Skippyさんの映画レビュー・感想・評価

Skippy

Skippy

  • List view
  • Grid view

エイブのキッチンストーリー(2019年製作の映画)

-

人の頭は【思想】に洗脳されている

好奇心や探究心旺盛なすごく性格の良い少年は、両親の親が其々違う信仰をしている為に板挟み。

お料理や日常をインスタグラムに上げながら好きなお料理を追求していく。。
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

-

天然というか豪傑なイタリア人トニーが
繊細で強い信念を持つ天才ピアニスト黒人のドンのツアードライバーに。
ツアー先は人種差別の色濃いアメリカ南部。
真っ当に生きてる二人のボーダーもやがて消え、爽やかな
>>続きを読む

レイニーデイ・イン・ニューヨーク(2019年製作の映画)

-

ギャンブル好きなのに悪びれがない
会話もスマートでおとな
さりげなくピアノを弾き語る
ひたむきな愛?
でも何?このもどかしさは⁉️

ウディ・アレンらしく
淡々と進むストーリー

なんだか観てる自分が
>>続きを読む

ターミナル(2004年製作の映画)

-

スピルバーグがこんな作品も手がけたとは‼️

国、言葉を超えた人の信念、愛がもたらすキセキに感動した✨✨

最高の人生のはじめ方(2012年製作の映画)

-

人生の有効期限なんて
普段は勿論考えもしないで過ごしている

しかし、ある日突然、進行も自覚もない【癌】の余命宣告を受けたら。。。

あなたはどうしますか?


主人公の二人は環境も価値観も対象的
>>続きを読む

エージェント・ウルトラ(2015年製作の映画)

-

この映画で、ジェシー・アイゼンバーグがすきになる。

どうしよゔもなく無防備で女性に対しても責任感も無さげなダメダメ男の咄嗟の防御本能はセクシーすぎる✨

ラフィキ:ふたりの夢(2018年製作の映画)

-

オープニングがオシャレで洗練されていてるのにビックリ。

20数年前に旅したケニア・ナイロビのイメージがすっかり様変わりしていて、欧米のスラム街のようだったのには少しガッツリ。

映画のテーマも今風。

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

-

実話に基づく話で心に染みる場面もありながら、時折インド音楽特有の抜けるような美しいヴォーカル音楽が肩の力を抜いてくれる。
主人公の心の成長と達成感に感動‼️
軽快なシタールポップスで気持ちも盛り上がり
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

-

感情移入しずきて辛い。
でも、素晴らしい映画です✨
客観的にお互いの気持ちが分かる。
人生は美しいことも醜悪なことも詰まって一つのストーリーだから、事実をたくさんの人と共有できるし、誤魔化さずに生きて
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

-

音楽・カーアクション・人物設定が魅力的で見応えあり楽しめる。

役者はキャスティングで決まるね〜

ラストにかかるサイモン&ガーファンクルのBaby driver はグッときた。
好きな映画の一つがま
>>続きを読む

エンジェル ウォーズ(2011年製作の映画)

-

私はリピして観ましたよ〜ん

映像は迫力がある。
醜悪な世界と対比的にエンジェル達が戦いまくる〜
現実と妄想❓が交錯する世界を音に乗せてお洒落に制作したかったんだよね

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

-

ストーリーもロケーションもキャスティングも音楽も素晴らしい✨✨

ピュアで一生懸命な女の子が仕事を超えて障害を持つ男性に希望を与えようとする。
愛することのワクワク感と失うことの悲しみの狭間に苦しみな
>>続きを読む

アンクル・ドリュー(2018年製作の映画)

-

マイケル・ジョーダン現役の時私は社会人で運動不足解消にバスケをしていた。

コレ、単純なストーリーだけど、手放しで楽しめる‼️
音楽もダンスシーンもノリノリで最高✨

人間、若くたって燃えるものがない
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

-

ちょっとおさなげで頼りなさそうな男の子

本気で夢中になると真っ直ぐな瞳は輝き出して、音楽と共に目が離せなくなる。

人の輝きとは、単なる容姿やみてくれではない✨

ドント・ウォーリー(2018年製作の映画)

-

人生は探しものの旅

て、見終わって感じる他人事

生きてる瞬間て
生と死はいつも背中合わせだ


破茶滅茶に生き、当然ながら絶望感を味わった主人公が行き着いた〈場所〉

そこで初めて自分の中の真実と
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

-

ヴァレリアンとローレリーヌ
何度か観るうちに、二人の俳優・役所がハマる。

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

-

隔離された自然の村に一見、普通に助け合いながら生活してる人々
働き者で無邪気な老若男女だが関係性もわからないまま話が進んでいく

その中に一人、見るからに無垢な瞳の青年がいる…

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

-

久しぶりに深く力強い映画を観た。

戦争という悲痛の圧迫感の時代背景にありながら、リズミカルで人種を超えた目線で描かれている。
胸が締めつけられ、一緒に心から叫びたい気持ちにさせられながらも人間の滑稽
>>続きを読む

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

-

確かファレル・ウィリアム監督映画『ドープ』に出てた女の子が歌ってる。
お父さんのギターいい感じ♫

男はつらいよ フーテンの寅(1970年製作の映画)

-

寅さんの旅は知らない人たちを結んでいく旅
人への気取りない声かけが、
今の社会にない暖かさがある

わかりやすいプライドや
無知で単純ゆえに起こるアクシデントも
人と人の距離を少しずつ埋めている

>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

-

やる気満々の可愛いポニョと
まっすぐで愛情深い男の子

古代魚が泳ぐ街が気持ちいい

ハウルの動く城(2004年製作の映画)

-

久しぶりに観たけど、初めて観た時より設定やキャラクターが味わい深かった。

憎たらしいほどキムタクのハウルはカッコ良くて、ソフィーばあさんは前向きで力強く、荒地の魔女は愛すべき意地悪ばーさんだったよ。
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

-

家を交換して住むなんて発想が素敵❗️
豪華モダンな家もイケてるけど暖炉のある味わい深い田舎暮らしも超素敵❗️

ジュード・ロウの無防備で泣き虫な役柄にキュンしました〜

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

-

物事がうまくいかないとイライラするもの
そしてそれはマイナスな事を引き寄せる

エリン・ブロコビッチが奇跡を起こせたのは何故なのか⁈

彼女は諦めなかった
彼女は対応に必死だったが冷静でもあった
そし
>>続きを読む

3人のエンジェル(1995年製作の映画)

-

いつの頃からだろうか。少し健気で女性よりも女性らしい男優のテクにうっとり見入るようになったのは❓

ビリギャル(2015年製作の映画)

-

クズと言われた生徒が慶応に受かった事より、個別指導の先生の考え方や対応には感動で泣いた。
母の愛や家族の変化も✨

ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出(2015年製作の映画)

-

終戦日の夜、イギリス王室プリンセス二人がお忍びで街にくりだす。

姉のリジー(エリザベス)は誠実だけど探究心もあり強い。

国民と国王。全ての登場人物に親しみや愛情があふれていて、ラストはきゅんとカッ
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

-

人物全てがアンパーフェクト。
口は悪いし意地悪チックでいつもドタバタ。
彼女たちが歌い出すとハーモニーは完璧♫
状況に応じた選曲がまたグッとくる!
だからアカペラシーンは何度も見てしまうんだな〜〜💕

花戦さ(2017年製作の映画)

-

私は萬斎ファンかもしれない!と感じたのは『のぼう』だった。

この映画は花を愛でながら、より満喫できました^_^

はじまりのうた(2013年製作の映画)

-

キーラの歌声に心が揺さぶられた。
傷つきながらも、曲や人との関わりを通して、名声やお金よりも強く自分の信じた道を貫こうとする主人公が輝いていた。

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

-

人気女優と身近に出会ったら⁈
そりゃ興奮だよね〜〜

主人公の本屋の店主と、彼の家族も驚きながらもフランクで自然な対応。

『一番惨めな人が獲得するブラウニー』
争奪の自己PRとか笑えたし、なんか家族
>>続きを読む

マリリン 7日間の恋(2011年製作の映画)

-

ブロンドのセクシーダイナマイトなマリリンは繊細で寂しがり屋。
映画で描かれた彼女は、超自然でお茶目な一面を持ち愛にあふれてる✨
彼女を好きにならずにはいられない!

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

-

🎵Dボヴィの曲が青春な車のシーン。
三人の主人公其々が抱える苦悩と友情。
切ない想いに胸キュン✨
ラストはまずまずで嬉しい🌸

観終わって、一番の残像はエズラ・ミラーの美しさ✨✨

幸せになるための27のドレス(2008年製作の映画)

-

Barでエルトン・ジョンの曲でのシーンがすごく楽しく印象的。
人は見かけじゃなく、心にスイッチを入れるセンサーを持ってるんだね〜

船上でのラストシーンとかかる曲にうっとりしました🌸

ナイト&デイ(2010年製作の映画)

-

実生活の存在を消しCIAの任務を全うする誠実なロイに、だんだんと惹かれていくジェーンのちょっとキュンで通快な話🌸

>|