ベルサイユ製麺さんの映画レビュー・感想・評価

ベルサイユ製麺

ベルサイユ製麺

t屋の準新作だけが評価対象です。猫派派。

映画(261)
ドラマ(0)

ジョシーとさよならの週末(2016年製作の映画)

4.0

パッケージだけサッと見て、十中八九好みに合わない作品なんだろうな…なんて思ってたんですけどね。

ジョシーは彼女と幸せそうに話しています。見るからに優しそうな(気弱そう?)なジョシー。ナチュ
>>続きを読む

コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝(2016年製作の映画)

3.1

中国武侠物です。100年程前、内戦の動乱期。超悪い軍閥の標的になった村を自警団と腕利きの風来坊が守ります。風来坊って初めて入力しました。“馬に乗った命知らずの7人前後が村人を守る”、という100億万回>>続きを読む

グリーンデイズ(2017年製作の映画)

2.8

どんな動機で借りたのか一切思い出せません…。
有りそうなのは、パッケージに『ホニャララ』のスタッフが再結集!とか、カンヌコンペティション作品!とか、見ると視力が回復!とか書いてあったのかな…。

恵ま
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.5

はーぁあ〜。原作離脱した時の感覚がありありと蘇ります。
パウル・クレー風に言えば、重くて暗い。
いやあのその、映画でも漫画でも重くて暗いのが嫌どころか、だからこそ好きなものは沢山あるのです。この作品を
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.6

原作途中離脱組.incです。アニメも見てません。そもそも将棋のルールも分かりません。洋画でテーブルゲームを題材にした作品てあんまり見ない気がしますね。(実在のプレーヤーについての作品とかはありますが。>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

4.7

今よりもっとボンクラだった中学生の頃、化学の時間。生徒達に舐められがちだった寡黙な先生が、大騒ぎする生徒達に突然背を向け黒板の隅にぐるぐるとバネの様な絵を書きだして「時間というのは実際にはこの様な形を>>続きを読む

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

3.3

レジェンド、サモ・ハン監督、主演!
最近もイップマンなどで活躍を目にはしておりましたが、流石に全盛期リアルタイムではありません。随分長らく活動されてる印象ですが、意外にもまだ66才だそうです。映画デビ
>>続きを読む

インビジブル・ゲスト 悪魔の証明(2016年製作の映画)

3.8

実はミステリーはあまり好きではない、とだいぶ前のレビューで書いたことがあります。「人物を駒のみたいに使うのが嫌」とかなんとか書いてますね。…
本当は、脳が残念なので“何が起こってるのかよく分からない”
>>続きを読む

汚れたミルク/あるセールスマンの告発(2014年製作の映画)

3.7

実話の再現物ではあるのですが…。
ゴリゴリの社会派タノヴィッチ監督の作品群の中でも一際異彩を放つ野心作に思えます。

舞台はパキスタン。某多国籍企業に雇用され、粉ミルクを売りまくっていた敏腕のセールス
>>続きを読む

ドッグ・イート・ドッグ(2016年製作の映画)

3.1

ニコラス・ケイジという現象には興味があるのだけれど、作品選びに凄くクセのある印象で、殆ど出演作を観ていません…。振り返るとなんと『キック・アス』以来でした。観てないというよりもはや避けているのに近い状>>続きを読む

アメリカン・バーニング(2016年製作の映画)

2.9

ユアン・マクレガー…監督作!観ます!
そもそも監督してたの知りませんでした。ジャケのダコタ・ファニングがフェティッシュで格好いい!耳たぶくらい平気で引きちぎってきそうです‼︎『アメリカン・バーニング』
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

4.0

まだ自分がバブバブしてた頃、オモチャ箱の底の方に鋼鉄ジーグの超合金の顔だけが入っていた記憶があって、今思うとアレは「貴様は遠い将来、私の誕生の物語を目の当たりにするのだ!」という予兆だった(か、兄の手>>続きを読む

(2017年製作の映画)

4.8

いつも以上に、すごく感想が書きにくい…。(観れば理由は分かります)
鑑賞中に浮かんでいた思考の断片は、フィナーレに近づくにつれ自分の中にどんどん引っ込んで行きました。
そしてラストは、それこそ言葉にな
>>続きを読む

暗黒街(2015年製作の映画)

4.4

言葉も無い…。
で、レビューを終わりにしたい気分です。
AIが自動生成したようなタイトルやジャケに惑わされてはいけません。流行りのチャカチャカしたギャングアクションでも、虚仮威しの怖い顔合戦でも無い。
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.5

J storm!のサウンドロゴ、初めて聞いてビックリ星。

もう、全然分かった気がしません。むぅ。取り敢えず、テレビでお天気キャスターを見るとニヤニヤする様になってしまいました…。
例えばエヴァンゲリ
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.6

《観なかった事にしたい‼︎》
おっと、心の声が胸を食い破って聞こえたかもしれません…。
全体的に愚痴っぽくなりますが、手近に蓋の出来る壺とか無いので此処に書き留めます。
時に映画の話をしていて《この人
>>続きを読む

パリ、恋人たちの影(2015年製作の映画)

3.8

モノクロ。小さな部屋と寂しい街角だけが舞台。とるに足らないような、男女のとても小さな話。主人公たちが眼を見張る様な美男美女、とまでも思えません。(個人のアレです。)
それだけの映画が、何故こんなに魅力
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

3.7

その作品を観るか否かは、割と直感で決めてしまう(ジャケすらしっかり見ない事も…)ので予備情報とかほぼ無し。他のレビュアー様達が高評価してたな…とか、さだまさし関係あったかな?ぐらいの知識で借りました。>>続きを読む

ハットンガーデン・ジョブ(2017年製作の映画)

3.1

英国人は銀行強盗がだーい好き。三度のfish &chipsより金庫のツマミをカリカリしたいのです。
今作もそんな銀行強盗欲を満たすための一本。まあ、ガイ・リッチーがギネスの黒ビールなら、こっちは第4の
>>続きを読む

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.9

やっと観れました!
なんでこんな、有名な俳優ひとり出ていない地味そうな映画が変に有名で、みんな高い評価を与えているのだろう?実際ツタヤでも常時貸出中。…?と思ってましたが、正直観てもよく分かりませんで
>>続きを読む

サイゴン・ボディガード(2016年製作の映画)

3.5

ベトナム映画!で、日本人監督!ジャケ満点‼︎
コレは変わってるにちげえねー!捕獲ー!
…と思って借りたのですけど。

ベトナムのサイゴンが舞台、2人組のボディガードの活躍を描く、バディ・アクション・コ
>>続きを読む

グッド・タイム(2017年製作の映画)

3.8

…コレ、なんなんですか?

いや、微塵も製作した意図が分かりません。どんな気持ちにしたくて作ったのか分からなくて困惑…、という気持ちにしたくて作ったとしか思えない。だとすれば大成功!おめでとうございま
>>続きを読む

ベイウォッチ(2017年製作の映画)

3.5

ジャケ見て確信。コレは間違いヤツだわー。
最近だんだん気に入りつつあるザック・エフロン。抜群のルックスに仔犬の頭脳。今作でも一般生活が危ういレベルのボケナスぶりが見られそう!そして、ロック様!ヘラクレ
>>続きを読む

モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由(2015年製作の映画)

4.2

個人的にはヴァンサン・カッセルがもう大好物なのですが、『太陽のめざめ』の監督のエマニュエル・ベルコがなんと主演(更に今作でカンヌの女優賞受賞!)。これは気になる!

ある男女の出会いから、紆余曲折の十
>>続きを読む

シークレット・オブ・ハロウィン(2016年製作の映画)

4.3

あぁ、また5.0か?と思ったのだけど…

2000年辺りのオーストラリア。郊外のスケートパークにたむろするキッズ。その中に、タグ、というかラクガキだらけの白ワイシャツで揃えた5、6人のタチ悪そうなグル
>>続きを読む

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

5.0

いつもなら就寝する時間なんだけど、ちょっとだけ観てみようと思って再生して、そのまま最後まで観てしまった。片膝立てた姿勢のままで。まるで、大好きな人と初めて電話して、ダラダラと話し過ぎ、話したいことなん>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.9

完全。
満月が、丸くて美しくて…は、何処から見てても普遍の真理に違いないので、月をジッと見てる人に「綺麗ね、丸いね、砲弾刺さってるね」なんて話しかけても「分かっとるわ、黙っとれ」と邪険にされてしまいま
>>続きを読む

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.4

あああーーもやもやするーーー。

スカーレット・ヨハンソン主演。市議だかなんかに出馬中のジェス(スカジョ)が結婚するのを機に、学生時代の仲良しバカグループ+1名(ジェスの友達のオーストラリアン)が集結
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.3

ジャケット写真に全てが物語られています!頭とかぶつけて大ごとになりそうな程の脱力感を誘う邦題も、観終えてしまうと「コレでいいやー」って思えますね。

お金が必要なおじいちゃんたちが、がめつい銀行を叩き
>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

4.1

これはソフト買っちゃうヤツだな。すごい好きさぁー!
邦画に於いては基本的にはリアルでナチュラルな脚本(例えば渡辺あやさんとか)至上主義で、普段から邦画大作等見ては「そんな喋り方しないでしょ⁈」なんてぶ
>>続きを読む

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.6

…そして、第二次世界大戦終戦直後のデンマークが舞台。ナチスによって海岸線に埋められた何百万もの地雷の撤去にあたらされたのは、同じくデンマークに置き去られたドイツの少年兵士たちでした。
長く語られる事の
>>続きを読む

ブラックボード 戦火を生きて/戦場のブラックボード(2015年製作の映画)

3.4

第二次世界大戦を背景にした人間ドラマ。戦争映画というより親子のドラマです。

ナチスの思想弾圧から逃れる為にドイツを離れ、フランスの田舎の村でひっそりと暮らしていたドイツ人親子。しかし父はスパイの疑い
>>続きを読む

スイッチ・オフ/森へ 少女ネルの日記(2015年製作の映画)

3.0

久しぶりに見たエレン・ペイジ。自分はどっちかといえばエレン・ペイジ派です!(他に何派が有るの?)

…ある日突然起こった原因不明の大停電。それに翻弄される、ある平凡な家族の…ってアレ?なんか聞いた様な
>>続きを読む

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.8

自分が暮らしている地域も震災の影響が多少はあり(直接の影響の無い地域の方もそうでしょうが)、当時の事を思い出しながら鑑賞しました。

大混乱の職場から帰宅すると、山積みCDが倒壊してて、まあでもこんな
>>続きを読む

ビニー/信じる男(2015年製作の映画)

3.5

監督、ベン・ヤンガー!あの『マネー・ゲーム』の!と思ったら、観てなかったです、その映画。『マネー・ボール』と勘違いしちゃった。てへ♡(と舌を噛み切る)

マイルズ・テラー!あの『セッション』の!流石に
>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.1

こーれはもう、パッケージを見て一発で鑑賞する事に決めました!だってサメですよ、サーメ!うひょ!今、声出ちゃったな。きっと美しいサメ・サメ・サメ見放題!参りましたねー、これはもうサメポルノだな。パッケー>>続きを読む

>|