こうきちさんの映画レビュー・感想・評価

こうきち

こうきち

映画(451)
ドラマ(1)

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

3.9

これまたキッツい映画ですこと。

ラストシーンはバッドエンドとして捉えている。

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

あのね〜世界観好きです。

ハリウッド映画に出てくるちょっとヘンな日本をスケールでかく丁寧にやりました〜な感じ。結構クセになる。イヌ可愛い

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.9

待ち合わせした女の子が来なかったので1人で観ました。

俺が一番行き止まっとるじゃない

イソップの思うツボ(2019年製作の映画)

2.5

もうちょい予算付けて貰ってもバチは当たらなかったのでは…

細かい矛盾を面白さが上回れなかった感じ…

ロジャー・ラビット(1988年製作の映画)

4.2

うわ~~~なんだこれは~~~

もっと健康的か内容かと思ったら
ぜんぜんそんな事なかった。

薄汚いし全員薬やってる奴みたいなテンションでやばい。
よくGO出せたなこれ。

めちゃくちゃ好み別れる気が
>>続きを読む

地獄(1960年製作の映画)

4.3

この時代にしか撮れない空気感な~いいな~~

もっとダラダラ地獄の特撮だけやってんのかなと思ったら、
そこに至るまでの展開がかなりキレッキレだった。
地獄パートもさることながら、現世パートがかなり好き
>>続きを読む

パンダ・コパンダ(1972年製作の映画)

3.7

人類各位も、ぱんだの大らかさを見習ったほうがいいよ。

高畑勲にしては内容がおおらかなエンタメをしてるな〜と思ったら、宮崎駿脚本なのね。なんか納得。

透明人間(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

最強に気持ち悪かった〜良かった
痴情はこれぐらいもつれてナンボや

サラコナーばりに成長する主人公がだいぶ面白かった。あそこから巻き返すとかある?

ラストは賛否両論なのでしょうが、僕は微妙でした。

ほしのこえ(2002年製作の映画)

3.2

多過ぎて全部は書ききれないけど、とにかく色んな演出がエヴァ、トップ、ガンダム過ぎた。内容もウラシマ効果だった…
影響受けた作品を隠す気が一切無い尖り倒してる姿勢はマジ最高だけど、それだったらエヴァ、ト
>>続きを読む

この想いいつか海へ届け!(2018年製作の映画)

1.2

ググったら製作資金のクラウドファンディングやっとった。2,500円で終了しとった。

プロメア(2019年製作の映画)

4.2

アツい!アツいぜ!

映像がとにかくすげえ。作画もめちゃくちゃ良いし、デザインひとつひとつも垢抜けてるし、1回消費して終わりにはできないクオリティだな〜。
これこそジャパニーズアニメカルチャーですよ!
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.8

普通に夏のエモ映画やん。全然別枠やん。
タイムリープとかそういうのじゃなかった。どっちかというとSFじゃなくて文芸枠じゃないの。
これアニメ化するなら、文芸が得意な人にやって欲しかった…

なずなが美
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

3.7

なんかすごい後回しにしてたんだけどようやく観ました。
どう考えてもバイクのデザイン格好良過ぎるし、ミーハー丸出しだけどポスターでも買って部屋に飾ろうかな。

作画はね、もうね、狂ってる。
大友作品まだ
>>続きを読む

未知との遭遇 ファイナル・カット版(2002年製作の映画)

4.1

思ったよりストイックだった。
中盤ちょっとダレたけど、最後の方でグッと引き込まれた。

登場人物全員と合流して一緒に解っていく感じがかなり良かった。未知との遭遇だった。これが43年前か…

何もかもレ
>>続きを読む

天気の子(2019年製作の映画)

3.7

あんだけプッシュされると逆に観たくなくなっちゃう人だから避けてたけど、とうとう観てしまった。

いや〜〜〜〜流石に観やすい。鬼の様に観やすかった。バリアフリー。
クライマックスでしっかり新海節が炸裂す
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.2

や、や、優しい世界〜
この後ジェームスがどういう人生を歩むのか色々考えちゃう。でも人と共に生きることを覚えたから、きっと大丈夫だよね、と思える。久々にこんなハッピーエンドらしいハッピーエンドを観た気が
>>続きを読む

私はゴースト(2012年製作の映画)

2.3

話題になってたので…

あぁだめだ…「ハウススタジオで衣装を着て撮ってる」感をモロに感じてしまって何も頭に入らん…

俺には合わん…

トータル・リコール(1990年製作の映画)

3.3

意外と書き忘れてた。

いい意味で終始アホ臭いよな。あんまり肩肘張らずに観れて嫌いじゃない。

許された子どもたち(2019年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

最早後味がいいとか悪いとかそんな生優しい次元じゃないよね。

誕生日のシーンも、そんな可愛い音楽付けられても、もうどういう心持ちで見たらええか分からんし…
その後落ちるのが目に見えてるので、心境として
>>続きを読む

「ブレイカー」 Breaker(2017年製作の映画)

2.5

ネイティブじゃない人からすると、こういう演技ってどう見えとるんやろ

キャプテンEO(1986年製作の映画)

3.9

コッポラなん!?これコッポラやってん!?それが何よりも驚きだわ…
キャラクターもメカもルーカス過ぎるからルーカス監督だとばっかり思ってたわ…てか改めて観てもルーカスをし過ぎだわ…象さん、あんたEP6に
>>続きを読む

カラスが多すぎる(2016年製作の映画)

3.3

小学生の妄想に純粋に「アニメーションの力」だけ持たせた、みたいなノリで、意外と新鮮でした。

一分間タイムマシン(2014年製作の映画)

3.0

ンー、ンー????

あ、あ〜、なるほど、押した側の記憶が保持されるのか。
あぁ瞬間的に腑に落ちなかったなー。

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.8

人類の営み全てに対して懐疑的になってしまうよな。

「賢いから何やってもいい」「強いから何やってもいい」はとんでもない思い上がりなんやなって…

東京彗星(2017年製作の映画)

3.2

低予算で頑張ってる感あって好感度高め。

科学はそんなに進歩してねぇだろ〜って思ってヘラヘラ観てたんだけど、滅びゆく描写が「やれる範囲でのベスト」をちゃんとやってるから、だんだんこっちも引き締まってき
>>続きを読む

>|