スプートニクさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

スプートニク

スプートニク

文章書くの下手です。

'16-04以降の映画から

映画(304)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993年製作の映画)

2.5

すごい地味なんだけど良い映画。今とはだいぶ違っていて、キャラや乗り物とかのデザインが丸いし、今のようなドギツイ色じゃなくて目に優しい。しんちゃんがフルチンでぞ~さんをやるのも今では見なくなっちゃったな>>続きを読む

タキシード(2002年製作の映画)

2.0

コメディ映画なんだけど、全然笑えない…。ヒロインのジェニファー・ラブヒューイットも微妙。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.0

今さらだけどジジにラジオをつけてもらってオープニングに入る演出がすごい。

君の名は。(2016年製作の映画)

4.5

これまでの新海作品は観る人を選ぶ作品ばかりだったけど、これは誰にでも薦められるし、皆観るべき作品だと思う。ただ、秒速5センチメートルのような、過剰なまでなボケ味がなくなってしまったことが個人的には残念>>続きを読む

HK 変態仮面(2013年製作の映画)

3.0

すごいしょーもないんだけど面白い。下ネタ好きな人向け。

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

2.0

びっくりするくらいつまらなかった。これを観るくらいなら他の映画を観るほうがいいと思う。

LEGO(R) ムービー(2014年製作の映画)

4.5

Everything is Awesome!!!
レゴの映画なんだけどたかがレゴと侮るなかれ。大人でも十分に楽しめるし、子供の頃にレゴを触ったことのない人でも楽しめる。色々な映画のパロディとかもあるの
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.5

すごいビビッドな色合いがとても良くて、眺めてるだけでも楽しめるんだけど、中盤のカジノ編からつまらなくなる。90分と短いし音楽も素敵なのでぜひ。

エレクトリック・チルドレン(2012年製作の映画)

2.0

ロックを聴いて妊娠してしまった少女のお話。ロックの映画ではなく宗教の映画。

ラストのクレジットにKickstarterの名前と出資者の名前が出てるのだけど、これこそクラウドファンディングの正しい使い
>>続きを読む

美しき棘(2010年製作の映画)

2.0

他のかたも書いてるけど映像は素敵でいいんだけど、話を理解するのに時間がかかる。

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.5

この映画はストーリー云々より映像美を楽しむもの。60年代の映画とは思えないくらい美しい。

フェノミナン(1996年製作の映画)

2.5

ラストに流れる「Change the World」ってCMかなにかでよく聴くけど、この映画の曲だったんですね

セブン(1995年製作の映画)

4.0

映像がとにかくカッコいい。オープニング/エンディングがカッコいいし、フィルムも特殊な方法で現像しているようで、コントラストの強く落ち着いた色調の映像もカッコいい。そしてモーガン・フリーマンがとにかくカ>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.5

庵野監督の好きなもの(特撮、メカ、電柱…)が全部詰まってる感じ。序盤は政治家や官僚たちのやり取りばかりでリアリティ志向なのかと思いきや、終盤から無人電車爆弾とか、急に特撮っぽくなる。要は楽しんだもの勝>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 DEATH(TRUE)2/Air/まごころを、君に(1998年製作の映画)

4.5

とにかくたくさんの人が死ぬし、グロいし、終盤はわけがわからないけど、何度観ても飽きない。あと、一人でヘッドフォンを着けて観賞することをオススメします。

ドライビング Miss デイジー(1989年製作の映画)

4.2

まだ黒人と白人でトイレが分けられていた時代の、金持ちの白人婦人と黒人運転手のお話。ラストの感謝祭のパイをミス・デイジーに食べさせてあげるホークの優しい顔が素敵だった。

ハリー・ポッターと謎のプリンス(2008年製作の映画)

3.8

原作も映画もこの6作目の謎のプリンスが一番好き。ただ、原作の最後のダンブルドアの葬儀をカットしたのは納得いかない(DVDには入っているのかな?)。

きみに読む物語(2004年製作の映画)

3.5

ラストまではありきたりというか、よくあるラブストーリーなんだけれども、ラストはちょっと辛かった。あの2人のようにお互いに歳をとっても、愛していられるというのは本当に素晴らしいし美しいと思う。実際に自分>>続きを読む

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

4.0

シリーズ5作目。一番の見所は終盤の魔法省でのバトルでしょう。シリウス・ブラックの杖さばきはもはや感動すら覚える。そのすぐ後に絶望するのだけれど…。

エリジウム(2013年製作の映画)

3.5

どうやら監督はロボットとスラム街と日本のカルチャーが好きらしい。日本刀や刺さると体が爆発する手裏剣、攻殻機動隊を彷彿させる電脳に変な桜の木など、色々とでてきて面白い。メカやゲームが好きな方はぜひ。所々>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

4.0

セットとかすごいこだわっていて、ヘンテコ日本もすごいカッコいい。ただ、画面が暗いからって理由で観ないのはもったいない。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.0

宿敵ヴォルデモートの復活とセドリックの死…。この4作目から本格的な、命を懸けた戦いが始まる。

チェ 39歳 別れの手紙(2008年製作の映画)

3.0

前作同様、予備知識なしに観たらさっぱりわからないかもしれない。今作は南米ボリビアでのゲリラ戦から処刑されるまでを描いている。終盤の政府軍との銃撃戦まですごい地味なので人によってはすごい退屈すると思う。>>続きを読む

バニラ・スカイ(2001年製作の映画)

3.5

かかる音楽がすごくいい。

ちゃんと観ないと、途中からわけがわからなくなるので要注意。

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

3.5

前2作から監督が代わり、明るく華やかな感じからダークな感じに、雰囲気がガラッと変わった。ある意味この映画が転換点になったような気がする。

言わずもがなだけど、原作は絶対に読んだ方がいい!