Shuさんの映画レビュー・感想・評価

Shu

Shu

好きな映画は何度も観るタイプです

映画(60)
ドラマ(18)

ゴースト/ニューヨークの幻(1990年製作の映画)

4.5

想像していたストーリーと違っていた。とても感動する作品。大切な人と一緒に見たい。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.1

軽い気持ちで観た方が楽しめる映画だと思います。最初見たとき「ん?」と感じる所が多々ありましたが、後々伏線が丁寧に回収され、観ていて気持ちよかったです。そして所々の場面でツボに入り、涙が出るほど笑いまし>>続きを読む

ヘルタースケルター(2012年製作の映画)

3.2

映像美って印象しか残らない。ストーリーの展開や、映像がぐるぐる変わるので、観終わった時に疲れを感じた。

少女(2016年製作の映画)

3.0

原作をきっかけに観たが、期待はずれだった。

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

4.2

白の女王のアン・ハサウェイと赤の女王のヘレナ・ボナム=カーターで、配役にセンスを感じた

タイタニック(1997年製作の映画)

5.0

今までで一番と言っていいほど感動した作品。観終えた後の余韻が凄い。これを映画館のスクリーンで観てみたい。

ロミオ&ジュリエット(1996年製作の映画)

4.5

定期的に観ている作品。どのシーンも色鮮やかで美しい。

ヒミズ(2011年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

俳優の演技が最高に良かった。ラストのキャンドルの中で二人が寄り添うシーンが、儚く綺麗。染谷将太の名台詞とても印象に残った。「愛のむきだし」同様、園子温監督の創り出す作品には測り知れないエネルギーを感じ>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.4

朝井リョウが好きで観た作品。ストーリーとしてはどこか物足りなさを感じたが、クラス内でのカーストや、それぞれの心情、想いなどの描かれ方にリアリティを感じた。主題歌もこの映画に合っていた。

共喰い(2013年製作の映画)

3.6

菅田将暉の目付きの変化や、田中裕子の演技がとても印象に残った。映像は、暗くジメジメとした色彩で泥臭さを感じた。全て観終わってモヤモヤと余韻に浸ってしまう作品だった。

>|