sunfishさんの映画レビュー・感想・評価

sunfish

sunfish

映画(294)
ドラマ(0)

シャークネード(2013年製作の映画)

2.7

一緒に観てた母のツボに入ってて、それが面白かった。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.0

異常な環境での監禁から始まるお話で、こんな何のアクもない、ひたすら良い話にまとまるとは。本当にいい話。たぶん捻くれ者にも受け入れられるいい話。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.1

淡々としなやかに戦時下を生きる、すずさんの日常が愛おしい。
明日も明後日も生きていかないといけない。当たり前のことだけど、戦争を歴史として知る私は、それを忘れがちだと思った。

愛を読むひと(2008年製作の映画)

4.0

自分の価値観を押し付けて救うこともできたのに、(彼が意識してなかったとしても)そうしなかったのは、愛なんだろうなと思う。ただただ胸が苦しくなる映画。

トリガール!(2017年製作の映画)

3.7

メリハリがよくて、面白い。「ん?」とメガネ女子が可愛い。あと、やっぱり矢本悠馬。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.3

本を読まないので、推測にすぎないけれど、きっと話としては、字で読んだほうが何倍も泣いちゃう。でも、画面がひたすらキレイ。歩道橋とか図書館とかロケ地もすてき。あと、好きな人と旅行に行きたくなる。そして、>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

自分が居酒屋とかバーの店長だったら、これ垂れ流したい。滑らかすぎない、パペット感がしっかりある、こういうストップモーションがとても好きです。ケンカのシーンのモクモクが特に好き。作り込まれた世界観のせい>>続きを読む

帝一の國(2017年製作の映画)

-

お父さんとテストの結果発表するシーン好き。あと、エンドロールかわいい。

四月物語(1998年製作の映画)

3.2

春の、四月の、なんとなくフワフワして落ち着かない感じが、ほんとに毎年苦痛で嫌いなのだけれど、その言葉ではうまく説明できない不安定感が、映像化されてた。
嫌だな〜この感じ、と最後まで思いながら観たけど、
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.5

ぬるっとめちゃくちゃ。
古本市の神様が言ってること、本も映画も音楽もやと思った。

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.6

回想の入れ方が好きだった。登場シーンは少ないけど、高橋一生がいちいちクソ可愛いので、観てよかった。

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

4.2

書くの忘れてた。笑った。面白かった。理解も肯定もされなくていいのに、なにも知らない他人が勝手に踏み込んでくるの、気持ち悪く腹立たしい。

ユリゴコロ(2017年製作の映画)

4.0

前半、見てられないくらいキツかったけど、そこでめげずに最後まで観て良かった。罪悪感の共有を許してもらえるような存在は確かに貴重、と共感?した。本を読まない人なので、こういうお話に映画で出会えるのはあり>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

3.7

詩には自発的に触れてこなかったから、「詩的」ってことが、なんとなくわかるようでやっぱりわからないけど、たぶんこの映画自体かなり詩的なんだろうなと思った。

50年後のボクたちは(2016年製作の映画)

4.0

グッバイ・サマーとものすごい被る、ものすごい被るんだけど、こっちのが好きだ。
とにかく14歳がカッコ悪くて最高っていうのは、万国共通なんだなー。

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.4

広瀬すずちゃん、ほんとスクリーン映えするなぁ。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.4

ハードル低くして観たからか、思ったよりよかった。けど、声が浮いてる感は否めない。
なずなは人魚なのかな、と思った。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

まぁそうなるわなって方向に淡々と話が進んでいく。マンチェスターの風景も絵葉書みたいで、期待どおりというか、予想どおりというか。
そんななのに退屈ってわけじゃなく、ただただ自然にすーっと入ってくる感じが
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.4

パンズラビリンス的なのを期待しすぎてたからか、どこがってことないけど、なんかいま一つ。紙芝居とかで聞きたいお話。絵は好きだった。

ももいろそらを(2012年製作の映画)

4.0

2度目。当たり前やけど確実に、高校生から遠ざかってるなぁと感じる。良くも悪くも。

ムーンライト(2016年製作の映画)

4.1

綺麗な映画。
黒人、ドラッグ、親子愛、ゲイ、どれもそれだけで主題になりうるのに、どれにも焦点が当たってないことと、それに困惑してること
に、ハッとさせられる。

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

4.0

子どもが「早く寝ないとオバケが来るぞ」系の話を聞いて感じる怖さでできてる。

>|