Fuckmylifeさんの映画レビュー・感想・評価

Fuckmylife

Fuckmylife

映画では、sensationやinspirationを大事にしたいです

映画(31)
ドラマ(0)

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.8

溢れんばかりの生命力!!
人間讃歌!
不意に現れるミュージカルが、始終私を駆り立たせた
腹にコンプレックスを抱える人間は強い
3年ぶりに映画館で映画を見たが、家で見るのとはまた一味違う(映画館で見ると
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.2

迫ってくる音楽と淡々と映し出される戦争の光景が没入感を生んでいるのだと感じた
しかし、個人的にはストーリー性が希薄だと感じられたので、見ていて暇だった
後日、そのことを映画に詳しい友人に行ったら、ノー
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

前作の勢いを踏襲しているが、前作ほどのわくわく感がなくて、少し残念
多分Michael Caineが演じる人が死んじゃったからだろうと思う

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

イメージは、頑張ってもアメリカ人にはなりきれないイギリス人が、一線を超えたという感じ
でも、会話の中にはイギリス仕込みの格式高いジョークが織り交ぜられていて、愉快
なかでも、colin firthとs
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

5.0

violenceとmusicの融和による美しくも壊れやすいrhapsody!!
怒り、嫉妬、性欲、自己顕示欲、破壊衝動、復讐、恐怖!!
普段私が意図的に理性で押さえつけている欲望をここまで美しく、ir
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

4.5

親子の絆とは?家族とは?
普通の家庭なら当たり前すぎて深く考えもしない事柄をあえて映画の形で取り上げてくれたことに感謝
一つ、自分の今後に関しての指針を得た思いだ

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

3.5

戦争を題材にしている他の映画と比較したときに、キューブリックの作品は、まるで何百年も先の人間が過去の人間をアイロニカルにネタにしているような感じがする(irony~~)
たとえて言うなら、江戸時代の人
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

5.0

シャーロックシリーズで演技に惚れ惚れした俳優であるベネディクト・カンバーバッチが演じる天才アラン・チューリングの苦悩・葛藤
アラン・チューリングその人のことをもっと良く理解してからもう一度見たいと思う
>>続きを読む

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

2.0

頭がおかしい作品だってことと、なんだかわからんがある人種にとっては美しい世界観を描こうとしているんだなということ以外は何もわからなかった作品
もしかすると、先に監督の意図や作品背景を理解してから見たほ
>>続きを読む

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

3.3

前作を何も見ずに見るという気違いなことをしたために、物語の節々が孤島の群落のような体をなしていたたまれなかった
あほなことをしたと後悔している
特に、映画と関係なく死んでしまった相棒を悼むシーンを、前
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

3.7

友人の勧めで、初めて群像劇というものを見た
正直、終盤までは、物語が目まぐるしく変わっていき何が何だかわからず吐き気がしたが、最後になって頭の中で全員が一つに合一していくのを感じた
ふと「今までどんな
>>続きを読む

恋人たち(2015年製作の映画)

4.4

どん底の気分にいるとき、生きる勇気をくれた
ありがとう

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.2

以前のハリーポッターシリーズとは異なり、本作では人間界と魔法界が密接に関係しあっている点が特徴的だった
終盤になって一気にストーリーが展開していったので、最初は前作にも増して好奇心をそそるマジックの数
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

2.0

#以下は個人の主観的な感想であり、他者を批判するものではない#
図らずも終始笑ってしまったが、私は本作品は行き過ぎていると感じた。仮にカンボジアでポルポトを、リビアでムアンマル・アル=カッザーフィーを
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

2.8

恐怖を克服するには自分自身が恐怖にならねばならないだとか、腐りきった街は破壊するのが正義だとか、実に「アメリカン」好みの作品だなと思いつつも、ウェインが両親を失った過去(恐怖)と向き合いゴッサムシティ>>続きを読む

パプリカ(2006年製作の映画)

4.0

アニメーションの可能性を大幅に飛躍させた作品
やはり、アニメーションの良さは、現実とVRの境界を曖昧にすることにある
ただし、本作に関しては、本作自体がchaosの象徴たるsense of artを代
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

5.0

最近John Williamsの音楽にもハマっており、ファンタスティックビーストの続編が出るということもあいまって、アズカバンをもう一度見たくなった次第
なぜアズカバンなのかには深い理由がありまして
>>続きを読む

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

4.5

Great movie
This film was full of rage and vengeance against authority, majority, more importantly,
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.9

"Whatever doesn't kill you simply makes you stranger"
JOCKER, who is the representative of destructi
>>続きを読む

マンマ・ミーア!(2008年製作の映画)

4.7

最初はEuropean特有のPassion for loveに圧倒され、結婚式に自分だけ体操服を着ているような場違い感があったが、すごく挿入が鮮やかなミュージカルのリズムに魅せられた
よい

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

東北大震災、福島第一原発事故から早7年
当時の出来事をエンターテインメント形式で表現した映画として、大いに評価したいと思う
また、作中原爆の使用を迫られるシーンがある
「今」「この時」「私たちが」原子
>>続きを読む

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

4.6

戦争の実態や責任を明らかにするために孤独に奮闘する奥崎謙三氏と元兵士の方々とのやり取りは、フィクションの戦争映画がもたらす圧迫感を超えて、例えようのない圧力をかけてくる。神の法の元に、自分が正しいと断>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.8

映画としてというよりも、物語としてとても胸に訴えかけてくる内容だった。
They only see what they want to see
ColeとDr.Malcolmの関係も、ドクターにとって
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

4.5

雨が降るパリのしっとり包み込まれるような雰囲気に浸ってみたくなった

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.5

人の死について考えてみる。
宗教家や哲学者は、死は解放であるとか、精神は肉体の死後も存在するとか、彼/彼女は極楽浄土に行ったから救われたのだとか宣う。
だが、実際に自分にとって欠かせない人間の死に立ち
>>続きを読む

ニッポン国 vs 泉南石綿村(2017年製作の映画)

3.5

『知らなければよかった』ことがある。
アイドルの舞台裏、権力者の裏の顔、自分の仕事・生活が間接的に及ぼす影響、好きなあの人の凄惨な過去。
今回の映画もその内の一つに入ると思われる。
一人で直視するには
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

2.5

群像劇のように見せるための撮影技法には感嘆した❗
どうやってカメラ回してるんだろ?
ただ、ストーリーとしてはなんだか冗長で、抑揚がない。
映画にレッスンや成果を求める人は見ない方がいい。

私は今大学
>>続きを読む