Shotyさんの映画レビュー・感想・評価

Shoty

Shoty

1996〆新しいのとか古いのとかお茶目なのとか真面目なのとか ドイツ映画ちょっと多め

アブノーマル(1994年製作の映画)

3.9

スタート30分からは地獄の陰気ブワンブワンの105分になるのかと思ったけど あぁ よかった 青い空も出てくる映画だった
ユーモアもあってなかなか面白い

ストロンガー(原題)(2017年製作の映画)

3.6

ボストンテロ当時の実際の写真からこの映画いっちゃったんだね テロ当時の回想でどれだけ不安か恐怖かもう苦しめ 爆発音して見たら自分の両足吹き飛んでたらどうなるのよ。再現率が高くてジェイクギレンホールもい>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

2.1

めちゃつまんな笑 貧弱な演技に半端なストーリー やるならやりきればいいのにちょっとしたロマンチック🙄
ごめんなさい

永遠のユダヤ人(1940年製作の映画)

-

ナチスのプロパガンダ
ドキュメンタリー調にユダヤ人はどうだこうだ言う内容 最近アメリカのよくできたのを観ちゃってたのもあってあんまりこなかった
プロパガンダとしてJud Süßの方がよくできているかな

The Party(原題)(2017年製作の映画)

3.4

トレイラーとキリアンマーフィーでなかなか楽しみだったけど 短いからお急ぎなのか会話も自然な人間のやりとりには見えなかったし入り込めるような感じではなかったかな。
あらすじは: 色んな思惑と事情 抱えて
>>続きを読む

Super Dark Times(原題)(2017年製作の映画)

3.6

青春スリラーって言うのかな わからないけども
始まり方も終わり方も ん?ってのを 残していくんだねぇ

月世界の女(1929年製作の映画)

4.3

素晴らしい!長いしこれを楽しめるかは好みだろうけど 僕はフリッツラングがもう好きなんで ロケット飛ばすのもCGよりワックワクした。
1926年てのもあって色んな夢と想像が詰まってるよ メトロポリス ス
>>続きを読む

ガラスの心(1976年製作の映画)

4.1

内容とは関係なく演技している人たちが催眠をかけられた一般人と2人の俳優。演じているというかセリフを言わされてるというかキャラクターや個性を除かれてる。ほぼ全員 目の焦点が合ってない。テーマは最初に何度>>続きを読む

アンダー・ザ・シャドウ(2016年製作の映画)

3.3

友達がイラン・イラク戦争の社会派 社会派 言うから 見てたのに途中から怪奇現象ラッシュ‼︎
斬新な中東ホラーでした

ただやっぱりジンとかいうお化けよりミサイルの方が怖くね

Flatlife(原題)(2004年製作の映画)

3.8

かわいい
色んな国の人がこれを学校の授業で見たって言ってたけどなんでかはわからない

バード★シット(1970年製作の映画)

4.2

映画は監督が終わらせれば終わっちゃうんだね笑
いろんなキャラ使って遊んで どうなるのかなって要素残しておきながら この終わり方‼︎

ただメインである飛ぶことに憧れる男 ブルースターマクラウドの物
>>続きを読む

火星人メルカーノ(2002年製作の映画)

3.4

アルゼンチンのちょこっとブラックなアニメ

宇宙人みたいな他者から見たら地球の世界は ばからしいとこいっぱい見えちゃうってのもあんのかしら

急に人ぐちゃぐしゃー!が割と多め

ベートーヴェン通りの死んだ鳩(1972年製作の映画)

3.7

今でもやってるドイツのドラマTatortの映画版!
カット割りがスピーディで雑だしなんとなく適当な雰囲気が自由で逆にいいのかもしれないね

ズッキーニと呼ばれて/ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.7

子供がちゃんと 子供 でいれるといいね

たしかドイツ語で見ちゃったと思うけどフランス語のオリジナルがすごくいいらしいです

小人の饗宴(1970年製作の映画)

-

シュトロツェクの最後の10分を96分間見せられたような感じ
ただちょっと僕には多すぎたかな

無人で回る車をヘルツォークは毎回 社会とか世の中として使ってると僕は思ってる 映画内でその車に色々ぶつけま
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.1

バーフゥバァリィィィイイイイ‼︎
1の名場面を振り返るOPであのバーフゥバァリィィィイ‼︎が思い返されてずっとバーフゥバァリィィィイ‼︎
2はバーブバリ父の歴史がメインなので1の勢い任せの息子のクサさ
>>続きを読む

戦争の序曲~大戦前夜(1942年製作の映画)

4.2

"Why we fight"
アメリカが第二次世界大戦時に若い兵士を育てるために作ったプロパガンダ映画のシリーズの第1作!

かなりおもしろい!"This is a fight between a F
>>続きを読む

ババ(2010年製作の映画)

3.1

モロッコの砂漠に2人で住む夫婦の実話。この2人に双子が生まれるが彼らには2人の子供を養うのに十分な食料がない どうなるのっていう話


ただホントに2人だけで簡易的な家に住んでいて 井戸に行くのに長い
>>続きを読む

ルイの9番目の人生(2015年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ジャケットにあるような「その運命に隠された秘密を解き明かせるか」とか言うほどのオチでもない サスペンスというより少年の不思議な雰囲気とお父さんとの愛を観ましょう

國民の創生(1915年製作の映画)

4.0

アメリカ合衆国修正憲法第13条に度々出てきた映画
黒人差別は当然でKKKは正義なストーリーだが 好きだろうと胸糞悪かろうと これが歴史ですので 100年以上前のこの映画が伝える事は大きい その後のKK
>>続きを読む

13th 憲法修正第13条(2016年製作の映画)

3.8

「アメリカ人口は世界の5%にすぎないが アメリカ人受刑者は世界全体の25%も占める」この問題の背景には廃止された奴隷制度が今も合衆国修正憲法第13条を利用し恣意的に存在しているよというドキュメンタリー>>続きを読む

ライアーズ・ダイス(2014年製作の映画)

3.3

若い母親が娘と子ヤギで連絡の取れなくなった夫を探しに旅に出る。
テーマはインドの下層社会の人間には選択肢がなく雇用側は彼らの人生に責任など負わないという事かね

吸血鬼ノスフェラトゥ(1922年製作の映画)

3.7

おもしろい 昔のこういうやつはみんな同じ目を見せるね

カリガリ博士(1919年製作の映画)

3.8

100年前のドイツ映画

映画初期のホラーとかサスペンスにはこうすればみんな不安になるんじゃねとか考えてるのが観てとれておもしろい

僕が観たやつはもちょっと長かったかな

まともな男(2015年製作の映画)

3.5

Nichts passiert 「何も起きてない」
スウェーデンの映画「フレンチアルプスで起きたこと」に似てる。
異常でもなんでもない普通のおっさんが誰もが思う事で あぁぁという流れ いいのだけど ス
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

3.9

「君はピラミッドのある世界とない世界どちらが好きかね?」
「僕は美しい飛行機を作りたいと思っています

菜穂子の苦しみを考えながらも 二郎の事をそれほど自分勝手だなこいつと思わなかったのは
僕もピラミ
>>続きを読む

ブリグズビー・ベアー(原題)(2017年製作の映画)

3.9

子供の時から誘拐 監禁されていた主人公はブリグズビー ベアの事しか知らないまま大人になって救出される


火星で生まれた少年の映画とかこういうのが最近多いのは今の社会に影響受けてない方がいいて考える人
>>続きを読む

ゲーテなんて クソくらえ(2013年製作の映画)

3.7

もうすぐ Fack ju göthe 3 が映画館にくるから 1 2 を 予習!
テンポも早くて 内容も笑えたけど きっと3は観に行かない!

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017年製作の映画)

3.5

実話としてはすばらしいんだけど戦争テーマの映画としてはスリルが薄めホロコーストの怖さとかそういうことじゃないので そのつもりでは見ちゃだめです

ワルシャワということでつい最近見たコルチャック先生も登
>>続きを読む

コルチャック先生(1990年製作の映画)

3.5

戦争で希望が見えない人間に前を向かせるためすぐに終わると言い聞かせる大人 ラジオを持ってると嘘ついた男 子供に単なる遊びと見せかける父親 色んなのがあったがコルチャック先生は子供たちが死と直面しなけれ>>続きを読む

>|