ベルサイユ製麺さんの映画レビュー・感想・評価

ベルサイユ製麺

ベルサイユ製麺

準新作のみの準人間。I’m just waiting for “Stray Dogs”‼︎

映画(379)
ドラマ(0)

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

-

そうだ。生きる事は地獄なのだった。

なんとなくのタイトルの印象ぐらいしか無く、どんな話で、誰が出ているのかも分からないまま見始めたのだけど、浅野忠信が主演なのが分かった瞬間に「これはきっと良い筈」と
>>続きを読む

ブルーム・オブ・イエスタディ(2016年製作の映画)

-

アウシュビッツの研究グループに在籍する男トト。優秀だが融通が利かない性格のため周囲との衝突が絶えず、遂には同グループの同僚を病院送りにしてしまう有様。グループのリーダーである老教授が急死し体制が変わる>>続きを読む

あさがくるまえに(2016年製作の映画)

3.4

ベッドの若い男女。先に起き出した青年、シャツを着て、窓からヒラリ。まだ夜明け前、そのままチャリで走り出す。
同じ頃、屋根伝いに這い出てくるスケートの青年。
バンで待つ仲間と合流し、彼らは海に向かう。
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

4.2

散歩する怪しい侵略者の隣人を撃て!!

冒頭の、何処と無く嫌なバランスで建つ一軒家から、もう黒沢節の、予兆の予兆に絡め取られてしまいます。ロケーションと光の加減だけで黒沢世界は突然立ち現れる。ああ、嫌
>>続きを読む

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.3

ほぼ毎日、レビューとも言えないゴミ以下の駄文をダラダラと書き連ね、そこに良しも悪しも無いのですが、そんな中にも特に自分が苦手とする、どうにもレビューを書きにくいカテゴリーがある事が分かってきました。>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.5

ノー・チェック!顔面にふし穴二つ、風が吹き抜ける音がするよ。ゴォォォォ…。
超豪華キャストによる、クライムサスペンス?ジャンル分けが未だによく分かってません。ゴォォォォ…。
『監視者たち』のチョ・ウィ
>>続きを読む

ポリーナ、私を踊る(2016年製作の映画)

3.3

我輩の感覚器は、悲しむべきことに美に触れるためのチューンナップを為されておらず、モニターの中で揺れ、止まり、弾けるダンサーの一挙一動をどのように捉えれば良いのか判然としない。特にそれが古典的、伝統的な>>続きを読む

セリーナ 炎の女(2014年製作の映画)

3.0

1929年、アメリカ・ノースカロライナの山中(…と書いた時点で頭の中でUFO特番のナレーションの声に切り替わりました。♫🛸チャララー⤴︎)
…で、製材所を経営する男ジョージ(ブラッドリー・クーパー)。
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.9

“マシュー・ヴォーン、パート2は…のジンクス”
…なんちゃって。マシュー・ヴォーンの続編作はコレが初でしたね。印象操作はいけません。かの出世作『キック・アス』ですらその続編は何処かの馬の骨に撮らせたぐ
>>続きを読む

トゥームストーン/オーバーキル(2017年製作の映画)

3.0

言いたいことがあるんだよ
やっぱりトレホはかわいいよ
好き好き大好き、やっぱ好き
やっと見つけた元囚人
俺が生まれてきた理由
それはトレホに出会うため
俺と一緒に人生歩もう
世界で一番愛してる
メ・キ
>>続きを読む

真白の恋(2015年製作の映画)

4.2

ああー。あっあー。ううう…。

富山の長閑な街で両親と暮らす女性、真白。無防備な表情や短い文節だけの喋り方はまるで子供の様で、ある種のチャーミングさに満ちています。
真白はある日、東京からやって来たカ
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

4.2

ひたすら真っ当!虚仮威し皆無!
それだけでこんなに熱が生まれるなんて‼︎
「ちょっと優等生過ぎるんじゃないの?」みたいな(いかにも自分が言いそうな…)戯言が吐かれる余地も無い程に、全方位的に正しい。し
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

4.4


もう、最初の一言が出てこない。
偉大なるリビングレジェンドのひとり、エミール・クストリッツァ監督9年振りの作品。
ジャケットから漂う“善き物語”感、リリカルなタイトルの印象からはかけ離れた、泥とミ
>>続きを読む

エルネスト(2017年製作の映画)

3.3

キューバ革命〜キューバ危機辺りはなんとなくは知った気ではあり、なまじちょっとは分かるが故にゲバラのTシャツなんて着れない訳ですが(因みに彼を主人公にしたテレビゲームが有ります!単なるシューティング…。>>続きを読む

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

3.3

ドイツ映画。大ベストセラーが原作。

夜の自動車事故現場、血塗れの少年。主人公マイクの回想で物語はスタートします。
マイクは転校して日が浅いのと、アル中の母譲りのちょっとズレた普通感覚の為にすっかりク
>>続きを読む

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

4.6

ジョン・ウォーターズ監督の名作『セシル・B・シネマウォーズ』劇中、若き革命映画戦士が「なんで僕はゲイじゃないんだ!!」と苦悶するシーンが有って、いやただ普通に笑えば良いんだろうけど。…は、はは。

>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

は?なんで今?って感じですよね。
劇場公開でもレンタル開始でも、『LA LA LAND4』の公開タイミングでもなく。…因みに『4』では、再び宇宙人に侵略されたLAを奪還するために、ピアノの音とシンクロ
>>続きを読む

アンツ・パニック 巨大蟻襲来(2017年製作の映画)

3.5

蟻の映画が大人気だと聞きました…
『アンツパニック』!!
ジャケットに踊るコピー、「モーターサイクルが駆け巡る恐怖のパニックアクション」!おお、だいぶ混乱してるな?トートロジーの壊れっぷり、気が合いそ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.9

先ず前提として【自分にとってブレードランナーとは⁈】
…とか書き出してしまうと超・長文必死かと思われましたが、そこをなんとか、無理に纏めると…
【ロマンティシズムとダンディズムがせめぎ合い、時にお
>>続きを読む

特別捜査 ある死刑囚の慟哭(2016年製作の映画)

3.2

父子家庭。タクシー運転手で、腕からモンモンがチラリする、訳ありっぽいパパはもう娘の事がだあい好き!娘の方も、思春期っぽく反抗はするもののパパの事が大好きです。ある日、警官たちが彼らの元を訪れ、父を力尽>>続きを読む

アンシーン/見えざる者(2016年製作の映画)

3.3

どんな映画だろう?とワクワクする余地も与えてくれないパッケージ!ああ、そうね!

カナダの雪深い陰鬱な町。巨大な製材所で単身働き、家族に仕送りする男ボブ。残された妻は同性のパートナーを作り、多感な年頃
>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.1

マジックランタン賞受賞!!…くぅ〜ヴェネツィア国際映画祭の事、ホントに分からんちんだー。
フィリピンのストリートチルドレンの少女と、盲目のギター爺様が出会い、心通わせるようになります。2人には特に目的
>>続きを読む

バウンティ・ハンターズ(2016年製作の映画)

-

韓国・中国合作。ストーリーは、あらすじをご参照下さい。
…例えば韓国料理も中華料理も好きで、どっちも食べたいからいっそ混ぜちゃうか!ってなったとして、ソレが必ずしも美味しくなるとは限りませんよね。油ギ
>>続きを読む

ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(2016年製作の映画)

3.5

ギザギザに尖ったスペイン映画が来ましたよ!!タイトル見て、「あ、コレはいいや」ってなりますよね? ちょ、ちょっと待って…。ケ、ケーキを焼いたんです!

♦︎ ♦︎ ♦︎
あらすじ…
マドリード。
>>続きを読む

静かなる復讐(2016年製作の映画)

3.0

強盗グループに妻を殺され、父を昏睡状態にされた男が、身元を隠し元グループの一員だった男に近づく。目的は復讐。スペイン映画。
実はスペイン映画ってある一定のクオリティ以下の作品は存在しないのではないのか
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.5

のうみさん主演。1人7役で頑張ってます!頑張り過ぎじゃない?もっと肉つけにゃ!

人口増加・食料及び燃料の不足・異常気象・というか極めて平均的、優等生的なディストピア状況の中、欧州連邦は遺伝子組み換え
>>続きを読む

盗聴者(2016年製作の映画)

3.0

フランスのサスペンス映画ですよ。硬いパンで殴り合います!嘘!

生来の神経質さと折り合いをつける為の飲酒によりコンディションを悪くし失職した男デュバル(『最強のふたり』でホーク・ウォーリアを演じたフラ
>>続きを読む

アメイジング・ジャーニー 神の小屋より(2016年製作の映画)

-

凄いモノを観た!

レビューで頻繁に使ってしまうフレーズ「キリスト教/聖書の事がちゃんと分かってないので…」。キリスト教の事、いつかはちゃんと勉強しておかないと、中心核がボンヤリしたまま流れて行く映画
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

4.0

…自分もコナー4realには凄く影響受けたよ。皆が言うように1stアルバムは最高だった。全てが入ってた。勿論ファッションもヤバイ。前身のstyle boyzのロゴTシャツに憧れたよ…。

ちょっと!好
>>続きを読む

DEVILデビル/ラマン・ラーガヴ 2.0 ~神と悪魔~(2016年製作の映画)

3.7

インド製サイコスリラー!!!!!
…なのですが、実は再生後しばらくインド映画だと気がつかなかった。ルックがなんだか凄い洗練され…て、る?
そもそもジャケットに“rotten tomatoレビュー93%
>>続きを読む

裁き(2014年製作の映画)

3.5

インド映画のことは元より、インドという国のことを本当に分かってなかったのだなぁ、自分。
現代、インドのムンバイ。“反動的な歌を歌い、人心を惑わし、その結果自殺者が出た。自殺幇助だ!”…某虐殺抗議集会で
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.5

自分が『GotG2』にどんなスコア付けたか見直してしまいましたよね。ちいせーヤツだな、自分。

…ファッキン・ブリリアント!!ここにもそこにも、夢の島にもミラー・ボールが。コレは文句無く最高ゾーンです
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.1

YEAHHHHH!
オレは自警型スーパーヒーロー、ギャクバリオンだ!大作映画の興行成績が振るわず、評価が割れている時などに現れて、無意識にスコアを高めにつけるんだぜ!逆に高評価作品を腐しにいく事は無い
>>続きを読む

殺戮にいたる山岳(2016年製作の映画)

3.0

ヒョオ〜、怖い。タイトルがイカチィのぉ。口にするのも恐ろしげです!
想像して下さい。有村架純ちゃんが、寝言で「…ラ・ラ・ランド むにゃむにゃ…マカロン…」って呟いてニンマリしてるのと、顔色を紫にして
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

3.8

『新感染』レビューの時にコメントで教えて頂いた作品です。確かに『新感染』の横に面出しで並んでるのを見かけていたのですが、てっきりネッフリとかのオリジナル短編みたいのだと思い込んでました…。『新感染』の>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.9

夜空は いつでも 最高密度の 青色だ…
野の花 蜜ペロ 倍賞美津子と蒼井そら…

タイトルの韻を踏む遊びをしていたらほぼ半日を費やしてしまいました。周囲からは仕事してるように見えたかもしれませ
>>続きを読む

>|