サアヤさんの映画レビュー・感想・評価

サアヤ

サアヤ

映画(505)
ドラマ(28)

ファイナル・デスティネーション(2000年製作の映画)

3.3

運命は変えられません、な映画
続編観るべき?
ファイナルデッドコースターって何かもうタイトルからして違う感じするけど、、?

歩いても 歩いても(2007年製作の映画)

5.0

この作品で描かれている内容の時間軸はかなり短く
家族で実家に帰省して泊まり、次の日には帰るという2日間が作品の大部分を占める

たった2日間なのにとても濃密
何が起こるでもないが、様々な人物の言動が心
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.0

JOKERが私的にドハマり映画だったのでこれもハマらない訳が無い作品で

勘違いサイコパスとイカれヲタク女から付きまとわれるジェリーはとんでもなく気の毒
ルパートパプキンの過剰な自信と妄想はもはや素晴
>>続きを読む

牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件 デジタル・リマスター版(1991年製作の映画)

3.5

タイトル覚えられなさすぎ作品
クーリンチェ、クーリンチェ、、、

私はストーリーにそこまで引き込まれず感情移入もあまり出来ず。
なので正直4時間という長さが苦痛に感じてしまったなあ、、、
そう思うと「
>>続きを読む

叫びとささやき(1972年製作の映画)

3.7

三姉妹のギスギス感、見てられない
ある一部のシーンを除いて、全編心苦しい気持ちだった
だからこそ、その数少ない一部のシーンというのが
浄化、和解、美、、というような言葉が似合いそうな綺麗なシーンだった
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

5.0

よくある恋愛映画だろうと食わず嫌いをして観ていなかった作品
観た後に猛反省、心の底から謝罪

"その瞬間"はもう二度と戻らない
今は今しかない
そんな当たり前の事に気付かされてハッとする

お父さんの
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.7

何回も観ようとしたけど何故か序盤で観る気を失って最後まで観れてなかった作品
最後まで観ても私の好みにはそこまではハマらず、、、

だけどもラストは胸熱!
ストーリー展開は正直予想出来るがとにかく歌が良
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.3

ずっとデスデス言うてる休憩代わりのような作品

予告にあった「それじゃあ生き返らないじゃないか!」の意味と理由が気になっていたので
それを解決できただけでもスッキリ(笑)

豪華なキャストが急にちょこ
>>続きを読む

ソルト(2010年製作の映画)

3.0

アンジェリーナジョリーのアクションは最高にかっこいい
だがしかし、アクションを詰め込みまくれば良いという訳では無いのでは、、?と言いたい、、、

これが見せ場です、というようなアクションシーンが多過ぎ
>>続きを読む

ビューティフル・ボーイ(2018年製作の映画)

3.7

実話と分かった時にドキッとした

ドラッグにハマってしまうのは
そもそもの原因があると思うがそれを作ってしまったのは誰なのか?
どうやってそれを解決するのか?
本人にとって問題を解決する事は本当に難し
>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

4.6

こういった日本の現状をほとんど何も知らなかった大学生には驚きの連続でした
こんな事が当たり前のように行われているんですか?
衝撃的、かつショック。

さすが日本アカデミー賞最優秀作品、
観る価値は十二
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.7

マーゴットロビー最高にカワイイ!
チーズベーコンエッグサンド美味しそうすぎるやろ、、、🥓🍳🧀🥪

K-12(原題)(2019年製作の映画)

3.6

正直ストーリーは掴みにくいが
恐ろしい程に"可愛い"。しかし、そんな言葉だけでは物足りない世界
理解しがたい"可愛い"の世界は不思議、を通り越してもはや不気味、不安

衣装、メイク、曲、世界観、時々入
>>続きを読む

友だちのパパが好き(2015年製作の映画)

3.6

岸井ゆきのの自然な演技が大好き!
家族の会話や雰囲気、空気感もリアルでリアルで、、、、!

友達の変態加減にはちょっと引いたし
そもそも友達のお父さんが好きっていうのがちょっと無いだろと思った、、、
>>続きを読む

ジョー・ブラックをよろしく(1998年製作の映画)

4.2

最後まで観て良かったと思ったり、
ラストの驚きや感動を味わいたいというのが
私が映画を観たい、映画が大好きだと思わされる理由の1つ

この作品は180分(3時間)とそこそこ長め
私的に、長めの作品って
>>続きを読む

女は女である(1961年製作の映画)

3.4

アンナ・カリーナかわいい映画!

「半熟卵を作ってあげる代わりに、24時間以内に子どもを作りたい」というぶっ飛び発言から始まり、相手にしない同棲相手
いや急に言われましても、、、とさすがに女の私も思っ
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

4.0

最高(笑)(笑)
1も好きだけど2の方がもっと好き(笑)

何回もヤケクソに自殺するシーンめちゃくちゃ最高すぎ
スカイダイビングさすがに吹いた(笑)

1ありきの2という感じなので、1を観て色々覚えて
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

やっとやっと観れた、アマプラに感謝!

ビッチで性格悪くて友達の扱いも悪い女の子っていう主人公設定が良い
普通の女の子だったら面白さ半減してたかも?
何回も同じ日をやり直すような作品は他にもあったと思
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.4

岡田准一、柳楽優弥の2人最高に良い!
福士蒼汰の演技は相変わらず鼻に付く
ワル向井理は普通に新鮮(尚、イケメン)

頭を使わずに観れるコメディ映画(重苦しくない極道で誰でも観やすいと思う)

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。(2019年製作の映画)

3.7

ながっっっ
3時間の尺を映画館で観るのは抵抗があってやめたがやっぱり観たかったなあと後悔した作品


面白いがとにかく長すぎる、2時間程度に収めて欲しかった
内容はさほど悪くないし一人一人のエピソード
>>続きを読む

テッド(2012年製作の映画)

3.4

めちゃくちゃバカバカしいけど面白い
有吉テッド聞きたさで吹き替えで観た

テッドのジョークが容赦無さ過ぎ
分からないのも結構あったがまあ何となく雰囲気で笑えたり(笑)
「うるせえスーザンボイル!」
>>続きを読む

殺人の告白(2012年製作の映画)

3.6

リメイクの日本版を公開時に観に行ってまさかの結末に驚いた記憶

韓国版は韓国らしい暗くて重くて生々しくて血生臭さのある作品
韓国映画を観たことがある人であればすんなり受け入れられると思うが
邦画や洋画
>>続きを読む

天使にラブ・ソングを…(1992年製作の映画)

3.7

なかなか観れる機会が無くてやっと観れた

Hail Holy Queenを楽しそうに歌うシーンが大好き
エンドロールが話題の「天使にラブソングを…2」も早く観たい

愛の渦(2013年製作の映画)

2.6

かなりじっくり登場人物の心情が描かれている作品
逆にじっくり過ぎる割にはその人物の背景の説明は薄めで
会話が進むのが遅いので初対面の空気感はリアルではあるが、じっくりというよりゆっくり?な感じもあった
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.1

正直全然期待してなかったのにめちゃくちゃ泣き過ぎてしんどい
最後のリメンバーミー歌うところからずっと涙出っぱなし(笑)
家族のストーリーはやっぱり泣けるなあ

祭壇に写真があれば死者の国を一旦出られ
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

4.0

Filmarksの評価低いな(笑)
私は字幕で観たけどめちゃくちゃ良かったよ?!吹き替えで観たら冷めちゃうのかも、、?
カンバーバッチのグリンチ凄く良かった!

ふさふさのグリンチと忠実ワンコのマック
>>続きを読む

ブレックファスト・クラブ(1985年製作の映画)

3.7

問題児5人が土曜日の補習に呼ばれ、1000字のレポートを書くという課題を課されるが
まあ当然ながら誰もレポートなんかせず
ダラダラと話したりちょっとケンカしたり逃げようとしてみたり、、、というストーリ
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.3

リアル脱出ゲームみたいな映画

絶対あの人犯人やろ、、って思いながら観ててそしたらまさかの二転三転に驚き
普通に結末は全く読めなかった

永野芽郁ちゃんの演技が特に序盤で気になりすぎてちょっとしんどか
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.7

共感度高過ぎ、、、!
お母さんと娘のああいう関係性がもう分かりみしかなくて辛い
私も本当にそうだし多分世の中の女の子とお母さんって皆ああいう感じだと思う

普通に楽しく喋ってたのに急にイラッとして変な
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.8

2020年に入って100本目

ジェームズ・マカヴォイすげえ、、、
数々の人格を一瞬で切り替えられる演技力はもう化け物級に凄い

アニャ・テイラー=ジョンはこの映画で初めて知ったが、この子も演技力抜群
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.5

まるで悪い夢を見ているかのような強烈なビジュアル
青肌に赤目という一度見たら忘れられない色使い

しかしいざ観始めてみると、あれ、思っていたより観やすい
この不気味で気色の悪い画には意外とすぐに慣れた
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.3

安田顕演じる夫に敬語で話す若い奥さん役の榮倉奈々がとてつもなく可愛い、、!
し、可愛くて若い妻の言動に戸惑いながらも愛のある姿勢で接する安田顕にもどこかかわいらしさがあった
死んだふりのレパートリーが
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

5.0

この映画を観ずして一生を終えるのはあまりにも勿体無い!
古い映画故に白黒ではあるが、それに抵抗のある人でも観やすい導入になっていると思う

あらすじに書いたあった内容に行き着くまでがかなり長く、違う映
>>続きを読む

パッチ・アダムス トゥルー・ストーリー(1998年製作の映画)

4.6

医師の話というより、ある事がきっかけで医師を目指すおじさんが医学生になり、、、という話

パッチアダムスが院内で色んな人を笑顔にさせる度にいちいち感動して泣きそうになった
多分感動的なサントラのせいで
>>続きを読む

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.5

ずっと観たかったムーンライズ・キングダム、やっと鑑賞
問題児の12歳の少年少女が駆け落ちする話
子どもの心の内まで理解しようとしてくれる大人程素晴らしいものは無いなあ

全体を通して、思っていたよりも
>>続きを読む

グレムリン(1984年製作の映画)

3.0

久々見たけど普通に怖い
ギズモも可愛いようで可愛くないし
小さい時に観て以来ずっと、かなりトラウマになってて忘れられない(笑)
これは子どもに見せるものではないやろ(笑)

ミキサーかけたりチンして温
>>続きを読む

>|