アレグリアさんの映画レビュー・感想・評価

アレグリア

アレグリア

ミッチェル家とマシンの反乱(2020年製作の映画)

4.3

おしゃれパニックコメディファミリーロードムービー 
噂に違わず面白かったです。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

-

ちょっと冗長
ストーリー自体は面白くない。
アクションもいまいち乗れず。
映像的な迫力もそれなりにしか感じられなかった。
世界観は相変わらずぐっど

コンフィデンスマンJP ロマンス編(2019年製作の映画)

4.1

騙された!!
大掛かりなどんでん返し!
痛快詐欺師エンタメ極まれり。

ソウルフル・ワールド(2020年製作の映画)

4.7

とてつもない想像力を100分ぶつけられている、そんな印象のアニメーション

インサイドヘッドの世界観をもっと分かりやすくエンタメとして昇華してくれたカタチだとおもった。

あの世の全てがすごいんだけど
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

ネオナチの男とその子供と嫁

いいオチでした。

ニガー呼ばわりしてリンチした黒人集団に拐われたら、全身真っ黒の入れ墨入れられて、自分の子どもに銃殺される。

あの頃をもう一度(2021年製作の映画)

4.0

6分の短編
セリフなし

それでも老いとの向き合い方をこれでもかと語る表現力

いいね、こんな老夫婦になりたいもの

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

-

同じ物語を三者三様の視点から描く

人は自分の都合の良いように物語を記憶しますね…

一人の女性の尊厳と未来が、下衆な観衆のエンタメとして消費される様が現代のよう。

ミラベルと魔法だらけの家(2021年製作の映画)

-

奇跡は魔法じゃなくて家族。

面白かったけど地味さは拭えず…

シャン・チー/テン・リングスの伝説(2021年製作の映画)

-

フェーズ4の夜明け

前半のカリフォルニア、マカオパートのアクション、は見ごたえがあったが、不思議村でのアクションはCGが主にしょっぱく感じてしまった

さて、何をどこに送信しているんだ…??

>|