ShoseiHさんの映画レビュー・感想・評価

ShoseiH

ShoseiH

Coração Vagabundo

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

3.5

パルプ•フィクションと類似のパズル型のストーリー構成からタランティーノらしさを感じた。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.0

ハリウッドミュージカル文法に落とし込んだと見せかけてのラスト。
デミアン•チャゼルの映画って視線によるメッセージで余韻を残して終わらすね。

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

4.0

一人の人間を出生からひたすらカメラが追うノンフィクションドラマを放送する企画もの。監視社会をテーマに扱ったSF作品は多々あるが今作で扱われてるテーマでもある監視の檻の内部である自分中心の世界と危険に溢>>続きを読む

ヴァージン・スーサイズ(1999年製作の映画)

3.7

幻想的なホラー小説の映画化しているような感覚。解決しきれていない縺れたエンディングが余韻を残している。
相変わらずサントラとそれの使い方が秀逸。

キング・アーサー(2004年製作の映画)

3.4

グネヴィアや騎士達との交わりを通じて自らのブリトン人として、ローマ兵としてのアイデンティティを確立していくアーサーの人間ドラマって感じかと。

聖杯伝説のエピソード関連のテーマは扱ってなかったけれどラ
>>続きを読む

ダーティ・メリー/クレイジー・ラリー(1974年製作の映画)

3.0

時代柄を同じくする「俺たちに明日はない」や「地獄の逃避行」同様に逃避行モノって個人的に大好き。
当作の場合はカーチェイスそのものに主眼が置かれていて逃避行中の倫理観だったり精神的に倒錯してしまった過去
>>続きを読む

>|