Shoty

Shoty

1996〆新しいのとか古いのとかお茶目なのとか真面目なのとか

Get Out(原題)(2017年製作の映画)

3.8

おもしろいはおもしろいけどみんなこぞってこの話するほどのものなのか
僕が黒人歴史に関して薄いからかな

いつも心はジャイアント(2016年製作の映画)

3.7

それにしてもこのペタンクって競技どれだけおもしろいんだろ

毎日のように朝から夜までやってるおじさん達を見たことがある
飽きないんだね

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.0

やっぱりデンマークいいなぁ

勇敢な子供をみせるのが上手だ

The Day Will come は主人公の兄弟に向けたものじゃないみたい

書きたいことは公開後にまだ書きたかったら書こうかしら

ドリーム(2016年製作の映画)

3.7

NASAの中でも上に立つ人間はやはり差別なんかより宇宙への夢の方が大きい

赤い影(1973年製作の映画)

3.6

思ったまんまの展開だったけどテーマ 雰囲気は普通のホラー ミステリーとは違う。男女間の違いによる運命的な何か

怖いは怖い ずっと不気味

セックスシーンがやたら長い

コブラ・ヴェルデ(1988年製作の映画)

3.8

パパパパワー!画面がめちゃくちゃ力強い ものすごい数の人間に
このキンスキーの表情!怖!

しかし他のヘルツォーク映画に対するとそこまでワクワクしない

ラルジャン(1983年製作の映画)

4.2

こーれは観るものに全く媚びていない 必要な部分のみ 結果のみを映し出し80分という短さになっているが 恐らく描かれていた場合よりも観る側は深いものを受け取っている。
フィルムも時間も使っていないのに使
>>続きを読む

未知への飛行(1964年製作の映画)

4.0

博士の異常な愛情と流れは変わらない だけどイカれちゃってるリッパー准将はいないし怪しげな博士もいないんで こっちの方が真面目で緊張感 緊迫感

なにより監督が12人の怒れる男の人なんでやっぱり会話が素
>>続きを読む

ペリカンのニコル(2011年製作の映画)

3.6

犬との友情映画は観ませんがペリカン!ちょっと気になりましたね

ただ僕がスイスで出会ったペリカンさんは睨み殺される様な眼力とどでかい翼 クチバシを余さず使って威嚇してきました 恐ろしい 友達になんてな
>>続きを読む

ルナ・パパ(1999年製作の映画)

4.0

このジャケット写真!新しい服買ってもらって喜んで踊ってるとこなんですがこの主人公めっちゃかわいらしい!
自分を妊娠させた男を探し出すっていう割と重いストーリーのはずがこの女の子と戦争で病んじゃった兄貴
>>続きを読む

ハウス・バイ・ザ・リバー(1950年製作の映画)

4.1

主人公が冒頭で人殺しちゃって隠します。もう必死です隠すのに必死になります 僕もオネショとか隠しちゃうタイプだったんで分かりますよ ハラッハラでしたねー
しかし!
僕のすぐお母さんにバレる隠蔽とは違って
>>続きを読む

怪人マブゼ博士(1960年製作の映画)

3.8

不気味な雰囲気の盲目の男から殺人が起こるぞ!と警部に電話がある そして記者が運転中に謎の男に殺される。なーによこの始まり方!ワクワクしますねー

監督はこのキャラクター 犯罪の天才マブゼが好きなんでし
>>続きを読む

四季を売る男(1971年製作の映画)

3.8

ううむ 人間の断定できない複雑な心情なのか なにかそういうものが広がっている。

軍隊を脱走し警察官としては解雇 母親の圧力で手を汚す仕事もさせてもらえない 夫婦で果物を売り歩くが夫婦関係もうまくい
>>続きを読む

列車に乗った男(2002年製作の映画)

3.7

「年をとるほど輝きが増す生き方」したいねー
よかったよ マネスキエがハゲてなくて 意味変わってきちゃうよ

ブレイン・オン・ファイアー(原題)(2016年製作の映画)

3.4

実話に基づいた話。記者の女性が妄想 幻聴 痙攣 麻痺 などの症状を起こすようになり病院に行くが異常なし、原因が分からない 診た医者は精神障害という見立てになるが。

精神病院入る事になってたらと思うと
>>続きを読む

メトロポリス(1926年製作の映画)

4.0

フリッツ・ラング!デザインも設定も撮り方もとてつもない想像力!金もかかってる! この映画のために使ったフィルム62万メートルってどういう事 東京から岡山ぐらいまでじゃないの
当時これ見たらどれだけワク
>>続きを読む

シュトロツェクの不思議な旅(1977年製作の映画)

4.4

誰かが入れたコインのためにチキンは踊り狂う!

110分間に押し込められたヘルツォークの世界の見え方 人間の見え方!

外面的なストーリーは出所した主人公ブルーノがベルリンでうまくいかずアメリカンドリ
>>続きを読む

BLUE ブルー(1993年製作の映画)

3.3

最初から最後まで画面は真っ青 そこから変わる事はありません
その真っ青な画面に音楽とナレーションが加わってくる 内容はエイズによる合併症の末期だった監督のエイズ患者に対する世間の態度の嘆き、闘病、死へ
>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.6

1の終わりに一緒に帰ったマッチョ犬ピットブル 2で活躍かと思ったら!大人しくしてました。
ほぼ戦闘シーン!1のクラブのシーンが1番よかったかな

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.9

僕は園児時代 好奇心からアリさんを手当たり次第にぷちぷちやってました ごめんなさい
しかしジョン・ウィックにしちゃ敵なんてアリ以下 超スピーディ!容赦無し 即射殺!ヘッドショットでシュパンシュパンに殺
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

3.9

おっさんにさえ見えるようなもってり男の主人公!(インド人にはイケメンなのかな)やる事がクセェ!ディカプリ以外やっちゃいけないようなことを平気でやっちゃう そのクッサいベタな演出 現実離れした能力を笑っ>>続きを読む

ダウン・バイ・ロー(1986年製作の映画)

3.9

作り出す雰囲気と思わず好きになるキャラクターがちょうど良くて心地良い。
なんだろう 分からないけど なぜか「ホームレスの笑顔」みたいな感じだと思った。いやよく分からない 悪気はありません
とにかく
>>続きを読む

Brutal Relax(原題)(2010年製作の映画)

-

友達とみんなで観て笑った覚えがあります おじさんのゾンビよりも遥かに多い戦闘パターンに笑いました 笑 ストレス発散ゴアゴア映画ですね

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.8

元偉大な魔法使いラドクリフがなんでもできる万能死体に!
かなり不思議で笑える 笑 どんな海の渡り方してんの 笑
が後半にはこの映画のテーマがよくわかる。ラドクリフの正体も分かったし意外としっかりしたメ
>>続きを読む

第十七捕虜収容所(1953年製作の映画)

4.3

第2次世界大戦中のアメリカ人捕虜の生活 ドイツの収容所だから冷酷無比な鬼畜モラルハザード映画かと思ったら 全然ちがう!捕虜たちなんだか楽しそう!ドイツ兵もあんまり怖くなく修学旅行みたい。だがなぜか情報>>続きを読む

フィツカラルド(1982年製作の映画)

4.0

今ではアイディアさえあればCGで魔法のように映像にできちゃう 恐竜と追いかけっこもするし地球だって吹き飛ばせるが 本当にやってるからこその すげえな!ていう驚きはやっぱりあるなぁ この映画の船の登山は>>続きを読む

王と鳥(1980年製作の映画)

4.1

不思議だ!鑑賞後filmarks片手に何を書こうか考える 多くのシーンにあれはなんでだったんだ?こういうことかな この終わり方はなんだ?と僕には"?"が浮かぶ だがそれは何か不足してるからではなく意図>>続きを読む

地獄に堕ちた勇者ども(1969年製作の映画)

4.0

若者にナチズムの現実の姿を知ってほしいと作られた映画 鉄鋼工場を持つ有力な一家の権力争いに絡むナチズム。
「憎悪。その貴重な怒りのエネルギーを私怨になど使うな 浪費だ 教えようその力の最上の活かし方を
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.7

ジムキャリーのコメディ力!あの動きと顔でこられたらそれはそれは笑っちゃうよ ペンのとこ笑ったなーあそこだけもっかいみよう

灼熱の魂(2010年製作の映画)

4.2

あぁ息詰まっちゃう ショックはなかなか大きいですね。
観終わった後に"歌う女"アラビア語で何歌ってんだろと気になってリビア人に聞いてみました そしたら "子守唄"。あぁもう余計きっついなぁ。
一応書く
>>続きを読む

ラ・ジュテ(1962年製作の映画)

3.8

モノクロ写真で物語が進むSF 写真の力と独特の手法で印象に残りますね 芸術点高め

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.9

な なんだこのオープニングは
普通だったら僕にとって嫌悪感の出てしまうものが芸術的な雰囲気で見ていられる!
小説の内容 現在 過去が 並行して進んでいきます。
いくつかの見方ができる内容なのでここで
>>続きを読む

我輩はカモである(1933年製作の映画)

4.3

わかりやすくても遊び心溢れたギャグが僕にはバンバンきましたね この時代のセンスはいつまでたってもおもしろいんだろうなぁ 2100年に観るとしてハングオーバー! テッドとこれだったらこれの方がうけるんじ>>続きを読む

裸のジャングル(1966年製作の映画)

3.8

村長への貢ぎ物の慣わしに対して渡すか!ボケェ!な白人達を原住民がボッコボコにするが1人がとんずら これを追いかけます。
しかし原住民の方々はきっとパリピってやつですね 村長が何を言ってもフォー!フィェ
>>続きを読む

>|