたのが懐かしい。
今ではホラーばっか観てんのに。
>>続きを読む

ディセント(2005年製作の映画)

3.5

そこまで期待せず観ましたが、予想以上に楽しめた。
地底人もありきたりな造形ではあるが、ビジュアル的にはそこそこ満足。ただ弱すぎますね。

血の沼に落ちたサラは、「キャリー」も顔負けの血みどろ状態。血の
>>続きを読む

ムカデ人間(2009年製作の映画)

3.2

気持ち悪い。兎に角気持ち悪い。マジでイかれてる、マッドドクター。飾ってある絵画とかも、もうヤバめ。

観終わって思ったこと。
あんた、何で繋げようと思った?
以上。

思ったよりグロさは無く、ホラー映
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.7

小学生の頃、担任に
「過去に戻ってやり直したいと思ったことはありますか?実は、今ここにいる自分は、過去をやり直すため、未来からやって来た自分です。しかし、一つ条件がある。それはタイムトラベルする事で、
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.9

2度目の鑑賞。やはり美しい。魅入ってしまう。鮮やかな色彩と音楽の、アートな世界観がいい。
バレエ学院の建物の鮮やかな色合いで美しく、そこが逆に気味が悪く恐怖を感じる。血の色でさえも赤すぎる赤。リアルさ
>>続きを読む

バタリアン(1985年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

最高のゾンビ映画。

ハーゲンタフ、オバンバ、タールマンとネーミングがまんまで面白い。
特にタールマンはビジュアルがカッコ良かった。

ホラー映画にしては、よく電話が繋がる。電話が繋がることで、次々と
>>続きを読む

ヘンリー(1986年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

「ガーデァアンズ」シリーズのヨンドゥのイメージしかなかったマイケル・ルーカー。
非常に冷たく、冷酷なヘンリー役を凄くリアルに演じていて、さらに好きになった。
この頃のマイケル・ルーカー、個人的にカッコ
>>続きを読む

アリス・スウィート・アリス(1977年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

黄色いレインコートと不気味なマスクのビジュアルに一目惚れしてレンタル。

犯人は小柄でパワーもなさそうに見え、どう見てもアリスか、若しくは子供が犯人だろうと思っていたが、まさかの正体に驚き。

映画序
>>続きを読む

イージー★ライダー(1969年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

音楽とバイクのロードムービー。
道中様々な人々との出会いを通し、ニューオリンズへと向かうだけのただただカッコいい映画。

自然の中を走る一本道を、音楽と共に突き進む二人がクールだった。

自由を体現す
>>続きを読む

ペット・セメタリー(1989年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ゲイジが凄く悲しい顔で「ずるいよ」と言うシーンは観ていて胸が痛くなった。

自分の都合のいいように猫を蘇らせ、ゲイジを蘇らせ、、
それでも懲りずに妻をも死者蘇生をする始末、、、。

でも、自分も同じ状
>>続きを読む

少女が大人に変わる夏(2013年製作の映画)

3.3

エリザベス・オルセンが出てるので観ることに。
比較すると、どうしてもダコタ・ファニングが幼く見えてしまいました。

デヴィッド役のボイド・ホルブルックはどこかで見たと思ったら、「ザ・プレデター」の主演
>>続きを読む

バーニング(1981年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

前半、来るか?と思わせといて、全然こない。
後半、遂に始まる!と思いきやそーでもない。
かなり長く感じ、正直退屈でした。

今見ると怖さ、グロさは感じられません。
流石にハサミ一つじゃ、殺しのバリエ
>>続きを読む

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

前々から気になっていたこの作品。ようやく観れました。が、中々難しい作品だった。
もう少し映画を観る目を鍛えないと、、、

個人的には解剖シーンはそこまでグロさは感じず、流石に映画の見過ぎで麻痺してきた
>>続きを読む

デモンズ(1985年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

デモンズ

ゾンビ映画の中では割と好きな部類。
私の中で、ゾンビといえばバイオハザードが最初なので、ロメロ版ゾンビのような青くノロいゾンビより、攻撃的なこーいうゾンビがささります。

特殊メイクが見事
>>続きを読む

ゆりかごを揺らす手(1991年製作の映画)

3.9

幸せな家庭がじわじわと蝕まれていく映画。人の恨みは買いたくないですね。

エスター(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

エスターといい、マイキーといい、一見いい子に見える養子は、頭のキレる危険人物と覚えときます。
確か元ネタ?の「ゆりかごを揺らす手」も👍

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.4

大好きなアニャ・テイラー・ジョイが出てたので。こういう雰囲気の映画、好きです。自分の理解力が足らなかった。また見てみようかな。

インビテーション/不吉な招待状(2015年製作の映画)

3.4

確かに終盤までは長く感じた。全体の雰囲気は好き。俺なら途中で帰ってしまいそう。カルトってやっぱり怖い。

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

非常に静かな作品。母がおかしいのか、と思いきや中盤で兄弟がおかしいことに気づく。結末は、またこのパターンか、となってしまったが、最後まで気づけなかった、、
ゴキブリの意味がよく分からなかった。映画を見
>>続きを読む

ヒッチハイク(1976年製作の映画)

3.6

ヒッチハイカーは絶対乗せない。コリンヌ・クレリーなら乗せようかな。

サンゲリア(1979年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジョージ・A・ロメロの肌の青いゾンビとは違い、肌は白く腐敗した様子がリアルだった。ゾンビというよりは、どこかミイラのような雰囲気を感じる個体もいた(地中から出てくるし、、)。個人的にゾンビの造形は大好>>続きを読む

狼男アメリカン(1981年製作の映画)

3.4

デヴィッドが狼男に変貌していく様は見事だった。ただ変身後の姿は、、、。
リック・ベイカーによる特集メイクの素晴らしさを感じた。
ヴァンモリソンのmoondance、久々に聴いたけどやっぱ好き。ジェニー
>>続きを読む

ゾンビ/ダリオ・アルジェント監修版(1978年製作の映画)

3.4

40年以上も前の映画、特集メイクや内臓など、流石に今見るとチープさが見えてしまう。
愉快な音楽やどこかコミカルなゾンビ達が良かった。

テリファー(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

一言も発しないピエロ。やられた時でさえ声を出さない。気味が悪くて良かったけど、最後はきっちり死んでた方が良かったなぁ、、、
股からギコギコはオーマイガー。
勝手にセルフィー撮られたら、撮り返す。

マイキー(1991年製作の映画)

3.4

第一印象は男の子版エスターって感じ。
殺しの描写にそこまでの残虐さはないものの、少年が年上の人間を躊躇なく殺す。子供の残虐さが恐ろしい映画だった。

マニアック(1980年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

頭ぶっ放すシーンは中々のものだった。途中トイレに逃げ込むとこは、最近観たハイテンションを思い出した。
全体的に中々痛々しかった。
マザコン男の変態っぷりがいい。

ハイテンション(2003年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

かなりハラハラさせられた。パパさんが殺られるシーンが一番好き。ガソスタのトイレのシーンも、見つかる!、というドキドキ感が良かった。テンポも良く個人的には大好きな作品。ラストは予想外で、個人的には少し残>>続きを読む

>|